エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

切花圃場がカッコよくなりました!


「収穫祭モード」真っ盛りですが、本科の花実習はしっかり行われました。

写真?:今日のメインは、切花苗の定植。
「まずは、ポットのまま並べてみましょうよ。」
カスミソウ、カンパニュラ、ダイアンサス、キンギョソウ等が、数品種ずつ定植されて、
切花圃場は来春バージョンに!
「カスミソウってさ、我々がいっぱいお持ち帰りした花だよね?」
「そうよ。抱っこして帰るくらいいっぱい戴いたわね。」
「来年の本科生が、この花々を楽しむんだね。」
「管理方法をしっかり勉強しましょうね。」

例年はGA収穫祭が開催される時期に、本科の切花圃場は「もぬけのカラ」でした。
(コスモスを残して「採種中です!」、なんて看板を掲げていました…。)
今年はT先生が、「前倒し&前倒し」のプログラムを組んでくださったお蔭で、
GA収穫祭の時でもしっかり植物が植わっています!
(見栄えが全然違います! カッコいい!!?
圃場案内係さんは、説明するものが増えちゃいましたね?)

写真?:定植後は、B班は再生用土作製、A班はポット苗の管理に分かれて実習が行われました。
温室内では、除草や追肥を行い、外の苗置場へ移動するものも。
「ルピナスが大きくなったねぇ!」
「草も立派に生えてきちゃったねぇ〜。」
「ヒマワリが元気に生えてる〜!!」

写真?:A班・B班入れ替え後は、B班がエントランスのプランターや千歳通り沿いの装飾の手入れを。
本科恒例(?)の、門柱へのハンギング装飾も行いました。
(華道部在籍者の指示の下、男性たちが飛び回されていた…ような?)

大がかりに掃除も行われ、週末のGA収穫祭の準備はかなり楽になったと思います。

今週末は、グリーンアカデミー収穫祭!!

いよいよ「収穫祭ウィーク」がやってまいりました。
農大世田谷キャンパスでも、学生さんたちが準備に励んでいます。

「グリーンアカデミー収穫祭」は、第8回を迎えます。
今年のテーマは、「元気で楽しく グリーンライフ」です!

本科・専科の各コースの皆さんが、鋭意準備中です!


「第8回 グリーンアカデミー収穫祭」は、
11月1日(土)と2日(日)の2日間に渡って開催されます。
時間は、10:00〜15:00。

たくさんのイベントとプレゼントが、用意されています。
じっくり堪能していただいて、最後にアンケートに答えてくださった方には、
本科生が育てたヴィオラ等の苗か、専科野菜コースが育種選抜した、ノラボウナの苗をプレゼント!!

ごった返しの世田谷キャンパスでの疲れを、グリーンアカデミーでゆったりと癒してください!!!

ジックリと付き合いましょう。


本科ならでは(?)の、良いお天気でした。
圃場の最高気温は、20℃を超えていました。

写真?:本科の野菜実習は、「ジックリ」ムシ達とお付き合いをいたしました。
(B−1班のミニハクサイは、なかなかに壮絶な様相でした…。
良く育ったヨトウムシでしたねぇ。)

写真?:各班で、「お見事!」なコカブが収穫されていました!
ピカピカの抜きたてを、パチリさせていただきました。

「コカブって言うんだから、小っちゃいうちに食べるものなんですか?」
「いえいえ、この品種は小カブから大カブまで、お好きな大きさで収穫できますよ、というものです。
ですが、一番美味しいのは、今日の大きさだと思いますよ」、とY先生。

「カブは間引き菜がめちゃくちゃ美味しかったんだから、『本体』も期待できるよね!?」
「『本体』って? カブって、『ナズナ』でしょ?」
「葉っぱとカブの身、どっちが『本体』なんだろう?」
「う〜ん、そうよねぇ。私もカブは、葉っぱの方が好きかも…?」
(う〜ん、確かに。ダイコンは圧倒的に「本体」がメインに扱われますけど、
「本体」よりも葉が美味しいカブって、結構ありますよねぇ…。
Y先生に聞いてみましょう!?)


実習後もGA収穫祭に向けて、準備に励む本科の皆さんでした。

「すってき〜!!」

2014.10.23

朝は本降り、その後も降ったりやんだりジトジト寒々…。

で・す・が、
圃場で実習に励んだ専科の皆さんでした。

そのうち3コースを、チョコっと。

写真?:午前中から大作に挑んだのが、草花コースの皆さん。
果樹用の大鉢にレ○○を立て、その周囲をぐるりと育ててきた草花でアレンジ。
植栽中にもN先生から、各種植物の取り扱いについてアドバイスがありました。
(M政さんっ!めっちゃ食いついてますねぇ!?)

その後校舎の吹き抜けに、「仮置き」。
「すってき〜!!」
(同感です!!)
GA収穫祭では、更に改良が加えられた最終形(?)が見られそうです!!


写真?:野菜コースでは、波板栽培のサラダゴボウとヤマイモの試し掘りもありました。
見事に〜。まーっすぐ!!
(サラダゴボウの太さが、いまひとつでしょうか…?)

F先生作製の、ナチュラルな怪しい(?)クスリも話題になっていました。
名付けて「ハバネロ・ストチュウ・ニンニク入り」。アブラムシ対策に。
(至近距離では、咳こみました…。)


写真?:果樹コースは「樹上脱渋」のカキの収穫とともに、通常のシブガキを収穫して、アルコール脱渋を行っていました。
その収穫風景を「パチリ」です。

(この樹の収穫は、昨年より多いようですね。
干し柿作りの皮剥きは、タイヘンソウですねぇ!)

2週連続は困ります…。


どうしたことでしょう?
晴天だと思い込んでいた本科の実習日なのに…。

2週連続で同じ曜日に降られると、ホント〜に困ります。
本科のT先生の花実習は、今年は前倒し前倒しでとっても余裕があった筈なのに、
先週と今日の雨で流されちゃいました。

本科の実習は、予定を大幅に変更です。
メイン実習の、切花圃場の準備が出来ませんでした。
(ガ〜ン!!!・・・・・
午前中早くにT先生が駆けつけてくださって、指導の下なんとか終えました。)

写真?:雨除けハウス内で、ラナンキュラスの催芽処置を行いました。
ポットに植え付けです。
「くれぐれも逆さまに植えつけないで下さいよー!これは、二日間は潅水しませんよ。」
何度もT先生が注意していました。
「どっちが上ですか〜?」
「こっちよ!」
「あれっ、これは〜?」

写真?:「これって、去年の本科生が種を播いて出来た球根なんですって!」
「ラナンキュラスってさぁ、種からでも増やせるんだね。
初めて知ったよ。」
(そうなんです。私:M職員も初体験でした。
でも種子から増やすには、ある「コツ」が…。
何でしたっけ??)

ページの先頭へ