東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

「今日は飲めねぇの?」


残念ながら、昨日は冷たい雨でした。
専科各コースの年間まとめの日でしたので、皆さん教室でジックリと過ごしました。
最後まで圃場での実習を予定していた果樹コースからは、しっかり「宿題(薬撒)」を受け取りました…。
(果樹コースのO先生と、草花コースのN先生の、最後の授業でした。
長い間、大変お世話になりました。ありがとうございました!!!)


明けて本日は、なんて過ごしやすい圃場でしたでしょう!?
本科野菜の実習は、最後に力仕事が待っていました。

写真?:ネコブセンチュウを抑えるために、石灰窒素を施しました。
石灰窒素は、「農薬肥料」と呼ばれるものです。
そのためマスクに手袋と、吸い込まないように努めました。
「石灰窒素を扱ったら、飲んじゃダメなんだってね。」
「だから僕は、完全防備!」
「あら、飲むつもり?」
「宴会じゃないよ、反省会だよ!」
「…ふ〜ん。どれだけ反省することがあるんだか?」

「な〜んともない人もいるらしいね。」
「あ、はい、私はなんともないタイプなんです」、と私:M職員。
「慣れすぎちゃってんじゃねーの?」
「いや、違いますよ。薬品によっては、どうしてもダメなもんもあるので、体質次第ではないかと…?」
「薬の効かない男なの〜!、ヤ〜ねぇ!」
(何も返せませんでした…歯医者の麻酔も効かないし…。)

写真?:「皆さん、しっかり混和するために、そして飛散を抑えるためには鍬より剣先スコップのほうが良いですよ」と、
Y先生が実演。
「そっかー。鍬よりスコップのほうが深くの土と混ぜられるもんなぁ。」
「しっかりスコップの肩まで、耕してくださいね。」
メンバーの少ない班では、U職員が大活躍でした(?)。
「おお〜、我が班の平均年齢が、突然下がったぞ〜!!」

写真?:1年間お世話になった圃場です。
来年の本科の皆さんが、今年の皆さんみたいに笑顔溢れて楽しんでもらえたら良いなぁ、
と願いました。

 
 
 

 

2015年02月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「T画伯(兼まぁちゃん農園主)」からのプレゼント。


暑いのか寒いのか、どっちだかわからないお天気でした。
過ごしやすいと言えば、そうなんですけど。
(動くと暑いしジャンパー脱ぐと冷える、みたいな半端さ加減…。)

本科の花実習の日でしたが、今日は皆さんお待ちかねの「園芸相談」の日で
圃場での実習はありませんでした。
講義が終わってから、皆さんが増やした挿し木苗などのお持ち帰りがありました。

昨日ですが、33期(確か?)のT井さん、自称「画伯」兼「農園主」から、大量の種子が届けられました。
卒業されてから、後輩のために自家採取した種子やワケギの球根などを、毎年何回か届けてくださいます(ありがとうございます!)。

今回もハナオクラ、トウガン、カボチャ、ウリスズメや様々なナスなど、盛りだくさんでいただきました!
今朝は、「生徒の皆さんに分けて、楽しんでもらってね〜!」とのお電話をいただきました!!

早速、校舎ロビーに中古シールパックと一緒に設置。
大賑わいのお持ち帰りコーナーでした!

(明日は、残り半量を専科生さん向けに用意します。
お楽しみに!!)

 

 

2015年02月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

カラシナが甘い!?

本科の野菜実習も、今日を含めてあと2回だけ。
「名残惜しい〜」との声を、たくさん聞きました。
そうです…本日は「全撤収」の日です。

写真?:実習開始時は、ぱらつく雨もあり心配しました。
「トンネル支柱に気を付けてください!急いでやらないで、目に当たらないように!」
Y先生から安全第一の注意が飛んでいました。

写真?:「もったいない」野菜が、たーっくさん!!
「残念野菜」も…。
「この巻かなかったハクサイって、どうやって食べたらいい?」
「外葉はトゲトゲだけど、何枚か落とせばサントウサイみたいなもんよ。」
「えっ?サントウサイって何?」
「巻かないハクサイみたいなヤツよ。」
「へ〜、初耳!!」

写真?:最終播種のホウレンソウとコマツナは、おちびチャンでしたけど寒締めの見事な色・艶。
「ホウレンソウは私もびっくりしました。きっと最高に美味しいですよ!」、とY先生。
「先生、こっちのチョウホウナも縮れてますけど?」
「はい、これも寒締めされてるんですね。コマツナとタアツァイので作られたものですから、きっと甘さが乗ってますよ。」
「先生〜!カラシナが全然辛くなくて、コマツナみたいに甘いんですけど!?」
「寒すぎると、辛味より甘みを貯めちゃうんでしょうね〜。」
「美味しいからOK!」

写真?:4月以来の更地になった、本科の野菜圃場。

「畑さん、ありがとうね!お陰様で、ぜ〜んぶ美味しかったよ。それに、とーっても楽しかったよ」
と、K子さんはこうべを垂れて優しく声をかけてくれました。
(じわ〜っと、感動させられました・・・。)

来週は石灰窒素が出番です。
(飲み会の予定を組まれませぬようご注意を。)

 
 
 
 

 

2015年02月20日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「旧正月も正月!」

専科の実習も残すところ今日を入れて、2回。
「まとめ」の時期になりました。

専科特論の午前中を終え、圃場で午後の実習に取り組んだのは、果樹・造園・野菜の3コースでした。

写真?:造園コースは、作庭した小庭園について、「絶対けなさない」I先生からの講評を受けた後に、
剪定を主とした、庭木の手入れを行いました。
今日は作業着へのお着替えはなく、先生の手元を真剣に見つめていました。

写真?:果樹コースの皆さんは、鉢物果樹の剪定や鉢替えを行いました。
こちらも熱視線がO先生のハサミ捌きに注がれていました。
実習最後には、ブルーベリー苗のお持ち帰りも!
(オマケのダイコン、喜んでいただけて楽しかったです!)

写真?:温室内でレタスやカリフラワーなどのポット移植を、野菜コースは行いました。
温室内はポカポカの陽射しのお蔭で、かなりの高温!
「汗かく〜!!」

写真?:実は野菜コース、一部のメンバーが午前中から(昨日から?)頑張っていました(!?)。
その目的は!? 調理実習を含めて(?)の〜、餅つき!
(返し手のF見さん、カッコいー!!)
「今日は旧正月だもんね〜!」
準備から片付けまで、皆さんお疲れ様でした。
(ご馳走様でした!)

 
 
 
 

 

2015年02月19日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「サクラソウ、大好き!」


いつ雪に変わってもおかしくない、冷たい雨の1日でした。
東京ではすでに9回目の降雪とか…
えっ、そんなに?って、積もらないと実感が湧かないもんですね。

水曜日は本科の花実習です。

写真?:今日は雨除けハウス内で、株分けの実習。
供用したのは、二ホンサクラソウとギボウシ。
「このギボウシの株、デカいなぁ。」
「芽が動いてるのは、根を切っちゃダメよ!」
「う〜ん、どこからほぐして行こうかねぇ?」

写真?:二ホンサクラソウの株分け中。
「おっ、これは根がしっかり回ってるから、良い芽があるはずだよ!」
「すっごーい!根っこで分かるんだ!?」
「うん、だんだん予想できるようになって来たね。」
「立派な芽を4つ植え込んで、残りは?」
「お持ち帰りだって!!」
「わーい、嬉しい!!私、サクラソウ大好きなの!」

写真?:「T先生!この芽は随分と弱そうなんですが…?」
「ん?これ、違うよ。これは雑草ですよ。」
「あっりゃ〜。」

圃場で行う花実習は、予定では今日が最後なのですが、こう雨が多くては最終日に切花畝の除草とか、用土作製とか…。
(アリソウデスヨネ? ゼヒ!!)

 
 
 

 

2015年02月18日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.