東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

この差はナンでしょ〜か?

異常な暑さが、日本のあちらこちらに訪れているようですね。
(帯広で30℃って…?)
ネパールの地震は、もっと心配です。

ゴールデンウィーク前の、教養科目の日でした。
その前後に、本科の皆さんと専科の野菜コースの皆さんは、みっちり圃場の管理も行いました。
(アリガトウゴザイマス!)

写真?:本科の予備播きポットの様子です。
エダマメ、インゲンマメとコーンです。
インゲンマメはポツポツですが、エダマメとコーンは出揃いました。
インゲンマメが出揃ったところで、温床から外します。

写真?:こちらはモロヘイヤの予備播きポット。
モロヘイヤは、温床上にキープです。
発芽は見事に揃いました、が〜?
20本以上発芽したポットもあれば、1本も上がってこないポットも!!
(ナゼナンデショウ?)

さて、質問です。

写真?のA−X班のナスと、写真?のB−X班のものを較べてみてください。
午後4時の写真です。
この差がお判りでしょうか?

写真?のナスは、水枯れ状態にシナビケちゃっています。
(私:M職員の観察が正しければ、写真?の班は夕方のみの潅水、写真?は朝・夕と潅水を行っていました。)

この差は…???
潅水量もあるかも知れませんが、定植翌日からこの状態が続いています。
答えは…
   ・
   ・
   ・
畝の高さ、です。
写真?の畝は、少々土を盛り過ぎて、通路から20cm以上の高さになっています。
地中からの水分が、十分に根鉢に達してないんですね。
根鉢からしっかり発根するまで、この差は続きそうです。

 
 
 
 

 

2015年04月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

新幹線とD51。

2015.4.24

本日も熱い実習が繰り広げられました。
本科の野菜実習は、盛りだくさん。
マルチの補強に始まり、播種して防虫ネットをトンネル掛け、苗ものの定植に仮支柱への誘引、そしてしっかり潅水まで。

写真?:播種のためにマルチ穴あけ。
「間隔大丈夫?」
「うん、株間は良いんだけど、条間が…。」
「畝幅が、75cmしっかり無い…。」
「…カブマ?ジョウカンって?」

写真?:何年もの知り合いのように、仲良し播種中のA−4班さん。
ついパチリ!
「Vサインしていい?」
(是非是非!)

写真?:インゲンマメ、エダマメとトウモロコシを播種した畝には、防虫(防鳥)ネットをトンネル掛けしました。
「おおっ!こういうもの使うの初めて!」
「ダンポールとか、黒丸君とか、面白いねぇ!」
(とっても楽しそうでしたねぇ。)
「トンネルの両端は、新幹線の先頭みたいなカーブにっと!」
「ちょっとちょっと、それじゃD51みたいだよ?」
「あれっ?」
「絶壁だ!」(大笑い!)

写真?:強風吹き荒れる中、苗ものの定植にトライしました。
Y先生の実演をしっかり観察。
「風が強いですから、一株を二人がかりで植えましょう。」
コンパニオンプラントとして、ニラを抱き合わせで植え付けたら「速攻」で仮支柱に誘引。

少々時間をオーバーしましたが、ナス科のもの全て(トマト、ミニトマト2品種、ナス2品種にピーマンと甘トウガラシ)、31株の定植が完了しました!
「いや〜、トマトの定植まで行けるかな?と思ってたんだけど、皆さんすごいパワーでしたね」、と実習後にY先生が驚いていました。

(今日最大の難関は、誘引紐の結び方…?)

 
 
 
 

 

2015年04月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

激変の花壇。

いや〜、熱い一日でした。
専科各コースの圃場実習は、気温とともにヒートアップ(!?)

写真?:野菜コースは、まず先週仕込んだ天恵緑汁の1番搾りを摘出。
「もう出ないんじゃない?」
「M職員の写真のためにもう一回!!」
(ありがとうございます!!)

写真?:様々な春夏野菜の定植、播種が行われました。
「本科の時と、全然方法が違うんだけど〜?」
(「お百姓さん」は、百通りの生かし方があるんですっ!!
2階プランター栽培へのアドバイス、ありがとうございます!)

写真?:千歳門圃場お隣の果樹コースは、リンゴ等の受粉から始まりました。
その後は年間を通した各樹の管理方法の説明や、圃場全般の薬撒までを行いました。

写真?:草花コースは先週に引き続き、花壇の大改修。
小田急からいただいてきた枕木とレンガの、(い〜い感じの)通路が姿を現しました。
さらには土壌改良材を混和し、今日も大忙しでしたね。
(どんな花壇になるんでしょう?スッゴク楽しみです!)

写真?:(「超」珍しく圃場での実習?に)緑の地域づくりコースが、姿を現しました!!
照度計やクリノメーター(仰角計)の使い方を、K先生から教授されていました。
「女子寮を覗いてるんじゃないでしょうね?」、という私:M職員のツッコミに、
「いやいや、これ望遠鏡機能が付いてるんだよなぁ」、と返す皆さん(?)。
「寮じゃなくて、ナンキンハゼまでの距離と仰角を計ってください!」、とK先生。
「はーい!」

雷注意報が終日出ていて緊張しましたが、夏日に近い天候の圃場で助かりました。

 
 
 
 
 

 

2015年04月23日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

嬉しい初収穫。

今年度に入って、初めてお天気の心配をしない実習でした。
それなのに…
本科の花実習が始まると同時に、怪しい雲が近づいて来ました。
(よっぽどの雨男か雨女がいらっしゃるようですねぇ〜。)

写真?:B班は鉢上げ用土の調製からスタート。
「ふるうってより、こりゃ濾すって感じだね。」
「この土になるまで4年かかってるんですって!」
「大事にしなきゃね。」
(土の混和方法、しっかり憶えていただけたでしょうか?
農家や職人さんの作業法って、「いかに労せず効率よく出来るか」を突き詰めた型なんです。)

A班の皆さんは、その間播種を行いました。
マリーゴールドや、ジニア、ケイトウ等々。

写真?:その後は、初体験の鉢上げ(ポット上)実習へ。
事前播種しておいた、インパチェンスやペンタスをセルトレイからポットへ移植しました。
「おおっ、これは楽しい!!」(?)
「へぇ〜、二つの方法は、苗の状態で使い分けるんだね。」
(俗に、「増し土法」と「差し込み法」と呼ばれてます。)

写真?:切花圃場にて、T先生から収穫方法をじっくり教授されました。
「3週間実習が無いので、なるべく枯らせちゃうんじゃなくて収穫しましょうね。」

写真?:いざ、実践!
収穫のメインはキンギョソウでした。
「3輪咲いているものは収穫できますから、しっかり見極めてくださいね。」
「これも良いんだね?」
「そっちのもお願い。」
「切花の初収穫よね。先輩たちに感謝だわ!」

 
 
 
 

 

2015年04月22日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

素早い対応!!

昨日のブログ、そして今朝から掲示板で本科野菜のマルチの様子をお伝えしました。
皆さん、超素早い対応!!
ほとんどの班(と言うか、ひと班を除いて…)が、今日中に補修を終えました!!

写真?:昼休みに力を合わせて張り直したB−4班さんです。
「う〜む、この水溜りが気になる…。」
「植穴を開けると、水の流れが変わるかも知れないってさ?」


昨年に続き、2階喫煙所横でのプランター栽培を始めました!
本科のY先生と、専科のF先生にアドバイスをいただきながら育てます。
現在あるのはジャガイモ、ミニトマトとコールラビです。
「コールラビって何?」って思った方! 観察してみてくださいね。

写真?:ジャガイモのプランターです。
4月1日に植え付けて、最新品種のシャドークィーンは10日で発芽したのに、キタアカリは今朝発芽。
品種によって、随分違うもんですね?

 
 

 

2015年04月21日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.