東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

「キュウリって、油断できないね。」


小雨がパラつき、一時は本降りになるかという圃場でした。
「こんなもんじゃ、平気だよ〜ん!」と、高カッパ装着率の本科は野菜実習に挑みました。

写真?:「今日はもう一度、シッカリ基本をやっていただきます」、とY先生。
実習の初めに、トマト・ミニトマトの脇芽掻き、誘引を再確認しました。
「全ての葉の根元から、脇芽が出ると考えてください。
誘引は、花房が支柱に当たらないように、通路に向くように行ってください。」
「ふむふむ、我が班のは下から3番目の誘引からやり直しだなぁ…。」
(誘引の「やり直し」って、スッゴク大事&効果的です!!)

写真?:ナス、ピーマンと甘長トウガラシやキュウリについても管理方法の基本をもう一度。
「ナスは3本仕立てにしたら、その下の脇芽は全て取ってくださいね。
3本立てたその上は、しばらくは脇芽も伸ばします。」
(え〜っとですね、3本立ての上の脇芽を掻いちゃって、えらく清々しい樹勢に仕立てている班がありました…。
「お仕置き」に写真をアップしようかな〜と思いましたが、今後の技術習得に期待して自粛させていただきます。)

写真?:水曜日は見学研修で、圃場に来られなかった本科です。
そしたら、キュウリがスッゴイことに〜!
「この子、火曜日は5cm位だったのよ!」
「パンパンになってる!」
「超肥大じゃん!?」
「キュウリは油断ならないね。」
「Y先生が仰るには、花が咲いて一週間くらいが最高に美味しいんですって。」
「おぉっ!これはスバラシイ!立派なズッキーニですか?」、と言う私:M職員のツッコミには、
「そうなんです〜!立派でしょ?炒めて塩・コショウで頂きますよ〜!」、と返されちゃいました。

キュウリ、ピーマン、甘長トウガラシとズッキーニが収穫開始です。
今年度初めて「収穫カゴ」が活躍しました。
年々増収を重ねている、Y先生の本科野菜実習です。
今の調子では、盛夏になったらもう1カゴ必要かも知れません。
(期待を込めて、準備します!)

 
 
 

 

2015年05月29日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「もう収穫なの!?」…の続き。


写真?:草花コースの花壇では、同時進行で綿密な管理が進められていました。
こちらは、とっても和やかムード。
(あ、いや、コンポストボックスの方は殺伐としていた、という意味ではありませんから。)
除草、整地、剪定枝をメインにして作られた堆肥でマルチング、通路作りから潅水まで。
項目数は多大でしたね。

写真?:「え〜、もう収穫だったんですか!?」
こちらは果樹コース。
ビワの収穫がありました。
「試食したら、甘かったんだよ〜!」

写真?:果樹コースでは、リンゴの袋掛けがメインでしたか。
「モモと違う〜!」
「こっちの方がやりやすいね。」
果実の着き方が違うんですね。

その後は、薬撒に鉢物果樹への追肥など、こちらも忙しそうでした。

皆さん、熱中症対策をしっかりとお願いします。

 
 
 

 

2015年05月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「もう収穫なの!?」

昨日ほどではなかったのですが、今日も汗をかきました。
午前中は「いい塩梅」に陰っていてくれていたのに、午後はギンギンの陽射しに。
みどりの地域づくりコースは振休でお休みでしたが、圃場では専科4コースの実習がありました。


写真?:一番に圃場に出てきたのは、造園コースの皆さんでした。
I先生から、造園用具の使い方から地割の方法を一から教わり、3個班に分かれて実践を。
実習終了時には、石組と敷石にまで取り組んでいました。
(今年は、「超高速」ですね!)

写真?:「え〜、もう収穫ですか!?」の声は、野菜コースから。
ジャガイモのダンシャクを2畝と、メイクィーンを1畝収穫しました。
(ジャガイモ収穫というと、7月のイメージが…。)
実習終盤には、この採れたてジャガイモをメインにして、「食の会」が開催されました。

写真?:空き畝には、金ゴマを大量定植。
「S籐さ〜ん、Y子さ〜ん!」という私:M職員の呼びかけに「はーい!」と応えてくれたお二人でした。
(M本さんも、なんだか嬉しそうですね〜?
あっ、今日は時差ボケじゃないんですね!)

写真?:草花コースの午後は、12:30に開始!
こちらのグループでは、何やら大工仕事が…。
コンポストボックスの作製だそうです。
既成の木製のパレットを加工して、2層式のものを2器作製中。

…続く。

 
 
 
 

 

2015年05月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

嗅いで嗅いで、さらに嗅ぐ!…のオマケ。


本科の皆さんをストーキングしつつ、班から班へと飛び回っていたT先生と私でした。

その合間に、近頃ではそうそう見られないサイズの、立派な子を発見しました!

お嫌いな方もおられるでしょうが、
「アオダイショウ」君(?)です!!

全長1.5メートル余の、スバラシく立派な子でした。

鎌首をもたげたナイスポーズのあと、全く急がず歩道を渡り、キレイな姿は下草の間に消えて行きました。

 

 

2015年05月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

嗅いで嗅いで、さらに嗅ぐ!…の続き。

写真?:さていよいよバラ園へ。
一般の方は踏み込めないところまで、超接近しての観察です。
プリンセス・ミチコを嗅ぎ

写真???…
「ハイ、お次!」
「うわ〜、これ自然の香りなの?」
「ハイ、交代!」
「あぁ〜、夜の香りが…。」
「懐かしくなったの?」
「イヤイヤ、悪夢再現、みたいな…?」(爆笑!!)
嗅ぎまくりました。

(私感ですが、ルージュ・ロワイヤルの香りは、余りに強烈過ぎでした…。)

写真?:解散場所の深大寺門で、ガイドボランティアの皆さんに
「ありがとうございましたー!!」
「ものすごく面白かったわ〜!!」
拍手喝采!
「みなさん、またいらっしゃってくださいねー!」
その知識の深さと話術には、ホントウに魅せられました。
(GAのOB&OGも活躍しています! どなたかも、是非!?)

…オマケ、有リマス。

 
 
 
 
 

 

2015年05月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.