エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「モツは体内っ!!」

9月の最終日でした。
今年もあと3ヶ月。(ついこの間、年賀状を書いたばっかりなのに…?)

お天気を心配しない圃場では、実習準備が順調に行われて、本科の花実習がありました。
本科の皆さんは、実習項目をビックリするスピードでこなし、来週の分まで頑張っちゃいました。

写真?:A班はクリスマスローズの播種と、カレンジュラ(キンセンカ)やルピナスなどの鉢上げからスタート。
「用土の量に注意してくださいね!」、とT先生から指示が。
「我々はさぁ、ついついケチっちゃってんだよねぇ?」
「用土が『もったいない』ってね。土が少なすぎて育たなかったら、もっと可哀想なのにね。」
と〜、突如!?
「モツは体内っ!」と叫ぶXさん(匿名で失礼します)!
「?」 、「なんだって?」
「はぁ?」
(沈黙が…3秒ほど。その後)
「だからぁ〜、『もったいない』の『もっ』が内臓のモツで、モツはぁお腹のぉ…」
「御免なさい。それ、あんまり面白くない…。」
「えっ?・・・ふえ〜!? 娘には受けたんだけどなぁ〜。」
(私:M職員ハ、腹筋ガヨジレマシタ。 今モ、思イ出スト…タマラナイデス。)

写真?:その間、B班は温室内のポット苗の除草を行い、屋外の苗置場へ移動しました。
初めて現場監督役のU職員は、緊張しながら頑張ってました?
「パンジーとヴィオラも運ぶんですか〜?」
「ハイ、お願いします。」
「ラグラスってヤツは?」
「来週出す予定です。除草だけして、運ばないでくださ〜い。」
「は〜い!」

写真?:花壇・切花圃場の管理後、種子精選実習に向けてケイトウの花柄を収穫しました。
その後は、収穫祭に向けての準備が行われました。
「センニチコウは、全量収穫〜!」
「これ全部収穫祭用にドライフラワーにするの?」
「そうだよ。」

写真?:支柱に袈裟懸けして、雨除けハウス内に運びました。
「もう残りは無いんだよね?」
「そうよ。」
「この乾燥に失敗して、前回のみたいに色落ちしちゃったら収穫祭の出し物が…?」
「そうならないように頑張るのっ!」
「明日から雨みたいだから、不安だなぁ。」
(収納時期を見極めましょうねっ!)

本日もGA収穫祭実行委員会が。


(昨夜のスーパームーン…見損ねました。
睡魔には、勝てませんでした。残念です…。)


教養科目の火曜日でした。
各授業の終了後、GA収穫祭実行委員会が今日も開催されました。

夏休み中にも、本科か専科のどちらかの夏休み実習がある日に、何度か開催されました。

GA収穫祭開催まで、1ヶ月余。
検討項目も、いよいよ具体的になってきました。

楽しい「お祭り」を、作って楽しみましょう!

百歳を超えた百花も、「サテライト係」で頑張ります!
(多分、ですけどね〜?)

季語は、鳥と草で異なります。


昨夜の中秋の名月はご覧になれましたか?
川崎の麻生区では、ほとんど雲に隠れていて、深夜にようやく朧月夜になりました。
今夜は満月に加えて、スーパームーンが見られるとか。
楽しみです。

写真?:圃場ではホトトギスが咲き始めました。
専科造園コースと、茶道部の茶花エリアで見られます。

写真?:斑模様が、ホトトギスのお腹の模様に似ているんですね。
(ちなみに、よく似ているカッコウはシマシマ模様です。)

鳥のホトトギスは春の野菜の準備の頃に囀りますが、こちらは秋のもの。
季語では、鳥はやっぱり初夏で、ホトトギスソウは秋なんだそうです。

写真?:こちらはシロホトトギス。
ポットに植えたままで何年も放置されていますが、毎年けなげに花をつけてくれます。
(今年こそ、植え替えてあげないとなぁ。)

マイ・ピンセット(フォーセプス)を!


粉糠雨降る中での、本科野菜実習でした。
実習中が一番雨脚は弱まりましたから、やっぱり「Y先生Magic」は続いています。

写真?:ほぼ全員がカッパ装着!
なかなかカラフルで、圃場が明るくなったような?

写真?:雨でしたが、実習項目は短時間にビッシリ。
追肥、追播、間引き、補植に、なにより害虫駆除!

本日目立った害虫は、アオムシ(モンシロチョウの幼虫)、シンクイムシまたはダイコンシンクイムシ(と呼ばれるハイマダラノメイガの幼虫)、ネキリムシ(カブラヤガの幼虫)、コナガの幼虫とキアゲハの幼虫でしたか。
カラスヨトウガとハスモンヨウトウガの幼虫も、潜んでいそうです。
(ニンジンの辺りに…。)
キアゲハとモンシロチョウは、卵の段階で「プチッ」と出来れば楽チンです。

ガの類に対しても、地中から来る害虫に対しても、防虫ネットの裾を土で埋めることはな〜んの効果もありません。
害虫を目視してもネットを剥がすのが面倒だったり、植物の生長点に土を負わせてしまったりするので、百害でしかありません。
黒丸君を使いすぎるのも、同様です。
推奨する有名TV番組もありますが、Y先生も私:M職員も、大反対です。
(洗うのも、タイヘンですよ〜。)

本日、ハクサイに着いていたシンクイムシをしっかり駆除できなかった班は…
次回の圃場で、泣くことになります。
害虫駆除は、慌てず焦らずジックリやることが大事です。
(皆さん、百円ショップで是非「My ピンセット」を!)

もう補植用の苗は無くなりました・・・・・。
リーフレタスの苗も、本日お持ち帰りになりました。
ムシをやっつけないと、収穫はありません。

ということで、M職員育成のミニタケノコハクサイとレタスの苗は、次回から有料になりま〜す!
(嘘です
けど、専科野菜コースからの要望もありますので…数量的にどうなりますやら!?)

「これはS崎さん並み?」

2学期がスタートしました。
空模様を伺いながら、3コースの専科が圃場実習に励みました。

写真?:午前は観察に徹し、午後は花壇の管理と新規植物の定植を行った草花コースさんです。
H久先生を中心に、管理の作戦会議中です。

花壇奥の除草に励むヤギの百花を見ながら、
「イングリッシュガーデンだと、やっぱりヤギよりヒツジですかねぇ?」と、変なことを言う私:M職員に、
「丘陵地の奥に放牧されている感じだから、百花でOKじゃない?」とA美さん。
(ありがとうございます!収穫祭ではあの位置で頑張ってもらいましょうか?)

写真?:毎度大忙しの野菜コースです。
「木曜に雨が降るのは、野菜コースのせいだっ!」と言う声をさらっと受け流して〜
金ゴマの精選中です。(楽しそう!)
なんと1,550グラムの収穫!

ライムギの種子精選やラッカセイの一部収穫(&試食)、収穫祭に備えてのプランター作成等々、今日も多項目でした。

写真?:抜き損ねたラッカセイを探しつつ、ヤマイモの生育状況を確認中。
過去最高の出来のようです!F先生も大喜び!(潅水装置、バンザーイ!)
「うわっ、これは立派だよ!S崎さん並みだよ!」(?)
「何をおっしゃる。こっちの方がスゴイよ!Kさんクラスだよ!」
(コノ2人ハ、イッタイ…?)
「いや〜ん!私わかんな〜い!」とY崎さん(????????)。

写真?:忍者のように神出鬼没だったのは、果樹コースの皆さん。
千歳門圃場に痕跡を見つけ、ブドウとリンゴの収穫カゴを追い、やっと見つけたときは、
雨除けハウス奥のレモンを、ヤブカラシから「救出中」でした。
「今、陽に当たらせてやるからねー!」

今日の実習中は、ポツポツでなんとか持ちましたね。
実習後は本降りになりました。
(草花コースの定植苗は大喜び?)

ページの先頭へ