東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

ダブルヘッダー。

少々風は吹きましたが、素晴らしい「秋晴れ」(?)でした。
「そうだよ〜。今日は午前も午後もY先生なんだよ〜!」と本科の皆さん。

Y先生のダブルヘッダーでした。
午前中のテーマは「家庭で出来る水耕栽培」。
先ず教室内でジックリ講義の後圃場へ。

写真?:先生が準備してくださったサンプルを前に説明中。
本日挑戦するペットボトルを加工したものの他に、
「今はこんなキットも売られてるんですよ。」
「へぇ、可愛いなぁ。」

写真?:容器を加工し、不織布を設置してリーフレタスを定植。
その後、専用の液肥を薄めた溶液をボトルへ注ぎました。
「お先にどうぞ。」
「いやいや申し訳ない。」
「遠慮しないでググッと一杯!」
「おーとっと!」
(何でも遊ぶ?)

写真?:リーフレタスを定植したパーツを固定。
「ふむふむ、用土まで溶液で浸しちゃうと根腐れちゃうな。」

写真?:午後の実習は、シッカリ地面と相対しました。
収穫、間引き、追播、短かったトンネル資材の張り替え、
さらには間引き菜の移植を行う班も!
「う〜ん、ずーっとしゃがんでると腰に来るなぁ・」
「ほいほい、交代しましょ!」
「間引きは結構ツライ作業だねぇ。」
「播き過ぎ厳禁ってことね。」

写真?:昨年はしっかり巻かなかった、ミニタケノコハクサイ「プチヒリ」を
立派な形で収穫したのはB−3班さん!!
「食うか喰われるか」の戦いに勝利しました!
(お見事!!)
他のミニハクサイの定植より1週遅かっただけなのに、収穫は3週遅れました。
春と違って、秋の「適期作業」の大切さがわかりますね。

ブロッコリーの側花蕾は、続々と上がって来てます。収穫遅れにご注意を!

 
 
 
 
 

 

2015年11月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「プロっぽい?」

昼前に冷たい雨は上がりました。
専科実習の木曜日、朝一で活動を開始したのは野菜コースでした。

写真?:いきなり収穫&調理実習!!?
本日は野菜コース恒例の、「食の会」が開催されました。
圃場から頂いた作物を、みんなで味わう楽しい「実習」です。
雨除けハウス前に、釜戸が2器据えられました。
M本さんは、釜戸の煙に燻される最前線で頑張ってました。
「何でも言って〜、何でもやるよ〜!」

写真?:校舎脇の洗い場では、ピーナツカボチャ(?)の下ごしらえ中でした。
ネットり濃厚なスープになるそうです。
切り口の色鮮やかさにビックリ。
忙しいのにステキな笑顔をありがとうございます。担当のM内さんもR子さんも、鮮やかでした。
(まったく同じ幅で、カボチャを切れるなんて!?…感動。)

写真?:昼休み頃から「食の会」が開始。
いったい何品の料理が作られたのでしょう?
圃場いっぱいに良い匂いが漂っていました。
(お裾分けをありがとうございます。長芋、絶品でした…。)

写真?:良い匂いの漂う雨除けハウス内、お隣では作庭の部材作りに励む造園コース2班の方々が。
難しい竹の格子パーツを作製中。
「この針金をクルクルって回す道具、カッコいい!」
「鉄筋組むときとか、プロがやってるよね。」
「これ良いわ〜、使ってるとプロっぽくない?」
(カッコイイです! さて、正式名称は〜?)

写真?:造園圃場でも部材の準備が中心でしたでしょうか?
石材洗浄には、途中から高圧洗浄機が登場しました。
「おおっ、いいじゃな〜い!!」
「気持ち良い〜!」
皆さん、あっという間にコツを捉えて、誰もビショビショになりませんでしたね。
(一応カッパは準備したんですけど、スッゴイなぁ!)

 
 
 
 
 

 

2015年11月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「なんで急いちゃうんだろうねぇ?」

本科の花実習は、久々に雨除けハウスからスタートしました。
朝から気温はどんどん下がりましたが、こちらは熱気ムンムン。

写真?:「は〜い、皆さん。先ず説明をしっかり聞いてくださーい。
プリムラ類の鉢増しから始めましょう。」
「おおっと、忘れない内にと思ってハンギングバスケットからやりそうだったよ。」
「なんで実習になると、せっかちになっちゃうんだろうね?」
「他の班と競争してる訳でもないのに…。」
「早く帰りたいってのは?」
「それ、絶対ないし〜!」
「なんで急いんじゃうんだろうねぇ?」

(私:M職員、断言しておきます。じっくりやった班の作品の方が素晴らしいです。
野菜の出来も、確実に上です!!)

写真?:こちらの班は雲南サクラソウの鉢増しを。
「プリムラって聞いて、ポリアンサを鉢増ししそうになったよ〜。」
「危ない危ない。」
(実際そうした班が、若干⦅3/8班⦆・・・。)

写真?:続いては、各班4個のハンギングバスケットの作製。
「この組み立て式って、やっぱり難しいわぁ。」
「でもよく出来た構造だよねぇ。」
「出来上がったものは、M職員にチェックを受けてから飾ってください」、とT先生から指示が!?
ジックリチェックさせていただきましたが、一発OKがほとんどでした!

写真?:チューリップの球根を据えた上に、ミニシクラメンやヴィオラ等を寄せ植えたプランターも作製しました。
「どう、このアレンジ?」
「良いんじゃな〜い?」
「今回は可愛い感じね。」

作製されたプランターとハンギングバスケットは、GAエントランスと千歳通り沿いのフェンスに装飾されました。
今後の生育に注目です。

その後は、シンビジュームの温室への移動などに取り組み、最後にはミニシクラメンやヴィオラ等の大量のお持ち帰り苗もありました。

(え〜、業務連絡です。
一人3ポットお持ち帰りのあった筈のミニシクラメンを、なぜか1つもゲットできなかった数名の方。
金曜日に、MまたはU職員までお問い合わせください。
T先生の御下命により、1ポットだけですが、補植用にキープしていたものから最上のものを用意いたします。)

 
 
 
 

 

2015年11月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

初の試み「GA公開講座」。

「冷え込んできたな〜」と思っても、例年よりかなり高い最低気温を記録しているそうですね。
確かに本日「小雪」を迎えても、冬には遠い心持です。

写真?:先週土曜日の21日に、GAとしては初の試み「GA公開講座」が開催されました。
課題は「ミニハボタンの苔玉づくり」
講師はGA主任講師兼専科草花コース担当の、O出先生でした。

写真?:13:30に開講。
まずは、苔玉づくりにもいろいろな方法があることが紹介されました。
受講者の皆さんは、興味津々。
「和」のテイストを求めてか?外国人の方も参加してくださいました。

写真?:作り方の説明中です。
ちびっこ参加者も!
自称「盆栽少年」くんと、そのお姉ちゃんでした。

写真?:後半は、いざ挑戦!
O出先生は一人一人を回って、きめ細やかに指導を。
(ん、この方の後ろ姿は・・・どこかでお見受けしたような?
本科のA班あたりで…?)

写真?:作品を見せてくださった三人娘様。
(お上手です! どちらからお越しでしたか〜?)

「面白かった〜!!」 「ありがとうございました!」
「楽しかったー!!」 「次はいつですか?」と、大好評でした!!

講座終了後には、圃場をお散歩してくれた方がたくさんいました。
百花もニコニコ(?)お相手しました。
地域の方々にGAの魅力をお伝えするために、これからも継続開催したいと思います。

 
 
 
 
 

 

2015年11月23日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

本科野菜圃場は「収穫祭」?

(今日は写真が多いです。
どうしても載せたくて…スミマセヌ。)

午前中に検索した全ての天気予報では、午後1時から3時までは雨でした。
と・こ・ろ・が、
Y先生が午後の教室に入ると〜
全ての雨雲は、東京湾以南に移動???
(今日も出ましたね、Y先生Magic!!)

写真?:ところがY先生、今日は珍しくカッパを装着(あれ〜?)。
「いや〜、今日は覚悟してたのですけどねぇ。本科の皆さんの日頃の行いのお蔭でしょうね?」
(そうじゃない気が…しなくも、なくもなくない・・・。)
「あ、そのブロッコリーの頂花蕾も採りましょう。柔らかくなり始めているはずですよ。」
「あ、ホントだ。隣りと較べるとグラグラ動く!」
「全体の大きさよりも、蕾一つ一つの大きさを見てくださいね。
頂花蕾を早めに頂ければ、側花蕾がたくさん期待できますよ。」
「あぁ、そういうことかぁ!」「初めてわかった!」

写真?:そして、スバラシイ出来のブロッコリー!

以降…、本科野菜圃場は「収穫祭」に突入!!

写真?:先ずは根菜類を集中的に収穫した班。
「どうよ!先週は収穫物が重くてタクシーに乗っちゃってさ、
高い野菜になっちゃったよ。でも、美味しかったよ〜」、とYさん。

写真?:数品種のダイコンは全て「美肌」。
さらにニンジンも型良し! 足を絡めたセクシー型皆無!
素晴らしい収穫物でしたね。
(ナイスポーズ&笑顔、ありがとうございます!)

写真?:収穫を終えた畝に施肥・耕耘、そして畝立てを行い、さらなる収穫を望んでの播種が続けられました。
本日初お目見えの種子は、ハツカダイコン、ビタミン菜とカラシナでした。

写真?:そして、初体験のトンネル展張。
「農大式の見本を張りましたから、よ〜く見て実施してください。
この様にカーテンを開けるようにビニールを開けられるようにしてくださいね。
防虫ネットと違って風の影響を受けますから、滑らかな形に張ってください」、とY先生。
「おおっ!なるほどねぇ。防寒出来るし作業もしやすそう。」
「なんか、こういう道具を使うのって、テンション上がるんだよなぁ!プロっぽくない?」
(なんとなく、わかります!)
「両端は、700系新幹線の形ですねっ!」
(スバラシイ例え!! D−51ではダメです。)

播種は、来週くらいが最後になるかも知れません。
この時季播種するコマツナを、「正月菜」と呼ぶ地方もあるそうです。
「ハツカダイコン」は「シジュウニチダイコン」になるかも?ですね…。

 
 
 
 
 
 

 

2015年11月20日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.