東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

第42回派遣、無事帰還…の続き。


写真?:Aチームの午後は、吉里吉里国で薪割りのお手伝い(邪魔?)。
初めて体験する学生も、コツを掴めば難なくこなして行きます。
(コツを掴めないと…疲れるし、焚き付けばっかり作っちゃう…。)

写真?:こちらの方が難しいかも?
割った薪をキレイに組み積んで、1年間乾燥します。
「う〜ん、ちょっとズレて来たかも?修正しよう!」
(この頃Bチームは、箱崎地区の仮設住宅にお住いの方々とミニ門松を作製。
この後Aチームも合流し、お茶っこならぬ、美味しいお汁をご馳走になりました!!)

写真?:宿泊は陸中海岸青少年の家。
夕食後「振り返りミーティング」を行い、各人の体験や感想をわかち合いました。

翌27日は、沿岸部をジックリ時間をかけて南下。
前回とどこが変わったのか、何が進捗したのか?
意見を交換していました。
福島県では国道6号線沿いに、帰宅困難区域の浪江町、双葉町、そして大熊町をバスから視察。
その風景に、学生は誰も言葉を発せず、でした。

草木染め研究会の皆さまから頂いたお心は、学生たちへ暖かい夕食と朝食を提供することに費やさせていただきました。
本当にありがとうございました!

 
 
 

 

2015年12月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

第42回派遣、無事帰還。

クリスマスの25日の夕方から27日夜まで、第42回復興支援ボランティアの派遣がありました。

農大バスで時間調整をし、コンビニで朝食と昼食を調達して、26日午前9時頃に釜石市箱崎に到着しました。

今回は参加学生が非常に多く、2チームに分かれて活動しました。
(私:M職員はAチーム担当でしたので、その写真しかありませぬ…。)

写真?:Aチームの初任務は、箱崎トンネル脇の花壇の整備でした。
1年振りでしたね。
枯草を除去し、雑草を抜き、チューリップの球根を500球余りとパンジーを定植しました。
いつもでしたら、仮設住宅にお住いの皆さんと協働なのですが、この日は厳寒。
農大生だけで頑張りました。
(この時Bチームは、NPO法人吉里吉里国で薪割りのお手伝いをしていました。)

写真?:Aチームも吉里吉里国に移動して、全員で代表の芳賀さんのお話を拝聴しました。
震災当時のこと、これからの希望。
貴重なお話を、ありがとうございました。

写真?:吉里吉里国には、自作のりっぱなピザ窯があります。
食品衛生健康学科のJ子先生と、元栄養科学科のT美先生がおいしいピザを焼いてくださいました!

写真?:「美味しいです〜!!」
澄み渡る青空 = 強風&極寒でした。

…続く。

 
 
 
 

 

2015年12月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

Merry Christmas!


メリークリスマス、です。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

日本では25日を過ぎると、「はいはい、クリスマス気分はもうお終いよ!」なんですけど、
ホントウは24日の夕方が、スタートなんですよね。

写真は、専科草花コース作成のクリスマスリースです。
ゴージャス!だけど、シック。
スバラシイ作品!!
(ん、まさか…先生の見本?)


このクリスマスの夕方から、農大のボランティア学生が岩手に向かいます。
東日本大震災復興支援ボランティアの42回目の派遣です。
久々の公式派遣で、ありがたいことです。

GA有志の方々、そしてGAのOB&OGから賜ったお心は、学生達への支援に、大切に使わせていただきます。

 

 

2015年12月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

専科特論は「花芸」。

先週の木曜日は、専科特論の年内最終日でした。
専科特論は、専科全5コースが学内の一つの教室で受講します。

今回は、花芸家の安達曈先生にご担当いただきました。

写真?:新1号館442教室に、たくさんの花材などが準備されて行われました。
花芸では、生ける過程も所作も重要なのだそうです。

写真?:教室の何か所にも花器が準備され、専科生も挑戦しました。
(楽しそう!)
「スイセンは、ただ生けるんじゃないんだねぇ?」
「ハカマを外して、良い形にしたらまた着けるのよ。」
「スイセンの花組みかぁ…。」

写真?:安達先生はあちこちを回って、助言されたり相談を受けていました。

写真?:本日のメインの作品でしたでしょうか?
大竹を花器にしたものに、ジックリ見入る方、多数でした。

写真?:花芸を体験し、その作品を前に満足顔(?)の男性陣。
(いい笑顔ですねぇ〜?
写真は全て、O出主任講師が撮ってくれました。)

普段とは全然違う形の、専科特論でした。
皆さん、いかがでしたでしょう?

 
 
 
 
 

 

2015年12月21日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

1年納めの「調理実習」。

朝から強めの風が吹き、寒い思いをする本科野菜実習になるかと思いましたが、
「ん〜、Y先生がGAに着いたら、風は収まるんじゃない?Y:MAGICで」
とはB−3班のMさん。

その通り、でした。
風も収まり、気温以上にポカポカの陽射しでした。

写真?:本科実習納めの本日は、「調理実習」がありました。
釜戸で作る、温か〜い「豚汁」です!
各班から1名選抜された、俊英の皆さん方(+U職員)です。
仕込みを終えて、集合写真を。 い〜い笑顔!!
(U職員、やたら嬉しそうですねぇ?半袖っ!)
豚肉と味噌以外は、全てY先生がご準備くださいました!
(ありがとうございます!)

写真?:こちらも選抜メンバーです。
腐葉土の切り返しに挑みました。
昨日専科野菜コースが2年物の切り返しを終え、今日は昨年仕込んだものを切り返しました。
「汗かく前に交代しようね〜!」
「風邪ひかないように!」
「こりゃけっこうハードだねぇ。」
1時間弱で、2/5ほどの切り返しが出来ました。
(残りは年明けですかね〜?)

写真?:切り替えし班が戻った頃には、豚汁が配られていました。
「は〜い、こっちはお釜だよ〜!」
「うわ〜!懐かしい!いただきます!」

写真?:「お味はいかがですか?」
「とってもGoo!」
「温まる〜!」
「釜戸で作ると、なんで美味しくなるんだろうね?」
「みんなで食べるのも、美味しくしてるよね。」

味噌は「農大じょうえつ」の「農みそ」でした。
「この味噌、旨いね!」
「どこで売ってるの?」
(農大生協や博物館で販売しております。いつも品切れの、人気商品です。)

本日の調理実習で何が素晴らしかったって、後片付けの美しさ(&速さ?)!
まさに「来た時よりも美しく」!でした。
(ありがとうございます。私:M職員、今日一番の感動でした。)

切り返しで体が温まり、豚汁でお腹も温まった、年内納めの本科野菜実習でした。

季節を感じてもらう実習を計画されるY先生。
実習初めは、七草粥が予定されてます!

 
 
 
 

 

2015年12月18日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.