東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

昨日との気温差…10℃。

今日は「Y先生マジック」が起こりませんでしたね。
シトシト雨が降り続く圃場でした。

明日は雪、とか…?

本科の野菜実習は、じっくり講義の後に行われました。

写真?:今日のメインは、「これ」でした?
3週間前に仕込んだ、タクアン漬けを分配!
各班代表が均等に切り分けています。
「本当は漬けて1ヶ月がちょうどいいんですが、しばらく実習がありませんから、今日お持ち帰りいただきましょう」、とY先生。
(実習前の打合せで、Y先生とU職員、そして私:M職員の3人でポリポリ試食させていただきました…。
チョイとピリ辛が残ってましたが、美味でした!)

写真?:小雨の中、圃場では収穫に加え、明日からの雪に備えて防寒トンネルのビニールを、ぴんと張りました。
少しでも雪が滑り落ちてくれるようにです。
「ブロッコリー、まだ頑張ってるね!」
「ヤシの木レタスは、もう限界みたいだねぇ。」

「家でプランターで育てたいから、葉ネギを株ごと貰ってっても良い?」
「おぉ、良いですねぇ。私も少し頂きたいです。」
「ハイ!どうぞ。」
「いやいや、これは多過ぎます。」
「え〜?プランターに植えるなら足りないくらいじゃない?」
「いろいろ育てるのが楽しくって、増やしすぎちゃいまして…。
我が家にはもう、プランターの置場が無いんですよ。10号鉢くらいのに植えようかなと…。」
「家の庭も、花と野菜がせめぎ合ってるわ!でも、 旦那は花に冷たいのよ〜。」(大笑い)

写真?:寒締めされた葉菜類が、かなりのボリュームで収穫されていました。
「こんだけあれば、お浸しに充分。」
「先週もらったホウレンソウ、メッチャ美味しかったよ〜!」

見学研修や造園実習などで、2月19日まで本科の野菜実習はありません。
それまでの間も、しっかり収穫と管理を頑張ってください。

 
 
 

 

2016年01月29日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

来期の収穫に向けて。


今日も気温はグングン上がり、圃場の最高気温は15℃までに。

私:M職員は汗だくで駆けずり回っておりまして、専科実習の写真が…3枚しかありませぬ。

写真?:冬剪定真っ盛りの果樹コースです。
キウイにカキ、さらには… どんどん続きます。
同時進行でマシン油の散布も行われました。

写真?:そして大量の堆肥を散布。
千歳門圃場と本圃場合わせて、40ℓ(15?)の牛糞堆肥やバークとのミックス堆肥を48袋!!
(造園コースの資材の上にも撒かれちゃったのには、ちょっと困りましたねぇ。)

写真?:野菜コースのT村さんとS崎さんが、雪で倒壊した大トンネル支柱の修復に取り組んでいました。
「しょうがないなぁ、M職員が睨んでるから直してみるか。」
「ジワーッと、ジワーッとね。」
「急ぎすぎると折れちゃうからね。」
「もうちょっと手前を押して!」
「了解!このくらい?」
「OK!!Good!」
息もピッタリ。
その仕上げられた状態には、F先生もビックリしていました。

寒の底は過ぎたみたいですね。
春に向けての実習が始まりそうです。

 
 
 

 

2016年01月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「修了式を飾るのよ!」

「今日は3月中旬の気候でしょう」、とお天気お姉さんが予報していた通り、圃場の気温はグングン上がりました。

記録的な寒波がやって来た直後に、この陽射しとは…。
人間も植物も調子が狂っちゃいます。
(ヤギの百花は、な〜んともないみたいです。)

本科の花実習は、年が明けてからでは本格的なものでした。

写真?:二手に分かれて実習を開始しました。
A班は用土調製からスタート。
「ポカポカ陽気の上に、身体もポカポカしてきたぞ!」

写真?:B班の皆さんは、プランターへの寄せ植えから開始。
プリムラ・ポリアンサとマラコイデス、雲南サクラソウが使われました。
「土の量って、このくらいでいいのかなぁ?」
「ウォータースペースをしっかり確保して。」
「真ん中を盛り上げた方が良くない?」
「ねぇねぇ、このプランターで、私たちの卒園式を彩るのよ!」
「ん? 卒園式じゃなくて修了式だよ!」(大笑い)

写真?:積雪の影響を受けた、切花畝を手入れしました。
折れてしまった支柱を交換中。
「中の苗は元気そうだね。」

写真?:寒波にビックリしてしまった花壇も管理。
「ヴィオラの種が太ってる〜!?」
「花殻などもしっかり取って、栄養が株に行くようにしてください」、とT先生。
「はじけちゃってる種もあるよ!」
「ポピーの蕾がスカスカ!凍みちゃったんだねぇ。」

雪と寒波によるダメージは大きいようですが、これからしっかり回復してくれると思います。

 
 
 
 

 

2016年01月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

口開けしました!(お酒ではありません)


琴奨菊の優勝、おめでとうございます!

いや、それより西日本の記録的な寒波襲来でしょうか?
沖縄でも降雪が記録されたとか…。

今日の圃場も厳しい寒さでしたが、体を動かせば汗ばむ陽射しがありました。
明日は3月上旬の気候だとか…?

写真?:3連の腐葉土枠です。
一番手前の枠の積み込みを、専科の野菜コースと本科で終えたばかりです。

明日は、本科の花コースが腐葉土を使用しますので、

写真?:3年目の枠を口開けしました。
コンパネ1枚分の幅を掘り下げ、身体は充分に温まって、なんとかコンニチハ!
用土調製にも用いますが、本科の花では赤土とサンドイッチ状に積層して、さらなる熟成に臨みます。
良〜い用土になるんですよねぇ〜。

 
 

 

2016年01月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「ビールをくれ〜!!」

月曜の雪がチラホラ残る圃場ですが、本科の野菜実習が行われました。

明日の土曜日も、雪が降りそうな気圧配置ですね。
もしかしたら沖縄にも降雪がありそうな、記録的な寒波の到来だそうです。
(М職員:個人的には、雪の舞う首里城の景色を見てみたい…。)

写真?:野菜の加工実習と、圃場の収穫等が同時進行で行われました。
加工実習は、切干ダイコンの調製。
「皆さ〜ん、ダイコンは拍子切りにしてくださいね」、とY先生。
「拍子って?」
「大相撲で呼び出しさんが叩いてるヤツよ。」
「あぁ!火のよ〜じん!のやつか?」
「で、大きさは?」
「フライドポテトくらいが良いって、U職員が言ってたわよ。」

写真?:先々週に塩漬けし、先週は米と麦の麹で漬けたダイコンが、い〜い感じに仕上がりました!
(香りも良いし、美味しそう〜!!)

写真?:各班代表が、皆で持ち帰れる大きさに配分中。
(ちょこっとお味見させていただきました!美味しかった〜!)
「ビ、ビールをくれ〜!」と、B−4班の一部男性が叫んでおりましたねぇ?
(15時以降にお願いします。
実はこういうお漬物は、牛乳ともとっても合うんですよ〜! あっ、変な顔しました?
いつもお茶受けにしている方々、ぜひチャレンジを!)

写真?:圃場の管理もじっくり行われました。
雪で傷んだトンネルの修復や、収穫もズンズン。
「雪に埋もれたホウレンソウ、すっごい美味しそう!」

圃場の全撤収は4週間後です。
Y先生からの指示は、「大きいのから収穫するのが基本ですけど、もう食べたいだけ収穫してください!
葉ネギやニラは、株ごと持ち帰って育てるのもお薦めですよ。」

写真?:この時期にしては、かなりの収穫量です。
ん?なぜかミカンも収穫されています!

今日の切干ダイコンの材料や資材を含め、このミカンもY先生の畑からのご提供です!

(「請求書を!」という私に、いつもニコニコ「いや〜、余りもんですから」と仰るY先生です。)
いつも本当にありがとうございます!!

 
 
 
 
 

 

2016年01月22日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.