エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

花盛り。

H27年度の最終日です。

ホントに、春になりました。
花は咲き誇り、別離と出会いの季節です。
(苦手です。)

写真 Ю藝伉未蠅虜は、満開に近い状態に。
樹によっては、すでにハラハラと…。

写真◆Ю豌並け爛魁璽好┘螢△離肇ワマンサクも満開。
ベニバナのものはもう少し後のようで、蕾がたくさん見られました。

写真:「放り投げ植栽」を行った専科草花コースの花壇では、チューリップがそろそろ見頃です。

写真ぁ本科作製のハンギングバスケットです。
千歳通りでは、サクラに主役を奪われてしまってるのが悔しいほどのボリュームです。
バスケットのフレームを、まったく見ることが出来ません。
素晴らしい出来だと思います!!

…(年度をまたいで)続く。

いったい何鉢?

朝から世田谷はかなりの雨。
本科花実習担当の、T先生のお宅に実習教材を頂きにお邪魔する日でした。
(普段から、種子も恐ろしい量を頂いております。)

午後はさらに雨脚が強まり、雷注意報も出るとかで…

T先生にお願いして、午後の予定を午前中に変更していただいたのですが

いや〜、午後は良いお天気でしたね〜。
(腹が立つくらい、ヤギの百花は日向ぼっこをしておりました。
でも、きっと予定通り午後にお邪魔したら、雨にたたられたのかも?)

T先生のお宅の、ごくごく一部分をご紹介。

写真 Гい辰燭げ身あるんでしょう!?のクリスマスローズ。
育種中のものがほとんどらしいです。
庭のすべてが、花と緑で覆われていて、どうやって管理してらっしゃるんだろうと不思議になるほどです。
「これでもかなり減らしたんだよ〜」、とT先生。

写真◆Ш8緞棆覆任なりのウェイトを占めるかも知れない、ラナンキュラスの花々です。
本科で育てているものはすべて、T先生のこの育種エリアから作出されたものなんですね〜!!

整然と&美しく…
GA圃場も見習わないといけません。

写真:「まだ積めるじゃん。これも持ってって。」
本科の実習教材を、「もう積めません!」というくらい頂きました。

教材費を請求していただきたいのですが、
「家にあっても邪魔だからさぁ〜」、とT先生はいつも笑って分けてくださいます。
本当にありがとうございます。
(時価で考えると、八重咲き希少色のクリスマスローズなんて…
恐ろしくなりますね。)

H27年度修了式。


H27年3月24日であります。

写真?:千歳通りの桜もちらほらと色めいて来ました。

写真?:本日は、H27年度東京農業大学グリーンアカデミーの修了式が挙行されました。
来年度も継続受講される方々、宜しくお願いいたします。
来年度以降休学される方々、圃場はいつでもオープンです。
ぜひお立ち寄りください。

写真?:スタッフからは、S木エクスセンター長はじめ、4名が新天地へ向かいます。
皆様、大変お世話になりました。
全員、世田谷キャンパス内にはおりますので、ぜひ見かけたらお声掛けください。

鉢上げに専心。


風さえなければ、ポカポカ陽気でした。
鉢上げ用土を運ぶと、腐葉土だけ飛んでっちゃうので困りました。
(この陽射しは…?そうです、U職員の振休日でした…。)

本日は、H28年度本科生が使用する野菜苗の鉢上げに集中しました。
今年度の本科生が、2月26日にナス、長ナス、ピーマン、トウガラシとニラの播種を行い、
3月4日にはトマト類とニラの播種を行いました。
これらを、根を大事にするために「増し土方式」で鉢上げです。
(専科野菜と違いますね〜?)
10:30から17:00まで、一意専心に!?
(イヤ、他の作業もあるのでそれほどでもなく。)

用土は、専科野菜コースさんと消毒槽に詰めて蒸気消毒を行ったものに、赤玉土と肥料を混和したものを用いました。

写真?:ナス・千両二号のプリプリ苗です。
「あ〜あ、セルトレイは狭かったなぁ」、って言ってますかね?

写真?:こちらはミニトマトのアイコさん。
殆どの苗が、本葉を覗かせていました。

写真?:広巾ニラを3トレイで上げたところで、時間切れでした…。
本日の鉢上げ数、600ポット余り。
(広巾ニラだけで、まだ残り350セルほどあります…。頑張るぞ〜!!
でも、その後には花苗の鉢上げも…。まぁ、こちらは「挿し込み方式」で。)

春の恵み。


校舎2Fのプランターコーナー(?)ですが、今春から生活健康科の皆さんにも活用していただく予定です。
(ですので、私:M職員のお楽しみコーナーは縮小いたします。)

とりあえず、で、
ジャガイモのプランターを作りました。
昨年初挑戦して、その色にびっくりした「シャドークィーン」をもう一度、です。

写真?:芽からすでに、紫です…。
出来る芋より濃い色かも知れません。

写真?:昨年はシャドークィーンとキタアカリを一個づつ植えての1プランターでしたが、
今回はシャドークィーンだけで2プランターを。
用土がウォーターラインより低いのは、土寄せ代わりの増土に備えたからです。

シャドークイーンの売り文句は、
「北海道生まれの最新品種!」
「ジャガイモの中で、アントシアニンの含量が最多!」
(これでポテトサラダ作ったら、どんな風になるんでしょうね?)

写真?:この季節がやって来ました!!
圃場からタラの芽をいただきました。

目敏い(いや失礼)、観察力のある受講生からは
「そろそろ採らなきゃ!」とのご指摘を、多数受けました。
皆さんジェントルメンでしたねぇ。
初物は、女性スタッフへ!?

ページの先頭へ