東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

一番大変なのは…?

(朝一番から、専科生の皆さんから多数のお言葉を頂きました…
「昨夜は飲んだの?ブログのアップなかったね」と…。
ありがとうございます。その通りです。)

珍しく降る気のしない木曜日、専科実習の日でした。

写真 Г、果樹コースのH多先生は大事を取って、午前と午後の計画を入れ替えてスタート。
ブドウのツル切除を行った後、モモの「なつっこ」の捩枝などを説明中です。

写真◆本圃場へ戻る途中に、ブラックベリーをしっかり収穫。
「皆さ〜ん、適時に収穫したら冷凍保存をお願いしますね〜。
あ、自分で食べる分はご自由にね!」(大笑い)。
午後は調理実習でした。

写真:草花コースは、エントランス花壇の植栽がメインでしたか?
久し振りに彩られた、お招き道です。
皆さん、お楽しみに。

写真ぁ用土作製は同時に行われ、鉢上げやプランターへの定植も行われました。

写真ァ野菜コースの実習は、ボカシ肥の仕込みから始まりました。
野菜コースにしては珍しく(?失礼)、全ての材料が検量されていました。
でもそれで済まないのが、職人技(?)。
「もう少しふっくらして、ぎゅっと握っても崩れない塊になるまで水を混ぜてください」、とF先生。

写真Α本日も様々な収穫と管理が行われました。
私:M職員が思うに、一番大変なのは、収穫係さんではないでしょうか?
配分は、とっても大変そう。
(指差し確認して「よし!」との声の後に、小作料と称してニンジンを差し出す私…。
「へっへへ、ケンカの元を持ってきやしたぜ〜。」
でも、ケンカ…起きないんですよね〜。)

 
 
 
 
 
 

 

2016年06月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「すっごい量!」のお持ち帰り。

2016.6.29

今にも降り出しそうな空模様でしたが、本科花実習は初めから実習台にスタンバイしました。
(降り出したら、受講生に雨除けハウスに運んでもらおうと…?)

写真 Ъ遜は二手に分かれてスタートしました。
A・Bの1&2班は、ラナンキュラスの球根の掘り上げから。
「え〜、どれが球根なんですか?」
「これこれ、茎の下にはまず必ずあります」、とT先生は各班をじっくり回っていました。
「土が乾いているから分かるけど、家でやったら分かんなくて捨てちゃいそう。」

写真◆В繊Γ造裡魁4班は、用土作製から。
今回は、一度使った用土を再生する方法を実践。
「古土って言うけど、やっぱり良い土だわ〜。」
「ヤブカラシやドクダミの根に気を付けてね。」

写真:課題が早く終わった班から、ポット苗への追肥やハンギングバスケットの手入れなどを行い、
その後は花壇と切花圃場の管理を。
切花苗の欠株を補植、花壇の花殻摘みと周辺の除草を行いました。

写真ぁЪ遜後には、大量のお持ち帰り苗が!
「すっごい量!!」
「う〜ん、どれにしようかしら?」
「ケイトウもいいねぇ。マリーゴールドは外せないし…。」
来週もお持ち帰り苗がたくさんありそうです。袋の準備をお忘れなく!

写真ァ野菜圃場での収穫もドッサリ。
「う〜ん、こりゃ持って帰るの大変だぞ!?」
「立派なヘチマですねぇ」、と言う私に
「ヘチマって言うなー!ちょっとだけ(?)大きなキュウリですっ!」
(せっかく育てているのですから、一番美味しい時に頂きましょうね。
わざわざ不味くしなくても…。)

 
 
 
 
 

 

2016年06月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「塀の外」へ!


GA生活健康科の午前講義は、農大出身の噺家、春風亭柳好さんによる
「笑いと健康」と題したものでした。
3Fのホールでの講義は如何でしたでしょうか?

写真 В横撞扮貊蟆の、生活健康科の皆さんが育てているサツマイモのプランターです。
いよいよ茎葉が、「塀の外」へと向かってきました。
頑張ってクリスマスリースの材料になるくらいに、伸びてほしいですね。

写真◆Г隣の中玉トマト。
私:M職員が、プランターでの2本仕立て栽培に挑戦中の中玉トマトです。
実も色付いてきました!
2本仕立ては、第一花房の下の脇芽を伸ばすのが鉄則(「はなの下を伸ばせ!」です)。
脇芽の枝が、主枝の高さに迫ってきました。
今後にご期待を!
(わたくしが頂きますが…。)

写真:ジャガイモ「シャドークィーン」の右側、用土に苦土石灰を入れなかった方が枯れあがってきました。
こうなると、2〜3日中に収穫したくなります。
雨の当たらないところに移動しました。
お楽しみに〜、です。
(あ、これも私がいただきますけどね…。)

 
 
 

 

2016年06月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「Oh、Baby〜!」

Y先生マジックは、続いています。
本科野菜実習が終わるまでは、雨粒が落ちませんでした…(ナゼ?)

写真 本日の興奮度No.1は〜、ベビーコーンの収穫でしたか?

「今夜は中華丼よ!」
「主枝に対して横に90度に曲げるっと!」
「う〜ん、採れないじゃない!」
「う〜んっ、ド〜したんだっ!ヘヘイっベイビ〜ッ!俺の手に委ねてくれよ〜!
君はベイビコーン! 採らしてくれ〜ぃ!かっわっいい〜!…」
(なんと!マニアックにK志郎&Eiちゃんの合わせ技!?
ファンキー過ぎて腹筋がヨジレマシタ…。)

写真◆Д肇泪箸肇潺縫肇泪箸蓮△修蹐修躅除け施設天井のビニールに届きそう。
「今週は誘引で我慢しましょう。来週は摘芯を行います」、とY先生。
なぜ1週間後? プロの話は来週のお楽しみですね?

写真:鞘が揃ってきたエダマメに、この時期からマルカメムシが来襲します。
「どう?そっちはいる?」
「大丈夫みたい。普通のカメムシしかいないよ。」
「え〜!いるの!それも捕殺!」
「は〜い。」

写真ぁЪ穫中のインゲンマメを撮らせていただきました。
色艶が、今までで最高ですね!
今後2週間がピークでしょうか?
「Y先生、インゲンマメが一番最初に終わると思うのですが、その後は?」
「ニンジンを作ろうと計画しています。ニンジンは播種で収穫が決まりますよ〜。」
「なるほど。播いた後に、放っとけないてことか…?」
(各班の「当番さんの腕の見せ所」が、近づいて来ました?)

 
 
 
 

 

2016年06月24日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「キレイどころって、絶対書いとけよ!」

専科実習の木曜日は、雨…。
そういう周期に戻ってしまったんでしょうか?

午後の実習は、空を睨みながら行われましたが、徐々に雲は晴れて熱い陽射しに…!

写真 圃場に1番で出動したのは、果樹コースの皆さん。
残念ながらピーカンの下での収穫とはなりませんでしたが、モモの初収穫(早っ!)
収量は昨年の1.5倍ほど!?

写真◆А崋穫カゴを持ってるとこを、撮らしてくださ〜い!」、と私:M職員。
果樹コースのキレイドコロ担当の皆さんです。
「いっぱい採れたよ〜!」
「キレイなモモを撮ってね。」
忙しいのに、ありがとうございました!
(その時!?「おい、M職員。果樹コースのキレイどころですって、ブログに絶対書いとけよ」とは
…Xさんでした? 書きましたけど〜、なんかイイことあるのかな?)

写真:野菜コースは、ノラボウナの採種からスタートしました。
0.4mm目のネットにくるんで、種包を滅多打ち?
乾燥状態が良かったのか、脱粒は超スムースでした。

写真ぁВ得萓犬ビックリするほど、夾雑物の少ない採種ができました!
「こんなにキレイに種を分けられたのって、初めてですよ!」
ジャム瓶で3瓶近くの種子を、精選しました。

写真ァЯ隹屮魁璽垢蓮伊勢原農場から頂いたシクラメンの鉢上げからスタート。
「球根は地上部へ〜って、T先生にも教わったわよね。」
「そうだっけ?記憶が…。」(言いつけましょうか?)
「これって、やっぱり球根って呼ぶもんなんかね?」
「じゃあ、なんて言う?」
「タマ○マとか…。」
「それは嫌ね!違うと思う。」(即時却下されました…。)

皆さん熱中していて、なかなかこちらを向いてくれなかったので、「Y田さ〜ん!」と呼び掛け!
「ん〜!なに?」
(で、カメラ目線をいただきました。
「なんだよ〜、何かくれるのかと思ったら、撮られちゃったよ〜。」)

 
 
 
 
 

 

2016年06月23日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.