東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

本科の見学研修「江戸の庭」…の続き。

様々な庭園見学の秘訣&自慢できる観察ポイントを、A野先生は次々に教授してくれました。
(メモ取りに熱中する方、続出!?)

写真 田圃であります。
後楽園を確立した水戸光圀公(モデル?)の案山子の前で「パチリ」。
「庭園では美と遊びの追求とともに、食さえも完結するように工夫が凝らされていたんです」、とA野先生。
田も圃場もあれば、鴨場もあり。確かにその通りだと実感しました

写真◆本来の「正門」の位置にて、説明を受けました。
「本当は、ここがスタート地点なんですよ。」
「そうだったのか〜!」
「スマホのアプリで『正門』探索して出たのは、ホントは正しい場所だったんだ!?」

写真:中国大陸を望みつつの東海道をたどった後は、木曽川沿いに中仙道を歩きました。
「へ〜、こういう意味のある庭園だったんだねぇ。先生がいなかったら全然わからなかった!」
「ただ歩いちゃうだけだったもんね。庭を観るって、こういうことなんだねぇ。世界が広がった。」
「京都や奈良に、ジックリ行きたくなっちゃった。」
「今度みんなでさぁ、家族も連れてさ、浜離宮とかに行ってみない?」
「そうそう、自慢できる『ポイント』も教わったしね!」
「うわぁー、楽しいかも?」
(この会話に、「ニコニコ笑顔」のA野先生でした!)

写真ぁР鮖蕎貊蠅任蓮円月橋の答え合わせとともに拍手の嵐。
「A野先生、ありがとうございました!」
「来週の講義、スッゴク楽しみにしてます!」
「えっ!いやあの…、そんなにプレッシャーを掛けないでください〜。」

 
 
 
 

 

2016年09月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

本科の見学研修「江戸の庭」。

まったく遠足日和の一日でした(見学研修日和ですね!)。
午前はB班、そして午後はA班が小石川後楽園にて見学研修を行いました。

写真 О率&解説を担当してくださったのは、農大造園科学科のダンディーA野先生。
「これから日本のみならず、海外への旅へ出かけますよ!」
「宜しくお願いしま〜す。」

写真◆А崢躅爐任蓮▲織屐爾あったり無かったりというところがあります。
例えば今皆さんが渡ってきた渡月橋の右手は、和の世界ですよね。
ところが左手を向けば?実はコレ、中国様式なんです。」
「へっえ〜!」

写真:「各地庭園では、『橋を渡る』という行為の先には、別の庭園様式と言うか、別世界が作られているんです。
こちら側の石組みと、この通天橋から先の石組みの違いを観察してください。」
「うわっ、荒々しくなったような?」
「その通りなんです!」

写真ぁА岾Г気鵑今渡ってきた飛石というものは、日本庭園確立以降どころか、
ガーデニングでもでは欠かせないものになっていますが、実は共通の美しいルールがあるんです。」
「ん〜?」

写真ァА屬海留澤邏供実はこんなに近くから鑑賞するモノではないんですよ。」
「??」
「皆さん、考えながらこの先を進んでくださいね。」
「うっわ〜、難問!!」
(答え合わせは、ラストに…。)

…続く。

 
 
 
 

 

2016年09月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

即、味わう。

専科の2学期実習も始まりました。
お約束のように、どんよりした空模様でしたが、午後には陽射しが!!

本日は、午前午後とも圃場で汗を流した野菜コースさんをちょこっと。

写真 Ъ穫祭の準備も組み込まれていました。
来場者へプレゼントする、野菜苗を準備するグループです。
最も基本の、用土作製からスタート。
「暑い〜!」
「でも思ったより早く出来そうだね?」
プレゼントの野菜苗は何でしょうね? さらには、良い苗が出来るでしょうか〜?

写真◆Ъ穫したサトイモをキレイに洗っています。
「この後すぐに、『ミニ食の会』で試食するのよ〜。」

写真:野菜コースでは、土地の遊びを許しません(?)。
収穫した跡地は、即施肥・耕耘が施され、播種や植付けまでが一気に行われます。
この9515マルチを敷設したところには、ニンニクが植え付けられました。

写真ぁ調理担当の方々。
お昼休みも、お弁当を食べながらここで調理をしていました(ご苦労様です)。
茹でラッカセイ(おおまさり!)とサトイモのきぬかつぎが、とっても美味しく出来上がりました!
(ホントに美味しかったです。ごちそう様でした!)
「今日収穫したサツマイモは、来週まで置きましょう。甘さが倍増しますからね。
そしたら、蒸かしてみましょう!」、とF先生。
(来週も調理実習があるみたいですね?)

 
 
 
 

 

2016年09月29日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「フグ○トウワタ?」


本科2学期最初の実習は、花実習でした、が
お天気は定まらず。実習中にも雨にたたられました。
(今朝生まれた台風18号が、こちらに来ないことを祈ります。)

写真 Ъ遜は、A班とB班に分かれて開始されました。
A班は、播種と鉢上げからスタート。
播種を行ったのは、クリスマスローズ、ラークスパーにアネモネなど。
こちらのA−4班では、ガーデンパンとセルトレーへの播種と、鉢上げが同時進行!!
「僕、クリスマスローズ播いて良い?」
「種がおっきいからでしょう〜?」
「えへへ、バレたか。」
「途中で交代ならいいけど。」
「ひえ〜!」

写真◆Г修慮紊蓮温室内の苗の管理(除草、摘蕾や追肥)と移動を行いました。
「ミニシクラメンが良い感じよね〜。」
B班は、逆の順番で実習しました。

写真:最後は合流して、切花収穫と除草などに取り組みました。
「今日は、初めて観られる切り花ものがありますよ」、とT先生。
「AB−1班の畝で、フウセントウワタが実っています。花を採らないでくださいね。
あの形になったら収穫です。」
「ほほ〜、こりゃぁ面白い形ですなぁ。」
「これはフウセンと言うより、フグ○ではないですかなぁ?」
「ふむふむ、フグ○トウワタですねぇ。」
「ちょっと!そういう想像止めてくれない!」
(女性陣にキッツク怒られちゃいました。でも、う〜む、確かに…。)

花実習後も野菜の管理(主に害虫駆除)や、GA収穫祭の準備に取り組んだ本科の皆さんでした。

 
 
 

 

2016年09月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

本科花圃場のチェック。


大相撲、豪栄道関の全勝優勝!おめでとうございます!
農大出身の正代関は、惜しかった。
小柳くんは、来場所の十両昇進を確実なものとしました!!

昨日は久方ぶりに太陽を観ました。
ところが、今日も午後からはグズグズの空模様。
ダイコンの苗がモヤシのようです…。
気温・湿度ともに高いので、草刈りでびっしょり…お色直しでした。

本科の花圃場の土壌をチェックしました。
と言っても、pHとECだけですけど。

写真:16カ所からサンプルを取って、最後にパチリ。
あれっECメーターの針が0.1にも満たない!? とビックリしたら…
サンプル内に小石がごろごろしていて、やり直し(未熟者であります)。

 

 

2016年09月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.