東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

千歳通り沿いは、冬春バージョンへ。

予想気温より2℃上がった圃場でした。
風も無く、体感気温はポカポカでしたね。

今年の本科実習は現在のところ、ホントに雨にたたられず予定通りに進められています。
(9月の高温と降雨は予想外でしたが、水・金は降らないという…。)

写真 本科の花実習は、サクラソウ類の鉢増しからスタートしました。
7.5cmポットから、10.5cmポットへと植え替えです。
後にプランターに定植され、「GA修了式」を彩るメインになります。
(何を話してたんでしょう?ナンダカ皆さん、笑顔ですねぇ〜?)

写真◆Г修慮紊蓮▲船紂璽螢奪弋綺を仕込んだ(?)上に植栽するプランター(「時間差プランター」と、以前の受講生が命名してました)
さらには、冬春のハンギングバスケットを作製しました。
「う〜ん、このプランター、なんだか単調な植え方じゃないかな?」
「間隔の問題?」
「そうじゃなくって〜、色かな?葉色かなぁ?」
各班で熱い議論が展開されていました。

写真:そのプランターは、GAエントランスへ。
そしてプリムラ・ポリアンサ、ネメシアやヴィオラを主としたハンギングバスケットは、すぐに千歳通り沿いに装飾されました。
「ああっ!…」
「なっ、なによ!」
「あのね、GAに願書提出しに来た時に、ここのヴィオラがキレイだなぁって思ったの思い出した!」
(ありがとうございます!)
「え〜、そうだったっけ? 寒かったのしか覚えてないわよ。」(ありゃりゃ…。)

写真ぁ本日も大量の「お持ち帰り苗」がありました。
ミニシクラメン、ハボタン、宿根ネメシアにラグラス等々。
(大人な対応が、超カッコ良かったダンディーな方々!ありがとうございました!!)

 
 
 
 

 

2016年11月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

今年は見事。


今日の風は、木枯らし「2号」さんだったんでしょうかね?
午後の作業で計画していた、腐葉土作りのための落葉収集は諦めました…。

写真 Р燭亮命燭世お分かりでしょうか?

「この樹、なんの樹?」と良く聞かれる、圃場入口にあるシンボルツリー(かな?)。

「ナンキンハゼ」です。

昨年は、強すぎる木枯らし1号に葉も実も全て吹き飛ばされ、この紅葉(?)を見ることが出来ませんでした。
今年は見事なグラデーション。
(お蔭で落ち葉掃きが大変!この冬は、バッサリ「枝降ろし」しちゃおっかなぁ。)

写真◆Т鵑辰討澆襪函△海鵑覆忙膺Г棒まる葉もあるんですねぇ。
爆ぜた実から、蝋燭が作れるそうです。

 
 

 

2016年11月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「乾杯!」と「ガールズ5」…の続き。

本科の午後は、またも「収穫祭」の勢いでした。

写真 А嶌埜紊離縫鵐献鵑世茵次あなたまだ抜いてないでしょ。これこれ、抜いて!せーのっ!」
「うわー、立派!」
(今年の本科のニンジンは、ホントに良い出来でした。が、お味は如何でしたでしょうか?)

写真◆Г海舛蕕皺甬邵嚢發僚侏茲任魯淵ぅ妊轡腑Ε?
ブロッコリーの頂花蕾!!
「モサモサになる前に採ってくださいね!」と、Y先生が各班を回られました。
「側花蕾はいつごろ採ればいいんですか?」
「大きさではなくて、花蕾の締り具合で判断してください」。
「そうか〜。これからは大きさで判断じゃないんですね。」
「いや…、今までも、なんですけどね。」

写真:空き畝には、皆さん貪欲に播種を実施。
今播けば、「寒締め」の葉物が味わえるかも知れませんもんね。

写真ぁЮΔ鮑遒蠶召靴審独匹紡个掘■繊檻曳匹気鵑蓮併筺В与Πにそそのかされて?)
ハクサイ収穫跡のマルチをそのまま利用して、多孔方式での葉菜類栽培にチャレンジ。
「肥効に加温が勝つのだろうか?」(どうでしょうねぇ?
私は、春夏野菜に敷いたマルチのままで、耕耘せずに冬野菜のダイコンやカブまで使っています。)

辛味ダイコン、サラダ紅ダイコンにミニダイコンも初収穫したB−4班さんでは、実習台の上が市場状態でした。
「じゃあ、少しだけ収穫の可愛いダイコンたちは、ガールズ5人でいただいて良いのね!」
「は〜い、僕たちは次回収穫をいただくから、お嬢さんたちで持ってって!」
「ガ?、ガールズっすか?」(と私)。
「ん!何よ?何かご不満でも(ニヤニヤ)?」
「いえ、何もありません。ガールズ様、失礼いたしました…(タジタジ)。」
「がっはっは!」と、大笑いされちゃいました。

 
 
 
 

 

2016年11月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「乾杯!」と「ガールズ5」。


本科野菜の本日、Y先生は午前・午後のダブルヘッダーでした(お疲れ様でした。)

午前中は、「家庭で出来る水耕栽培」と称して、難しいけど簡単な(?)栽培法が教授されました。

写真 圃場に出て、先ずは500mlペットボトルと不織布を利用して栽培容器を加作成。

写真◆В拈萓犬らのアドバイスを受けながら、栽培溶液を注入!
「アレッ!苗が浮いてる〜!」
「溶液を入れ過ぎです。少し減らしてください。」
「はーい。」
根と溶液の部分にはアルミホイルを撒いて、遮光を施しました。

写真:班全員がしっかり出来たA−4班さん。
「写真撮らせてくださいな。せ〜のっ!」
「乾パ〜イ!」
(いや、その掛け声、違うと思うんですけど…。)

…続く。

 
 
 

 

2016年11月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

観測史上初の積雪、なのに〜?


いや〜、冷えました。
本日11月24日の東京都心の積雪は、観測史上「初」なんですってね。
例年より40日早い初雪も、54年振りだとか。
(「前回の覚えてますかねぇ?」ってKさんに聞いたら、
「え〜っ、まだ生まれてなかったからわかんな〜い!」⦅…ふぅ〜ん?⦆)

専科実習の木曜日。午前中は「専科特論」で、全員が1号館の教室で講義を受けました。

さて、実習の午後。モッサモサと雪は降り続いておりました。
「いや〜、今日はキツイですよ。変更して講義にします。」
「皆さん風邪引いちゃうと大変ですし…」、と実習を予定していた4コース中3コースが講義に変更。

と、その中で…。

「んっ、実習?予定通りやりますよ!タマネギ植えなきゃいけないし」、と野菜コースのF先生は、笑顔で宣言。
「うっそー!」 「ひえ〜!!」 「マジっすか?」
「まさか今日も打って出るとは!?」と、受講生の皆さん(でも、全員雨具の準備はパーフェクト)。

写真 圃場に出てしまえば(?)いつも通り。熱気のこもったチームワークで頑張りました。
トウガラシを片付けた跡に、施肥・耕耘・畝立てにマルチングを行って…

写真◆Г気蕕坊磴靴なる雪の中、タマネギ苗を定植。そして穴開きのビニールトンネルを展張。
発芽が芳しくなく、苗の調達にはF先生がご尽力くださいました。

写真:防虫ネットの大トンネル内と雨除け栽培の施設では、スナップエンドウに誘引ネットを展張しました。
これ、なんと本科の切花ネットのお古を流用です。
「これ、良いアイディアよね?」
「ただ支柱に伸ばすより、みっしり採れそうな気がする〜。」
「私たちが卒業した後だけどね。」
「…そっかぁ。じゃぁ僕、来年も野菜コースにしよっかなぁ。」
「あら、じゃあ、私が通りかかったら、ちょっとよこしなさいよ!」
「えぇ〜!」

収穫もどっさり。今日の初収穫は、ピカピカのタアツァイと巨大な聖護院カブでした!
皆さん、どうか風邪などお召しになりませんように!

 
 
 

 

2016年11月24日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.