エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

巡り会えなかったのかな?


今朝の地震はビックリしました。
東北地方にそれほどの被害が無く、安心しました。
(皆さん、どれほど怖かったでしょうね。)

ところ変わって、のんびりポカポカの圃場でした。
最高気温は17℃でしたが、陽射しが優しく包んでくれました。
ところが明日からは、冬将軍が一気にやって来そうです。
明後日の最低気温は、ついに1℃の予報。

そんな圃場で、昨日の焼芋の片付けに励んでいると〜、

写真 А嵎狆譴砲い突澆靴ぅ爛沓裡蓮ぃ院廚気鵑歩いていました。
この時期に見かけるのは珍しいオオカマキリさんです。
♀なら即確保!と思ったのですが男の子でした。

写真◆突っついてもヨロヨロ。息絶え絶えでありました。
君たちの季節は終わってしまったんだねぇ。よくぞ今日まで!

写真:マクロ・アップで、哀愁のダンディー。
昨夜の雨で着いてしまった砂粒を外す力も無いようでした。(お疲れ様でした。)
この時期うろついてるオスってことは…伴侶に巡り会えず、子孫を残せなかったんだねぇ。
(作業中に踏んじゃいそうだったので、A−1班前のムクの樹に置いときました。)

「ウォークラリー&焼芋パーティー!」

空模様が心配されましたが、GA生活健康科の月曜日の午後に「農大世田谷キャンパスウォークラリー」が開催されました。
お天気は、なんとかもってくれました!
普段は気にせず通り過ぎている所がチェックポイントだったりして〜?

写真 СГ気鵑いつも目にしているリサイクルセンターでは、「ペットボトルの捨て方」についてのクイズ。
(結構…外れてましたねぇ。残念。GA校舎内でも徹底を!)

写真◆Уい砲發靴討い覆った設問が次々と。
「えっ、何コレ?」
「これが家畜慰霊碑じゃないの?」
「こんな陰に?」

写真:「ここは難しかったよ。」
「『健康増進センター』の位置ね?」
「実は僕、本科の時に指を切ってお世話になったんだよね。」
「へ〜っ!じゃあ、知ってたんじゃないの!」
「いやぁ、『保健室』だと思ってた。」
「いや〜ん、何それっ。」
最高潮は1号館屋上からの見晴しでしたでしょうか?(曇りで残念…。)

写真ぁВ韮訴狆譴北瓩辰董皆さんが育てて2週間前に収穫したサツマイモを、焼芋で賞味。
ウォークラリー中に、O出主任講師が頑張って一人で焼き上げました!
(「少〜し焼きすぎました!」と仰ってましたけど、そんなことはありませんでしたよね?)
班長対抗ジャンケン大会により、美味しそうな焼芋を取り分けました。

写真ァА岾Г気鵑プランターで育てたおイモさんです。お味は如何ですか〜?」
とカメラを構える私:M職員に、
「甘くって美味しい!けどね、味よりなにより、お芋のお世話をありがとうございました!スッゴク楽しい!!」
「何から何までねぇ!」(いえいえ、とんでもない。)
「寒いと思ったけど、今日も楽しかったー!!」
「真剣に歩いたもんね!」「急がなくていいのにね!?」
(O出主任講師&実技の先生方のアイディアは、大当たり!?来年は…?)

超美麗なブロッコリー!

本科野菜実習の金曜日。本日はY先生ご提供による、「お楽しみ企画」もありました。

写真 怒涛の秋冬野菜の収穫は、本日も継続中。
カラスヨトウガやアゲハチョウに競り勝ったニンジンは、もの凄い生育で応えてくれました。
「デカッ!」「ピッカピカ!!」

写真◆本日の初収穫は、お見事なブロッコリー!
ほとんどが草姿美麗!!過去に見た事の無い素晴らしい出来でした。
「オ○キューOXだったら、国産ブロッコリーは¥○00よっ!」(ひえ〜!)
充実具合では、それより絶対「勝って」ますよ!?

写真:収穫を終えた畝は、即、耕耘と整地を行い、最終の播種を行いました。
播種後に充分な潅水を行い、初めて使う穴開きビニールでトンネルを設置。
「キレイに張れたよ!」「シャキーン!」
「2月の終わりまでに、どれほど育ってくれるかな〜?」

写真ぁГ楽しみは「焼芋」!!
Y先生が、ご自分の畑で作られたサツマイモ「べニアハルカ」を、どっさりお持ちくださいました。
超特大のミカンも大量に!
各班からの精鋭が、焼芋担当で頑張りました。
(昼休み中には有志の皆さんが、オリーブオイルを塗り新聞とアルミホイルで包むという下準備を行ってくださいました。
オリーブオイル!?Y先生の秘術です。)

写真ァВ牽宛弔離ぅ發鮠討のは断念しましたが、実習最後に皆で味わうことが出来ました。
「お味は如何ですか〜?」
「美味しい〜!!」「うまうまっ!」
「皮のすぐ下に移ってる、オイルの香りが素晴らしいっ!!」
「これはビックリよね!」

(来週月曜日には、生活健康科がプランターで育てたベニアズマを焼芋にします。
試食後に「ふっふっふ、オリーブオイルのアイディア、頂きます」、と申したのは
月曜日にイモ焼きメイン担当のO出主任講師でした…。)

「ニンジンのために、ここまでやるの?」

ポカポカ陽気でしたよね?
専科実習の木曜日にしては、珍しく優しい陽光でした。

写真 Р娘コースの皆さんは、午前中はナシの試食に舌鼓を打った後(?)、午後に圃場へ。
キウイ「ヘイワード」を収穫後、腐葉土枠横の「不思議なカンキツ」を収穫。
元樹が何だったのかもわからないくらい、いろんな柑橘類が接がれている「不思議な樹」なんです。
今年はカンキツ類の、「当たり年」なんですかね?超多収でした。

写真◆Ю藝侈臺狆譴悵椶辰董▲螢鵐苅下とブドウ1樹を伐採しました…。
空は明るくなりましたが、やっぱり寂しいものですね。
更新品種に期待しましょう!

珍しく(?)午前中は講義のみだったのは、野菜コースの皆さん。
秋野菜の収穫、そして直後に施肥・耕耘・畝立て・マルチ張りに播種。さらにはトンネル展張と大忙しでした。

写真:秋蒔きニンジンのために畑土をフルイ掛けの様子です。
「ニンジンに、ここまでするのっ!?」
「美脚の美人ばっかり出来ちゃうよ!」

写真ぁЦ畫庵罎ら出動した草花コースさんは、ミッチリ観察から考察の後、植栽の移植と加植で、
花壇の雰囲気をガラリと変更(ビックリしました!見学者がまた増えそう…)。
「この時期寂しい永年草花壇を、どう手直しするべきか?」
「秋に寂しくない花壇を、どう構築するかってことでしょ?」
受講生の皆さんと対話しながらヒントを提示するのは、H工先生。
「へ〜!!?」
「そうなんだー!ナルホド、凄い解決方法ですね!」
H工先生は、いったいどれだけ引き出しをお持ちなんでしょうね…?

「エリア花壇」は…今回もありませんでしたね。

昨日が異常に暖かかったせいか、今日の朝はひどく寒く感じました。
「平年並み」の気候だったそうです。

本科の花実習では、皆さんが圃場へ出動すると同時に、お陽様が顔を出してくれました。

写真 С銅遜台でスタート。
本日T先生は「どこにいるかわかりやすいように!」という受講生のリクエストに応えて、オレンジ色のフリースを準備されてご指導。

写真◆Г箸海蹐…結構オレンジ着用の方、いましたねぇ〜。

来季株分け用の、アジュガとプリムラのベリスタイプと、春を彩るルピナスを標準プランターへ定植しました。
続いて、各班で個性を生かす寄せ植えプランターの作製となると〜
なぜか「後ろ手」になる男性が続出…(御用、御用!お縄頂戴!)。
「いやいや、口では絶対勝てないから…」、とはXさんの弁でしたが…。

写真:本日のメイン実習「春夏の花壇への定植」となると、各班男性陣が少数ながら?(デザインにも実働にも)やっぱり活躍。
「そこのオルレアはさぁ、チドリにした方が良いんじゃない?」
「ほうほう、ナルホド!」
「ハボタンは巾は30cm位になるけど、高さはそれほど出ないでしょ?もう少し脇の方が良くないかしら?」
「あぁっ、そうなんだー!」
(各班の個性が表現される、4・5月が楽しみです!)

写真げ崔鼎悗猟蠖△汎瓜進行で、精鋭により「のんびり」と発芽したラークスパーの鉢上げも行われました。
「花壇の配置で悩むの面倒クセーし…鉢上げ大好きだし。」
「あらそう?悩むのって楽しいじゃない?」
「僕、混ぜて植えるより、このエリアはルピナスッ!この端っこはアリッサム。
こっからこっちはヴィオラ!みたいな花壇が好きなんだよね〜。」
(私:M職員的には、激しく同意いたします!!薬撒対応も楽ですしねっ!)

「でも僕、ここ(GA)に来て、鉢上げが楽しいのにビックリしたんだよね〜。」
「えっ、メンドくない?」
「育成する楽しさってのかなぁ、次へ送る面白さ…?」
「へぇ〜。」
(モノスゴ〜ク判ります!定植された時の嬉しさ、達成感!ハグしそうになりました!?)

写真ァ本日も、「お持ち帰り苗」が大量にありました。
「ポピー良いねぇ!入学した時にキレイでビックリしたんだよね!」(良かったです!)
「入学した時に大好きになったのがこのモモイロタンポポ! 良いの、持って帰って?
超幸せ!これだけ頂ければ他はもういらない」、とはKさん。
(良かったですね!T先生の例年の採種の賜物です。百花の大好物ですけど…。)

ページの先頭へ