エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

いよいよこの季節。


昨日は降ったり止んだり、安定しないお天気でした。
(T先生お察しの通り?私:M職員は振休をいただいていました…。)

さて今日は、異常な暖かさ!どうしちゃったんでしょうね。

写真 Ю豌別邵撻魁璽垢裡得萓犬離▲ぅ妊アを、ほぼ「総パクリ」して、
可動式防虫ネットを作ってみました。
F先生は畑の畝上で使用することを前提に作られていましたが、私はプランター用にサイジング。
65cmの標準プランターが、6個収納可能のサイズに。

写真◆Г箸海蹐ケチって廃棄予定のボロい防虫ネットを使ったもので、裾に巻き癖がついてて固定するには重石が必要…。
(来季は新品のネットを使わせてもらおうかな〜?)
主に「七草粥」用の、スズナを育てます。
もうちょっと寒くなったら、防虫ネットを穴開きポリビニールに交換予定です。

写真:落葉集積用の仮枠を設置。いよいよ、この季節がやって来ました。
腐葉土調製用に、落葉を収集せねばなりません。
キャンパス内と、馬事公園前の「ケヤキ広場」が主な収集先です。
90リットルの袋で、250袋は集めたいところです(本日で19袋)。

収穫の熱気で…の続き。


写真 С独匹亮遜台及びその周辺は、市場のような状態!?
「大人(?)」に皆で分け合いました。
くじ引きしたり、ジャンケンしたり(大人、かな?)。
「ウチさぁ、明日娘家族が来るんでスキ焼きしたいんだよね。
ハクサイとシュンギク、良いかなぁ?『オレが育てた』って威張りたいし〜。」
「あら良いじゃない!」
「どうぞどうぞ!」
「ほい、Kさんはハクサイ一玉既得っと。」
「えっ、記録してんの!?」
「冗談だよ」、で大笑い。

写真◆超人気のタウン誌、「チトソシ」のS田さんが取材に来てくれました。
野菜を撮ったり、立派なダイコンを掲げるJさんを撮ったり、シュンギクの試食に挑んだり。
忙しそうでしたねぇ。次号への期待「特大」、です!

写真:収穫物を全て並べて記念撮影をしていたB−3班さん。
私も頂きました!

圃場に出てきたときの寒気はどこへやら?熱気あふれる「収穫実習」(?)でした。

収穫の熱気で…。

朝は強い雨に参りました。予報では、本科野菜実習の午後には止むとのこと。期待したのですが。
Y先生の講義中には、一時本降りに戻ってしまい「こりゃぁ、どうしたもんか」と悩みましたが、圃場への出動と同時に粉糠雨程度に!!?
気温は9℃。本科の皆さんは肩をすぼめ「う〜、寒いねぇ〜」と、圃場へ出動。

写真 Д潺縫魯サイを初収穫!
「入刀式です!カメラをお持ちの皆様、どうぞ前の方へ!」
「初めて、じゃないけど共同作業で育まれたハクサイへの入刀ですっ!!」
(笑顔爆発!!)

写真◆Г發舛蹐鵐瀬ぅ灰鵑盻藜穫。昨年より1週間早いです。
「根径が8cmになっているものを選んで収穫してください」、とY先生。
「どうよ!真っ直ぐで、超『美脚』よ〜!」
「嬉しい!」

写真:ニンジンも、過去に例を見ない素晴らしい出来です。
「真夏に毎日潅水に来た甲斐があったわねぇ?」
「ほんと、ホント!こんなに立派になるなんて!」
「うぅっ…アゲハチョウを潰したのを思い出しちゃった。」

写真ぁ葉菜類もなかなかの出来です。
「ホウレンソウが立派だよ!」
「ミズナもすごく大きくなってたわね。」

…続く。

「天使の笑顔」に、大盤振舞い?

晴れ間は望めませんでしたけど平年気温といわれた本日、専科では3コース(+1)が圃場での実習に勤しみました。
(「+1」は、専科野菜コースです。なんと千葉での見学研修後に、収穫メインで圃場で頑張りました!)

造園コースでは、講師が二人もおられる豪華実習。草花コースは、本部屋上で寒風にさらされての実習もありましたが…
本日は(忍者部隊?)の、果樹コースをちょろっとご紹介。

写真 Ю藝侈臺狆譴任隆撒摸爐肇キの収穫後、本圃場に戻ってキウイを収穫。
H先生が収穫方法を実演。「こうやって、枝元に反すように捻ると簡単に採れますよ。」
「おお〜!」「ええっ、そんなに簡単に!」
本日は、センセーションアップル種のみを収穫。

写真◆ШGは落果の多かったシブガキも収穫しました。
過熟で落ちたものは、ヤギの百花がありがたく(?)いただきました。

写真:実習中にも、そんな百花に会いに近隣の保育園から可愛いお客様が…
「モっモちゃ〜んっ!!」百花は完全無視で、カキの葉と果実に酔っていました…。(ゴメンね〜。)
そんな園児と先生たちに、「カキは渋くて上げられないけど」と、収穫したばかりのキウイをプレゼントする果樹コースの皆さん!!
果樹コースのH先生もニコニコ!
(よっ、大盤振る舞い!嬉しそうに手渡す姿、カッコ良すぎでした!)
「えっ、そんなっ?お邪魔してるのに!いただいて良いんですか?」
「だってさぁ、収穫してるところ見せつけちゃったしさぁ、せっかく可愛い天使さんたちとお会い出来たしねぇ!」
「リンゴと一緒だと良いんだけど、もうちょっと追熟してから召し上がってね。」
「ツイジュク…って、どうするんですか?」
「酸っぱめのリンゴと一緒にビニール袋に入れといたら、もっと甘くなるの。」
「へぇ〜?園でまとめてやってみます!」
「は〜い、皆さ〜ん、美味しいキウイを頂きましたよ〜!みんなでお礼を言いましょう!」
「あでぃがとうございますっ!」
「どーいたしますてっ!」(超ノリノリ? いいなぁ〜、こういうワクワクしちゃう笑顔の交換!?)

写真ぁТ海軍塑遒蠅任后(撮影協力、ありがとうございました!)
教室で連に結び、湯煎の防腐処理をした後、雨除けハウス内に吊るされました。
…しばらく〜は、他コースの目の毒になりますねぇ。(お味見しときましょうか?)

「続きは『Web』で?」

本科の花実習は「秋晴れっ」でしたが、木枯らし一号の圃場でした。
陽射しには恵まれましたが、時に目を開けていられないくらいの強風が〜。

写真 Ыの挿し木・挿し穂を行ったセルトレイ(プラグトレイ)からの鉢上げから、スタート。
大輪のマツバボタンは、来年の本科生の皆さんにも託すので、色分けを間違えないよう慎重に…。
ナゼか男性不在のB−2班さん? 人数不足で、お隣からYさんがお手伝いアシスト。
(ありがとうございました。)
マツバボタン以外は、希望の方は即「お持ち帰り」に!

写真◆鉢上げ中に、T先生から今の時期のシンビジュームの生育についての説明もありました。
「ここに立派な花芽がついてますね! こちらの小さいのは咲かずに葉に伸びてしまうかもしれません。」
管理法についての説明も、細かく行われました。

写真:鉢上げ終了後、A班は夏花壇の撤去と、施肥・耕耘と整地に励みました。
花壇を囲う、レンガの本格的な設置に挑む班が続出!?
「あぁ、それ以上の技術は、是非『専科造園コース』で!」と言う私:M職員に、
「あ、それ良いわね〜。『続きはWEBで!』みたいな〜」、とSさん。(ナルホド!)
みなさん、大笑い。

写真ぁВ柁匹気鵑蓮∪藝伉未蟇茲い離魯鵐ングバスケットと、エントランスのプランターを撤収し、容器を洗浄して片付けました。
(撤収作業の折、Nさんが皆さんを誘って写真撮影に、もんのスゴク協力してくださいました!
ありがとうございました!!)

その後A&B班は合流して、切花圃場の除草などの管理に取り組みました。
そ・し・て、切花圃場の補植苗を残して、大量の「お持ち帰り用の苗」がありました。
(お家でぜひチャレンジしてくださいね!)

ページの先頭へ