東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

「今、この花殻を取るべきか…?」

朝方はまだシトシト雨でしたが、専科の皆さんが圃場へ登場する頃には、素晴らしい「晴れ!」でした。
(木曜日なのに、おかしいなぁ…。)

専科造園コースの皆さんは、庭園見学へお出掛けでした。
圃場で実習を行ったのは、3コースでした。

写真 Я隹屮魁璽垢蓮午前中から各班に分かれて植栽のチェックを行いました。
午後には全員で、各班に何が育てられているのかを確認し、除草、抜き取り、花柄摘みなどの管理作業を行いました。
「こんなに一つ一つの植物を、じっくり見たこと無いかも知れない…。H工先生に誘われちゃうねぇ。」
「な〜んだか、いつも焦っちゃうのにねぇ〜。」
「いやぁ、ジックリの実習。良いねぇ。」「面白いねぇ。眼を肥やすぞー!!」
「H工先生、『今、この花殻を取っっちゃったらどうでしょう?庭全体を見て、どうですか?』って仰ってて、ビックリしちゃった!!」
「花殻ひとつで、庭が変わるなんてね!」「ホントに変わっちゃったよねぇ!」
実習終了時には、オドロクほど美しい「ガーデン」になりました!(必見です!!)

写真◆Р娘コースは圃場観察の後、モモの摘果から開始。
「ちょっとまだ早いけどねぇ。地道に今から頑張りましょうね〜」、とH多先生。
「脚立いる〜?」「あっ、お願い!」

写真:圃場外の通路に伸びた枝は、高低差があってとっても大変。
安全な三脚の使い方も、しっかり学びました(かね?)。
その後も害虫防除、カンキツの枝の誘引など、内容ミッチリの実習でした。

写真ぁВ得萓犬北詰やりコチラを向いてもらいました。
野菜コースでは、先週に引き続き「天恵緑汁」を抽出(「二番搾り」ですね?)。
残渣は、圃場のあちこちに振り撒かれました。

写真ァШFも多収でしたねぇ、実習項目も多岐に渡りました。
ノラボウナを抜き取った跡、すぐに畝を立ててラッカセイを定植したり…。
仮枠を用いたネギの「落とし込み定植」は、面白かったですね。
「こんなにズボッってして良いんですか!?」
「良いんです!」
ミョウガの新芽、呼称「ミョウガタケ」は、メチャクチャ美味しかったです!
作っている人だけが味わえる妙味。(ごちそう様でした〜!)

 
 
 
 
 

 

2017年04月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「置き忘れないように!」

風の強い一日でした。
細かい播種が予定されていた本科花実習に向けては、雨除けハウス内に細々とした準備を行いました。

実習はA班とB班に分かれてスタートしました。

写真 В柁匹蓮鉢上げやプランター等に用いる用土調製から開始。
「赤土と腐葉土を積層したのが最初!」「こんなに大きなフルイ持つの初めて!」
「赤土を足して〜。」「pH調整済みのピートモスを加えて〜。」
「しっかり計った肥料を均等にまぶして〜!」
混和!!です。
「土は重たくて混ぜるの大変!」 
そんなことはなかったですね。少しの技で、軽々&楽々に混和できました。
(重たい思いをすると、体力も時間も消耗します。)

写真◆用土調製を終えたB班さんは、雨除けハウスに入ってセルトレイへの播種に挑みました。
「先週少しやったけど、今日はいろんな形の種子だねぇ。」
T先生は各班を回って、それぞれの播種方法を教授されました。
「マリーゴールドは、斜め20度くらいに挿し込んでください。」
「おおっ、光が好きな種ってことですねっ?」
「その通りです。」

写真:そのころA班の皆さんは、播種を終えてインパチェンスやヘリクリサムなどの鉢上げを行っていました。
「今はこ〜んなに細かい子たちが、夏を彩るんだねぇ〜。」
その後はB班と交代して、用土調製へ。

写真ぁЬ々時間をオーバーしましたが、切花畝に移動して、T先生から品種ごとの収穫方法をジックリ教わりました。
そ・し・て〜、収穫スタート!
「キンギョソウ、すっごーい!!」「先週と全然違うねっ!」
(カメラ目線願いにお応え!ありがとうございます!)

写真ァГ海舛蕕皀爛蠅りの「集合写真」!(ありがとうございます。来年度のGAパンフレット写真かも!?)
物凄い収穫量でしたね!
「今日は皆さん懇親会があるとのことですが、大事な切花を、どこかへ忘れて帰らないでくださいね〜」、とT先生。
皆さん笑顔で「はーい!」。

 
 
 
 
 

 

2017年04月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

詳細は後日…?


朝「寒いなぁ」、と思ったのですが、平年並みの気候になってきたのですね。
どうにも感覚が狂っちゃってますねぇ。

写真 本日の生活健康科は、見学研修へお出掛け。
メインの見学先は「ひたち海浜公園」。
ネモフィラが海のように広がっているかも知れませんね。
(私:M職員はお見送りまで。
詳細については、O出主任講師かシープドック役《?》に圃場から帯同したU職員が記事を書いてくれるでしょう…。)

写真◆В家峅梗捨△離廛藹では、ヒキガエルのオタマ達が元気に育っています。
元GA敷地に学生寮が建ってから、10分の1くらいに激減してしまいました。
でも今年も、数番が子孫を託してくれました。
減農薬栽培に貢献してくれる子達です。立派に旅立って欲しいです。
メダカたちは暫く狭そうにしてますが、ガマンをお願いします。

 
 

 

2017年04月24日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

なぜか…12株。

「Y先生マジック」は、今年も効いているようです!
パラつく雨の中、Y先生が来場されて打合せをしてるうちに空は明るく!?(すっごーい!!)

本科野菜実習は、良い塩梅の薄曇りの中で行われました。
「このお天気は、最高ですね〜」、とY先生もニコニコでした。

写真 Ъ遜台にて、モロヘイヤのポット播種からスタート。
「よし!僕がやるぞ!」って気合を入れ過ぎるほど、触っても毒性はありませんから…。
(食べちゃダメですよ!)

写真◆続いて直播のものへ。
トウモロコシとインゲンを、先生から提示された作付図に従って播種しました。
「マルチの穴開けって、結構難しい…。」
「グリグリしながらやってくださいって、U職員に教わったよ。」

予定では10株のインゲンが、なぜか12株になってしまった班がひと班。
(皆さん、ジックリ見てくださいね!)

写真:トウモロコシとインゲンマメを播種した畝には、防鳥のためにネットを展張しました。
「うわっ〜、なんかプロっぽいね!」「カッコイイね!!」
ここB−2班さんだけは、「黒丸君」の代わりに「ポールパッカー」でネットを固定してもらいました。
(私:M職員が最近見つけて、「これは良いかも知れない!」と思い、Y先生にお願いしてひと班だけで試用させていただきました。
好評であれば、今後全班に採用されるかも知れません…。)

写真ぁ大玉トマトと、ミニトマト2品種を定植しました。
株元には巾広ニラを抱き合わせて、ネコブセンチュウからの被害を防ぎます。
仮支柱を立て、誘引の麻縄を結ぶY先生の手元に熱視線。
(今年の本科生は、緻密に記録を撮る方が倍増ですね。
記録は何よりの肥やしになります。頑張ってください!)

 
 
 
 

 

2017年04月21日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「今年の専科はスゴイぞっ!」

今朝は冷え込んだなぁ〜、と思ったら平年並みだそうで。
温度に対する感覚がおかしくなっちゃいますね。

表題は、専科を継続受講のG明さんの弁。
確かに今のところ晴天が続いてます。昨年度の専科実習の木曜日の「晴天」は、たった4日間でしたから…。

写真 Ю嘉群次¬邵撻魁璽垢禄娉萄遒紡臻擦掘
一部の苗の鉢増しからスタートしました。
9cmポットに植えていたものを、15cmポットへ。

写真◆Г修慮紊賄祁知仆舛琉貳嶌颪蠍紂⊆穫&直後の定植や播種に挑みました。
「オクラって、こんな間隔で定植するの?」
「3本立ちでいくんだって!?」
ビックリだらけですね。

写真:果樹コースは、ビワの袋掛けから開始。
「袋掛けしにくいな〜っていう実は、摘果しちゃっていいですよ〜」、とH多先生。
「え〜!?もったいない〜!」
「美味しいものを作るには、摘果も大事な作業ですよ。」
その後は、薬撒などの管理作業を。

写真ぁЯ隹屮魁璽垢蓮鉢上げと播種、さらには同時進行で用土作製が行われました。
播種に供用されたのは、「超」高級品種ばっかり!
「しっかり確認!」
「どこまで播いた?」
「ここ、だったかなぁ〜?」
「え〜!大丈夫?」

あと2週の晴天で、昨年の記録を超える専科の木曜日でした。

 
 
 
 

 

2017年04月20日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.