エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「身体で返していただきます!!」


ビックリの涼しさでしたが、粉糠雨。
本日夏休み授業を行ったのは、専科果樹コース、草花コースとみどりの地域づくりコースの3コースでした。
みどりさんは教室で、果樹コースは相変わらず忍者のようで捉えきれず、草花コースさんをちょこっと。

写真 Ь雨パラつく中、雨除けハウスでハボタン、パンジーにヴィオラの鉢上げからスタートしました。
「各トレイにしっかりラベルを立ててくださいね!品種までしっかり書いてくださーい!」、とO出先生。
「あ、ヤベェ。『ハボタン』しか書いてなかった。」
「ダメダメ!」

鉢上げ数が予想以上に多く、準備していた用土では足りませんでした。
かと言って外は雨…。
受講生のY垣さんが「身体で返す」条件をO出先生が飲んで(?)、用土の特別提供を行いました。
「え〜っ!?何で!何でオレ?オレが身体で〜!」
「ふっふっふ、何して返していただきましょうかねぇ〜」、と私(M職員)。
「いや〜、御無体なことを!」(大笑い!)

写真◆Р崔鼎隆浜もしっかり行いました。
別動隊は、エントランスの花壇やハンギングバスケットの管理なども。
不思議なことに花壇管理中は、殆ど降られずに済みました(日頃の行い?)。

造園有志実習は4先生が監修(主力?)!

農大は本日オープン・キャンパス(GAではオープン・アカデミー)の振休日だったのですが…
GA圃場では、専科造園コースの有志実習が熱気溢れる中で行われました。

4先生揃い踏みの豪華版。盛り上がらぬはずがありません。

写真 А崟茲困禄草!」「お〜!!」「ちょっと来ない間に、凄いことになってるねぇ。」
「我々の人数を持ってすれば、何の問題もありません!!」「はっはー!」

写真◆ШFも先生方が、様々な機器を持ち込んで下さいました。
ユニック車にダンプ車、さらにはユンボー(バックホ=)が再臨!
整地や根巻きに、大活躍でした。

写真:三時にはアイスと冷たい飲み物が用意され、おやつタイムがありました。
(これも先生方のプレゼンツ!ごちそう様でした。)

写真ぁТ萃イ辰董頑張って〜!?
各班の区割りから、作業場への防草シートの敷設、小庭園への大物(樹木)の植栽、
さらには各班の雑草対策までも行われました。

活動時間は8:30〜17:00!!
皆さん、そして誰より4先生!お疲れ様でした!

ハードな夏休み実習。

いやぁ〜、暑かったです。
陽向の温度計は軽〜く40℃を越えてましたが、専科のうち2コースの実習が行われました。

写真 Г曚楮酊躔弉茲鮟えた造園コースの皆さんは、資材の準備に取り組んでいました。
「この鉄平石、ぜ〜んぶ我が班で押さえちゃう?」
「いやー、それはあんまりでしょう。」「そうよねぇ。」「半分くらいに目印付けとく?」
限りある資材は、ケンカしないで使いましょう(?)。

なんてったってハードだったのは、野菜コースの皆さん。
10:00開始で、終了したのは13:00過ぎ。
さらにその後は、GA収穫祭の準備も行いました。

写真◆Ф皀乾泙亮穫中。
やや小ぶりでしたが、下の方の房が弾け始めたので収穫しました。
(この頃は、皆さんまだ余裕が…。)

写真:姫トウガンの出来が素晴らしい!
雨除け作業場の上空は、このツルにびっしり占領されて、とっても涼しいんです。
半分こにして全員が持ち帰り出来ました。

収穫跡地は、即施肥・耕耘と整地が行われ、次の作物が定植されました。

写真ぁГ海舛蕕禄ジャガを植付け中。
デジマとアンデス・レッドを供しました。
マルチ下に、芽を下にした逆さ植え。さらに高温にならないようにマルチの上には麦稈と稲藁を敷設しました。

写真ァГ海舛蕕寮Δ砲蓮温室で育苗したキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーと芽キャベツを定植。
「あ〜、先生〜。もう限界だよ〜。」
「う〜ん、もうちょっと頑張りましょう!もう一息です!!」「ヨッシャー!」

同時進行で、レタスやハクサイのポット播種に、ダイコンやミニハクサイの播種等々…。
お疲れ様でした!
(冷やしておいたスイカのお味は如何でした?)

「これ、な〜んだ?」

前回は、あまりの猛暑に実習内容を大幅に変更した本科の花実習でしたが、今日は実習中だけ薄曇りで助かりました。

写真 Дスミソウやダイアンサスなどの播種と、ポピー、宿根ネメシアとラグラスの移植からスタートしました。
播種はもう手慣れたもの(?)でしたが、箱播きした苗のプラグトレーへの移植に苦労しました。
「こーんな細かいのを移植するの?」
「大きくなると移植に弱いものは、このくらいの時に動かします。」
「苗を拾い上げるのさえ大変だわ。」「根が言うことを聞いてくれない〜。」
「T先生が仰るように、播くとき苦労するか、それとも楽して移植で苦労するか、なのねぇ。」
「まったくだぁ〜!」

写真◆続いてプリムラ類の鉢上げを。
「播種用土の肩が、用土から飛び出しててはいけませんよ。」
「え〜、肩って?」「デベソになってるってことよ。」「しっかり肩まで用土を足しましょ。」

写真:さて、これは何でしょう?
用土の量も、苗の深さもほぼ適切ですが…
「こりゃあプリムラじゃないですよ〜。雑草ですよ〜。」「ええっ!?」
「鉢上げしたの誰だ〜?」(大笑い!)
(お仕置きに「パチリ!」)

写真ぁР崔鼎叛擴崟Δ隆浜も、シッカリ行いました。
(同時に、少数先鋭がコリウスの剪定を行いました。)
土曜日の豪雨で倒伏したコスモスには、支柱を添えました。

写真ァЪ穫も沢山!(ナイス笑顔、ありがとうございます!)
「M職員さん、収穫した花と我が班の女性陣、どっちが綺麗だい?」ボソッとA−1班の男性…(ど、どっちもですよ)。

ムシムシと暑い中、お疲れ様でした!

秋冬バージョンへ…の続き。


写真 Г匹鵑匹鹽欝遒進みます。
支柱の類も、キレイに洗浄して仕舞いました。
「おお、『裏綾掛けイボ結び』、燃えたよなぁ。」「今結べる?」「う〜む。」

写真◆Щ榿遏耕耘、整地を行い、次回ハクサイを定植する畝にはマルチングを施しました。
「春より手際よくなったよね、我々!」「自画自賛!?」
「これだけしっかりしてれば、もう飛ばないでしょ?」「春は全滅だったもんなぁ。」
「うーん、ちょっとデコボコかも…。」「ねぇ、なんかM職員さんが厳しい目で見てるんだけど?」
(う〜ん、何班かは飛びそうな…。)

写真:播種から育てているキャベツ、ブロッコリーと2品種のハクサイの苗管理は温室内で行いました。
「よしよし、ちゃんと発芽して育ってるね。」「間引きをしっかりとね。」
「再来週には定植だよね。」「頑張るんだよー。」

ニンジンにキアゲハの卵が、たーっくさん産みつけられています。
しっかり駆除を。

ページの先頭へ