エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

ヤギの百花。

GA圃場のヤギ、百花さん。

天寿を全うして、10月29日の11時36分に息を引き取りました。
約15歳。 ヒトにすれば、120歳くらいの長寿でした。

長きにわたり可愛がってくださり、ありがとうございました。

ハクサイ大収穫!(ひと班を除いて…。)

今日も秋晴れでした。
こうでなくっちゃあいけませんよね!(明日からは、また雨とか…。ヤギの百花さんは、駐輪場に身を寄せています。)

写真 本科野菜実習、メインは何と言ってもハクサイの収穫!
品種はミニサイズの、「娃々菜」と「お気に入り」。
ひと班を除いて、欠席者分を温存して収穫されました。
台風22号対策と、今日播種すれば2月中に美味しいホウレンソウなどが採れるという二つの目的で収穫されました。
「可愛いのが採れたわよ〜。」「でも結構ズッシリしてる!」

写真◆С独匹亮遜台は、まるでハクサイ市場!?
ピッカピカに光ってました。

写真:「ひと班を除き」と言うのは、B−4班では先週アブラムシの大量発生により、止む無く農薬を散布しました。
その残留期間がまだ残っていたのです(残念)。
B−4班は、ニンジンの収穫で応戦!?
「セクチ〜なニンジンも、なぜだか出来ちゃったぞー!」

写真ぁД魯サイの収穫畝後は、施肥・耕耘・畝立てと整地がなされ、次期へ向けての播種が行われました。
播種は基本の1cm間隔…。
播種のメインは、日本系のホウレンソウとコマツナでしたね。
2月には、寒締めの美味しい葉物が〜?

GA収穫祭準備が過熱中。


思いっきり気持ち良く晴れた木曜日でした。
午前の「専科特論」に続いて、専科の各コースは伸び伸びと実習(?
造園コースの皆さんは、見学研修にお出掛けでした)。

本日は珍しく圃場で実習(なのかな?)に励んだ、みどりの地域づくりコースの皆さんをチョロットだけ。

写真 Ъ遜と言うか、GA収穫祭へ向けての準備が行われていました。
美麗なヒノキ材から、コースター用の材料を切断。
昨年は手挽きで頑張っていましたが、今年は最初からK先生の「伝家の宝刀」スライド式丸ノコが登場。
切り出したのは200以上?

写真◆А覆鵝H本さんが同じポーズだ!)
切り出したものは、バーナーで綺麗に焼き色を付けました。
「いやぁー、今日はこの作業をするにはアッチいなぁ。」
「汗が出るねぇ。」「でも、いい香りだねぇ。」
焼きを入れた後に、サンダーでバリ取りを行いました。
「角を優しくね!」

GA収穫祭では、このコースター材料をさらに加工する体験等々、様々な催しが準備されているようです。
楽しみですねぇ!

30分の間隙。


「午後には晴れ間も」との朝の天気予報は外れ、雨脚は全く弱まりませんでした。
本科花実習担当のT先生はGAに到着して、「今日は無理かなぁ」と。
既に切花定植の準備を終えていた圃場職員は、「用土作製はともかく、定植だけはゼヒにも!」と訴えました。
「よ〜し、ガンバリましょう!」と、T先生。
実習時間最終盤の30分に賭けて、切花の定植を行うことになりました!

何度も真っ青になってる雨雲レーダーを睨めつけていたら、14:20に突然雨雲の切れ間が現れました。
時間にして30分ほどの雨雲の切れ間が、世田谷上空に出現!!
(ヨッシャー!!)

写真 本科の皆さんも「あれ〜?完全防備で来たのに〜」と言うほどのありがたい空模様でした。
切花ネットの網目に沿って、先ずはポットのまま株間と条間を確認。
「整列っ!」「よーし!」

写真◆Гい仰蠖◆
今週末か週明けには、またも台風22号が接近(もしくは上陸!?)するようです。
「台風に備える意味でも、ちょっと深めの植穴を開けて、しっかり植え付けてください。
浮いちゃってるからって、上から押さえつけるのはダメですよ。」
「うっ…。」「T先生ったら、私のこと見てるのかな?」「えっ、僕のことも?」(いや〜。)

写真:時間内にキレイに(かつ予想以上の株が)定植されました。
「う〜ん、今日分かったんだけどさぁ。」
「なになに?」
「ポンチョは農作業に向かないみたいだねぇ。屈むと手元が見えないんだよねぇ」、とYさん。
(う〜ん、確かに…。)
「これも勉強だよね〜。」(お話の仕方が優しくて&ほのぼのしてて〜、回りはみんなニコニコ。)

ネイキッド…。


台風21号の直撃は凄まじかったです。
今日は、台風一過で澄み切った空を見ることが出来ましたが、風は増々吹き荒れました。

写真 В韮腺横得豌焚娘コースの鉢物コーナーでは、大量の鉢が横倒しに。
風が止まず、起こしてもまた倒れてダメージを受けるので、今日はそのままです。

専科野菜コースの千歳門圃場では、ネギの板枠栽培の板が飛ばされ、隣のレタスの畝を直撃…。
GAエントランスの専科草花花壇のベゴニアは、花が吹き飛ばされ傷んでいます。
明後日に定植を予定している本科の切花苗は、グルングルンと弄られていました。

写真◆Я蠹な被害が、本科野菜圃場にも。
ミズナはタンポポみたいに天を仰ぎ、支柱の浅かったブロッコリーはなぎ倒されていました。
ダイコンは傾き、殆どの葉がダメージを受けています。
そしてかなりの数のハクサイが、写真手前のようにネイキッド状態に剥かれてしまいました。
収穫直前に、何ということでしょう…。

ページの先頭へ