エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「今年の苗は良いねぇ!」

本日も爽やかな秋空。GA収穫祭もこのお天気は続いてくれるようです。

圃場では本科の草花実習が行われました。

写真 Ъ遜開始時、各班の実習台上にはそれぞれの班が株分けした、クリスマスローズのポット苗が置かれていました。
「さーて皆さん、その苗の状態はいかがですか?葉の茶色いのはありませんか?
株分けと移植の技術が、そこに現れているんですよ」、とT先生。
「う〜ん、我が班のは…?」(自信ありそな無さそな?「自由すぎる」B−X班さん《M職員の私感です》。)

写真◆本日のメイン実習は、切り花苗の定植でした。
「先ずは植え付け図の通りに並べてみてください。」
「え〜っと、ここは2マス空けて。」「キンギョソウは結構近く植えるのね。」

写真:いざ「定植」。
「皆さん、浅植えにならないように注意してくださいね。定植した周りの土はふかふかの状態ですから、潅水すると沈みます。
潅水して苗の元だけがポコッとデベソにならないように、少し深めに植え付けてくださいね。」
班によって切り花ネットのマス数が少し異なり、東から攻めるか西から数を数えてみるかと工夫しました。

写真ぁ本科草花圃場の「新兵器」登場。
超ロングの極太園芸ホースと、大径ハス口(はすくち)&新設のホースガイドを使用して潅水中。
大量の水を優しい水滴に変えて潅水しました。
(巻き取る時は8の字巻きでお願いします。ホースが捻じれません。
もうちょっと巻きやすいように思案中です。)

写真ァЪ遜後半は、千歳通り沿いのハンギングバスケットとエントランスのプランターの手入れ、ギボウシのプランターの移動などを行いました。

それから「GA収穫祭」に向けて、本科草花恒例の門柱の装飾を実施。
(昔むか〜し、GA収穫祭が始まったころ、本科の参加はこの門柱装飾だけだったそうな…。)

本科性の皆さん!
「今年は切り花苗の出来も良いし、門柱のベゴニアも素晴らしい。プレゼント用の花苗も良くできたねぇ」と、
T先生からお褒めの言葉を頂きました!


「やるからには!」


本科&専科の教養科目の火曜日でした。
絵画部(A)の画伯数名は、圃場内で作品に挑んでいました。

15:00過ぎから「第12回グリーンアカデミー収穫祭」に向けて、今日も熱気を帯びた活動がありました。

実行委員会の皆さんは、開催へ向けた準備を遅くまで。
準備日となる11月2日(金)のタイムスケジュールをジックリ詰めました。

写真 ◆Р敍刺瑤気鵑睨榮から準備。
「校舎内の吹き抜けを、華道部さんが彩ってくれませんかねぇ?」という、実行委員会から(言い出しっぺはスミマセン、私:M職員です…)のリクエストを受けて、大作に挑まれています。
「見ててよー。やるからには、素晴らしいものを作るからね!」(ハイ!協力させていただきます!)
GA収穫祭だけでなく、長期に渡って堪能できる作品になるみたいです。
(超楽しみです!この2枚の写真のうち、1枚は「やらせ」です。さてどちらさんが「役者」でしょう?)

「ピカピカのリーフ!」

良〜い塩梅の空模様。実習日和でした。
(Y先生担当の本科野菜実習は、雨の心配を全くせずに実習準備を行うことが出来ます。)

写真 А峅燭茲蠅盂加遒鬚笋辰弔韻討ださいね」と、Y先生。
ニンジンの発芽&生育優秀なA−4班さんでも、カラスヨトウが群で発生し、本日の収穫では随分「セクチー」なものも…。

写真◆Г海了期なのに、ハクサイにはまだシンクイムシ(ハイマダラノメイガの幼虫)が!
ネキリムシ(カブラヤガの幼虫)やカラスヨトウガの幼虫の駆除に励みましたが、
掘りあげても、ムシの存在に何故か気づかないSさん(???)。
「土と同じような色って、ずるいよね〜!」(いや、かなり違う色です…。)

写真:先週のシュンギク発収穫に続いて、本日はリーフレタスの初収穫(葉掻き収穫)を行う班がたくさんありました。
「キレイだねー!」
「ピカピカよ、おいしそうでしょ!」(ホントに美味しそう!)

写真ぁ例年は夏作終了時にキュウリの株から抽出して観察するネコブセンチュウを、本日ジックリ顕鏡。
(悲しいかな、サンプリングは専科野菜コースのNo.46畝…。)
「これは、肉眼で見えるものなの?」「大きいのは根コブを水に浸すと浮いてきて分かりますよ。」
「うわっ、コブから出てきた〜!!」「ウネウネしてる〜!」(脱出時は、結構「エグかった」ですね。)
実体顕微鏡を用いて、の30〜80倍下で観察しました。

実習終了後も、GA収穫祭に向けて準備に余念のない本科の皆さんでした。

「マスクしてるからバレないね!」(?)


10月25日は清々しい木曜日でした。
専科の皆さんは、午前中「専科特論」で、全コース同じ講義をキャンパス内の教室で受講しました。
午後は通常の実習に加え、来週末の「第12回グリーンアカデミー収穫祭」の開催へ向けての準備が行われました。

午前中から(なぜか?)カキの樹の下で、電動工具が唸ってました。

写真 Г澆匹蠅涼楼茲鼎りコースの数名が、GA収穫祭の準備をこっそり(騒音とともに)開始していました。
「あはは、みんなマスクしてて良かったね。」
「誰がサボってやってるかわかんないね!」(バレバレです…。)

写真◆直進丸鋸でヒノキ材を切るK先生と、アシストするH本さん(あ、名前出しちゃった)。

写真:午後は人数も増えて、効率も上がったでしょうか?
ベルトサンダーは休憩なしで回っていました。

「奇麗に&見栄え良く!」

昨日とは打って変わって暖かい一日でした。
こう目まぐるしく気温の変化があると、ヒトも植物も大変です。

本科の草花実習は、爽やかな秋空の元、行われました。

写真 В組匹枠上げやプランター製作に用いる、用土調製からスタートしました。
「もう何回もやってるから楽勝だよね?」
「肥料入れてからの混ぜ方って、なんか楽な方法があったような?」
「ん、そういえば教わったような…?」

写真◆В柁匹粒Г気鵑蓮夏のプランター片づけや温室内のポット苗への追肥と移動から。
「夏の寄せ植え、懐かしいなぁ。」「おっ、これは!わが班のじゃないですか!」
「夏にちゃんと観てた?」「え〜っとねぇ…。頑張って探したよ〜。」「何よそれ?」(大笑い)

写真:B班でかなり苦戦したのは、B−3班さんかも?
挿し芽実習用に育てている、フロックスのプランターの管理でしたが、雑草がびっしり。
しかもフロックスの根と絡まって、かなりの力持ちでも抜けませんでした。
「むぅ〜ん!」「握力がぁ〜。」
「あ、無理なら、地際で切っちゃってくださいね」と、T先生。
「えっ、良いんですか!?」

写真ぁВ曳峅梗室辺の整備・清掃も行われました。
バラ鉢やクリスマスローズの鉢の雑草も片付けられ、周囲の除草も(一部)行われました。
「来週はGA収穫祭だからね。お客さんに奇麗なとこ見せなきゃね!」

「花壇も見栄え良く!」と、A班さんは実習後半にジックリとメインテナンスを行い、切り花畝への支柱の設置も行いました。

来週は切り花畝への定植がメイン。その後はGA収穫祭の準備に取り掛かる予定です。

ページの先頭へ