エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「お仕置き掲載」ですぞ!

雲が広がり、今にも雨粒が落ちてきそうでしたが、さすがY先生神話は続いています。
本科野菜実習は過ごしやすい気候の中、熱気をはらんで実施されました。

写真 Д肇泪販爐力堂蠅砲弔い謄献奪リ説明中のY先生。
超熱視線が先生の手元に!!?

写真◆Д肇泪販爐隆浜後、今度は追肥とトウモロコシのアワノメイガ対策の説明が行われました。
「あ〜、うちの実家でトウモロコシに喰い込んで来てたのは『アワノメイガ』だったのかぁ〜!?」

写真:本日追肥対象のものは、すべてマルチフィルムをいったん剥がして畝肩へ施肥。
「え〜、せっかく張ったのに剥がすの?」
「はい、植物の根はもうその位置まで張っていると思いますよ。」
「剥がさないとバレるよなぁ?」
「バレバレですよ。シッカリ剥がして追肥してください!」

写真ぁЯ杼以上に早く出穂したトウモロコシには、アワノメイガ対策で初の農薬を撒布しました。
本科野菜で使用する、唯一の農薬かも知れません(そうあってほしいです…)。

写真ァР凸邵攫穫が始まりました!
B−3班では苗の若さを考えて、しっかり幼果で収穫!!
Y先生からはお褒めの言葉を頂きました!

写真ΑГ─繊▲灰船蕕蓮屬仕置きブログ掲載」いたしますA−X班です。
まだまだ幼いズッキーニ苗に、なんと長さ46cmもの果実を実らせてしまいました。
(なんと罪深い方々!でも美味しそうですねぇ。
オリーブオイルでステーキにして、チーズを乗っけてお醤油をひと振りしたら〜、ヨダレが出そうですねぇ。
来週水曜日に撤収予定の切花も、各班シッカリ収穫しました。)

「各班の個性が表れるねぇ。」

気温もそれほど高くなくカラッとした実習日和の空の下、GA専科のうち4コースが圃場実習に挑みました。
が、草花コースはキャンパス内屋上庭園へ出向き、追いきれませんでした…。

写真 Ц畫庵罎ら出動したのは造園コースの皆さん。
常盤寮西側の、草花コースが改良している緑地で敷石の実習(実習ですが、撤去することなく今後も使われるものです)。
E先生が細かく指導されていました。
「石を置く前に、柔らかくしておく場所と、型を作っておく場所があるんですよ。」
「?」

写真◆Ъ 垢縫灰弔魍个┐拭福)各班が、敷石を敷設していきます。
「各班で違いが出て面白いですねぇ。個性なんだねぇ。」
(Y先生も途中から、「見に来ただけだから」と仰りつつ泥だらけになっておられました…。)

写真ぁР娘コースはリンゴの袋掛けとビワの収穫(長崎早生は先週残した全量と、田中の一部を確認収穫)。
「ビワの甘みって、他の果実では味わえないものよね。」
「そーなんですよ!日本人ならではの繊細な甘未知に触れるものなんです!」
その後は、除草や2F鉢物ブルベリーへの防鳥対策に取り組みました。

写真ァ野菜コースはいつもと違って(?)ジックリ出動(だけどカセットコンロや蒸し器を準備…今日も何か食べるのか?)。

写真ΑД献礇イモ2品種、タマネギ、ニンニク、レタスやインゲンなど、収穫量が凄かったですね。
タマネギとニンニクの出来の良さは過去最高ではないでしょうか?
(端っこに植えさせていただいた、「エレファント・ガーリック」の出来が霞むほどの「並み」ニンニクの出来でした。)

写真АЪ穫した畝はすぐに整地して、場所によってはマルチングフィルムを展張しました。
「畝形成器」とF先生が名付けたアイディア農具で畝を整えております。
(命名「畝立て君」ではいかがでしょう?)

写真─Г修靴董頂Fも食す野菜コースでありました。
新ジャガとインゲンを蒸し、採れたてのマノアレタスを啄むという豪華メニュー!
(いや〜、新ジャガってなんでこんなに美味しいんでしょうね?ごちそうさまでした!)

「クンクン。おお〜!」

昨日5月29日の本科草花実習は、東京都神代植物公園への見学研修でした。
午前中がA班、午後がB班でしたが、各班の連絡取りまとめにより過去に例を見ないほどスムーズに出欠確認が出来ました。
(正門で誰かを待つこともなく…。本当にありがとうございました!by M職員。)

各班に園のボランティアガイドの方がお一人付いてくださるという豪華実習でした。
そしてガイドの方の3/8がGAのOB&OGの方でした!(すっご〜い!)

さつき展とバラフェスタが同時に開催されておりましたが、GA圃場では味わえない樹勢、足元の草花、不思議な成り立ちの開花、その樹や草花と日本人との付き合う由縁などをボランティアガイドさんから教えていただきました。
(面白かったですねぇ!)

バラフェスタでは、皆さん「クンクン」をお楽しみ!?
原種からの改良の歴史を知ることも出来ました。

「こんな素敵な学べる遠足なら、何度でも行きた〜い!」
(O出主任講師に伝えておきます。
私:M職員個人的には、エノキの大樹の壮観に感動したのと、新装3年目の大温室で、今年も「ダース・ベーダー(正式名:アリストロキア・サルバドレンシス)」にお会いできたのが嬉しかったです。)

本科野菜の初収穫は!?

いやー、暑かったです。気温も実習も。
東京では真夏日となりましたが、GA圃場の最高気温は28℃でした(日向では32℃…)。

本科野菜実習の課題は、本日も多岐に渡りましたね。
段々と「管理」に主軸が移ってきました。

本日の課題を挙げると〜、
トマト類・ナス類の脇芽除去、モロヘイヤの間引き(2本へ)、キュウリの下から3節までの果実・花・蕾と子ヅルの除去、エダマメ欠株への追播、そして結構難関のトマト類への雨除け栽培トンネルの設置等がありました。
地道に除草をする方も!!(素晴らしい!)

写真 Д肇泪箸力堂蠏腓と誘引中。
「花が支柱に向いちゃってるのは、グリッと捻じって通路側に向ければいいのよね?」
(その通り!ですが、一回で無理ならば次の誘引で少しずつでも。)

写真◆Д淵坑寡兵錣力堂蠏腓。
「これまだ蕾もないんだけど…?主枝は判るからその下2つの脇芽を残して欠き取れば良いの?」
「まだ花蕾が確認できない場合は、来週まで待ちましょう」、とY先生。

写真:さ〜て、トマト3品種への雨除けトンネルの設置です。
アーチ支柱(通名:キュウリ支柱)を打ち込み中。
「奥から2番目のヤツ、もうちょっと内側に打って〜。横支柱が真っ直ぐにならないから。」
「はーい、これね。」
写真のA−1班さんの様に、高さと幅をジックリ俯瞰する監督役さんがいると、キレイに並びます。
(美しいものは「強い」んです。)

写真ぁП除けのビニール(通名:農ビ)を展張。
「ちょっとこっち短くない?」 「そうだねぇ。」
「じゃあ、ちょっと引っ張って!」 「はーい!」
(すべての班でAポン小作取締役の職員による見本園(見本になってない?)のものより、ピンッと張れていました…。)

写真ァГ修靴董崕藜穫」が2班で!!ズッキーニです!
「初収穫よ〜!!」
(まだまだ野菜苗は幼稚園児か小学生です。
小さな子供に大きな赤ちゃんを産ませると、身体が大きくなれません。暫くの間、果実は早期に収穫してください。
キュウリの5節までの花や果実を除去するというのも、同様の事です。
で、「チビキュウリ」って、美味しいですよね?)

「今日も食べるわよ!」

本日も素晴らしいお天気でした。
専科のうち3コースが、圃場での実習に取り組みました。

写真 Р娘コースさんは、モモの袋掛けからスタートしました。
「いいですかぁ〜、しっかり止めてくださいよ!緩いと明日から拾って歩くの大変ですからね〜」、とМ誠先生。

写真◆Ъ穫はビワの長崎早生。
ピッカピカの果実を見せていただきました(お裾分けをありがとうございました!)

写真:草花コースは、播種班とエントランス花壇管理班に分かれてスタート。
こちらは肉体派の(?)花壇管理班。
すっごくスッキリしました!(あとはハンギングバスケットかな〜?)

写真ぁД淵好織船Ε爐筌吋ぅ肇Δ覆鼻⇒諭垢頁甜錣鮃圓辰晋紂∈埜紊飽棒原農場から頂いたミニシクラメンの鉢上げも(連絡が遅くなり申し訳ありませんでした)。
本科で経験していたことを、しっかり覚えている方が大勢いました。

写真ァ野菜コースでは、ウリ科の定植などもありましたが、今日のメイン実習はズバリ「収穫」!?
プリっぷりのソラマメにキャベツ、レタス。そして年越しのアーティチョークも収穫。
巨大な花蕾にビックリです。
「これを茹でてみて、今日も食べるよ〜!」

写真ΑД襯弌璽屬麓穫直後にジャムへと加工。
全員ニコニコの実習でしたね。

ページの先頭へ