エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「これがにっくきセンチュウなのね!」


午前中は昨日のポカポカを少し分けてほしかったくらいの、厳しい冷え込みに感じました。
午後の本科野菜実習の時には、気温はかなり上がりましたが強風に悩まされました。

写真 Г箸いΔ海箸如⊆遜最初のニラの播種は雨除けハウス内で行いました。
「おとといの花の種子に比べたら、楽よねぇ〜?」
「余裕だねっ。」
「去年のこの時期に先輩が播いたのを、我々は春に使わせてもらってたんだね。」

写真◆圃場に出て準備しておいた「ネコブセンチュウ」を顕鏡下で観察。
「えっ、この白くて透通ってるの?」「うわー、ウネウネしてるぅ!」
「これが我々の野菜を苦しめた憎きヤツなのか。」

写真:本日も収穫は盛り沢山。毎週途切れることがありません。
「ミニハクサイは美味しいよ!」「これはうちでも作りたいね。」


造園コースは、いよいよ「仕上げ」。

専科実習の木曜日。本日も4月並みの気候でした。
変な天気ですねぇ。アスパラガスが生えてきちゃいましたよ。

果樹コースでは本日も収穫ラッシュ。
デコポン、イヨカンなどのカンキツ類が大量に収穫されました。
その後は袋掛けや、マシン油散布に剪定など、じっくり管理作業が行われました。

草花コースのメインはバラの剪定。
「これが一番下の芽〜?」「もっと下にありますよ!」
施肥から接ぎ木の練習まで行いました。

野菜コースの皆さんは春夏野菜の播種からスタート。
ナス科のものはガーデンパンに、アブラナ科のものはセルトレイに播種しました。
(さて、この違いはなんでしょう?)

造園コースでは、いよいよ小庭園の「仕上げ」に入り、植栽したものの剪定や周辺の整備、クラブ発表会でのお披露目の準備などが行われました。
(授業後は新年会でしたね?)

3つの小庭園はいずれも力作揃いです。いつでもご鑑賞ください。
来週末の「クラブ発表会」へお越しの際には、受講生による案内・説明もお楽しみください。

「ふぅ、ふぅ、ふ〜。」


お久しぶりです。
令和2年に入り、またしばらくお休みしてしまいました。
申し訳ありません。

1月29日(水)は本科の草花実習がありました。
本日は「種子の精選」か課題。

ルピナス、マリーゴールド、ポピー、カスミソウ、カンパニュラとジニアの種子精選を行いました。

「ルピナスは余裕だね!」
「鞘を軽くたたいて〜。」「殻を取って〜。」
「最後に細かくなった殻を、ふ〜っ!」
「あ〜、種も飛んだ〜!」

「ポピーは難関だ。」「まさにケシ粒だもんなぁ。」

奇麗に精選された種子は、すべて「お持ち帰り」となりました。
「いま播けるものはありませんからね。しっかり播種の時期を見極めて育ててください」、とT先生。

ページの先頭へ