エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「授業開始再々延期のお知らせ」


「授業開始再々延期のお知らせ」(4月28日)

緊急事態宣言発令後の新型コロナウィルス感染状況を踏まえ、グリーンアカデミーでは、皆様の感染防止・安全確保を最優先に考え、令和2年度の授業の開始をさらに延期することにいたしました。

各科の開始日は以下の通りです。

 本科 : 6月3日(水)
 専科 : 6月4日(木)
 生活健康科 : 10月5日(月)
 選択科目  : 6月9日(火)

受講生の皆様には詳細についての文書を郵送いたしますので、お手元に届きましたら必ずご確認ください。
なお、今後の状況によっては、上記の日程がさらに変更となる場合もありますので、定期的にグリーンアカデミーのホームページをご確認ください。

皆様の健康と安全を第一に考えて対応させていただきますので、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

「早く植えてくれ〜!」


本科野菜圃場の準備ですが、昨週金曜日にトマト3品種の定植を終えました。
昨日の暴風にも耐え、一株の損傷もありませんでした。

さて続いてナス2品種とピーマン、そして甘長トウガラシの定植を!という本日だったのですが、
今夜はぐっと冷え込み冷たい雨になるとの予報。
トマトよりも寒さが嫌いなものたちなので、今日はぐっとこらえて、
明日以降に地に降ろすことにしました(作業がどんどんタイトに…)。

ここ3週間の水と温度の管理が報われ、どの苗もY先生にお褒めいただく出来栄えとなりました。
「おいおい、早く植えてくれ〜!」という声が聞こえてきます。


本科野菜実習に向けて。


開講日が遠いGAですが、いつ実習が始まっても良いように準備が進められています。
本日は本科野菜実習担当のY先生にもお越しいただき、「待ったなし」の本科野菜圃場に専念しました。

写真 Ю仆Δいら施肥・耕耘・畝立て、そしてマルチ展張からトマト類の定植まで圃場担当職員のみならず、事務担当も汗を流しました。

写真◆本科開講時に理解していただくために、O出主任講師が動画に事細かく記録しました。
体験できなくとも理解の一助になることを願っております。
(撮影用の場所以外は、事前に施肥からマルチ展張までを行っております。)

写真:仮支柱への定植を撮り終え、トマト3品種を本支柱を設置した畝へ定植しました。
ネコブセンチュウ対策のため、「広巾ニラ」最低3株を抱き合わせで定植しました。
3品種はミニトマトの「アイコ」と「イエローアイコ」、中玉品種の「フルティカ」です(美味しいですよ〜)。

本科生の来圃を心待ちにしています。

さらに美しく輝いています。

夕立のような雨っ降り。夏の様でした。

昨日は専科草花コース花壇担当のH工先生が来校し、受講生有志数名と「ソーシャルディスタンス」を確保しつつ、花壇の管理を行いました。
「何にもしなくてもキレイなのに…」、と思ってしまいましたが〜
やはりまったく「別物」の花壇に変わり、さらに美しく輝いています。

「STAY HOME!」ですが、運動も大事。

現在、新型コロナウイルス感染対策として一般の方の立ち入りを制限しておりますので、
見学ご希望の方は事前に 

シジュウカラ抱卵中。


GA圃場では、あちらこちらにシジュウカラ用の巣箱が設置されています。
2年前から専科野菜コースF先生のご指導の下で、益鳥であるシジュウカラを呼びよせようという試みです。
専科野菜コースの千歳門圃場には、た〜っくさんあります。

本圃場側には、西端のヤエザクラ、ほぼ中央のナンキンハゼの幹と、東端の圃場管理棟2Fの手すりに設置してあります。
2年前はナンキンハゼと管理棟、昨年はヤエザクラの巣箱で子育てしてくれました。

写真 ШGは管理棟2Fに巣作りしてくれてます。
1年を通して、少〜しずつヒマワリの種でおびき寄せた効果があったみたいです(優良物件?)。
すでに抱卵が始まっているようで、巣箱に入るとほとんど出てきません。
ペアの片割れは、その間あたりを警戒しています。

写真◆Шい辰燭海箸砲海料磴鯀世Εラスがいるんです。
2年前は蓋を開けられ、ヒナが食べられてしまいました。11羽もいたのに
(「優良物件」が「事故物件」に…)。
今年も同じ個体か、巣箱をカジカジして狙っている奴がいるんです。
土日に集中的に来ているみたいです。
蓋が開けられないように木ネジを2本追加したので、今のところ大丈夫です。

ページの先頭へ