エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

今日は3人

こんにちは、圃場のU職員です。
たま〜にU職員がブログを担当しています。

本日の本科草花実習は播種、鉢上げ、用土作製、切り花収穫という内容でした。
A班さんは先に用土作製を、B班さんは播種・鉢上げ作業からのスタートでした。

播種はクリスマスローズ、アネモネ、ラナンキュラスでした。
クリスマスローズは128穴のトレー、他のアネモネ・ラナンキュラスは288穴の半トレーでした。
128穴のトレーは穴が大きいので、本科でも専科でもたま〜にしか出番がありません。

鉢上げはアリッサム、ポピー、ニゲラ、ディディスカス、ギリアでした。
班によって配られている品種が違います。
ギリア、ディディスカス、ニゲラはちょっとヒョロい感じでしたね、天候の影響かな?

用土作製は野菜のプランター栽培の授業でもやりました。
あの時は土を混ぜるのに、何往復もしました。
今回は1つのフネで約80ℓの用土が入っているので、混ぜるとき難しいですよね。
でもあの混ぜ方が一番早くて楽だと思います。家でも実践してみてください。

A‐X班は、用土作製スタートしてすぐに「今日は3人しかいない、どうしよう〜」と言っていました。
3人しかいなかったのに用土作製1番早く終わっていました、さすがです。
3年ぐらい前に野菜の実習で1人しかいない班がありました、あの時はどうしようもなかった(笑)

最後に切り花の収穫でした。
ヒマワリも無くなって、収穫がだいぶ落ち着いてきました。
それでもジニア、センニチコウはまだまだキレイな色ですね。
風船トウワタの収穫がそろそろでしょうか、結構待たせてくれるじゃないか。

今回のブログも最後は写真をたくさん載せてごまかします。

今日の実習もお疲れさまでした〜。

「明日まで覚えてるかなぁ?」

台風12号の影響は、いまのところGAには及んでいません。
何よりのことです。

しかし強めの風と、時折本降りになる雨の一日でした。
そんな中、専科のうち2コースは圃場での実習を行いました。

造園コースからは、早々に簡易テントをリクエストされました。
「雨でもやるぞ!」という意気込みが!

写真´◆造園コース1班では竹垣のうち、その一つが完成しそうな勢いです。
皆さん黒のシュロ縄で、手を真っ黒にして頑張っていました。
「この墨はなかなか落ちないんだよね〜。」
「お米を研ぐとキレイになるって?」
「それじゃ『黒米』になっちゃうんじゃない?」

写真ぁВ家匹任和腓な構築物に取り組んでいました。何が出来るんでしょう?
皆さん、丸ノコ、ドリルドライバー、インパクトドライバーなど、
電動工具を扱うのにも慣れてきましたね!

写真ァЯ隹屮魁璽垢粒Г気鵑蓮⊇盤に圃場へ出動。
温室から外の苗置き場へ、ハボタンやパンジーなどの苗を移動しました。
その後には苗の鉢間広げも。

写真ΑП除けハウスに移ってからは、様々な植物の播種を行いました。
「え〜っと、これはセルトレイに播くやつで、これは鉢に…。」
名前を覚えるのも難しそうなものが沢山ありましたねぇ。
「う〜ん、明日まで覚えてるかなぁ…。」 頑張ってください!

いよいよ台風が。

皆様、この4連休は如何お過ごしでしたでしょうか?
9月19日に開催された「第1回農大GAマルシェ」は、楽しんでいただけたでしょうか?

連休明けの本日は、本科の草花実習がありました。
いよいよ関東方面にもやって来る台風12号からの前線で、お天気は降ったりやんだり。
雨除けハウス内からスタートしました。

写真 Ю茲困惑甜錣ら。
アリッサムとイオノプシジュームをセルトレイに播種しました。
この2種では難易度にちょっと差がありましたか?

写真◆В埓萓犬脇瓜に各班を回って、次に行う多粒播きをしたポピーのセルトレイの
調整(間引き)方法を教授されていました。
「抜こうとしないでくださいね。横にチョイッと。」
「これだけ細かいと、やっぱりピンセットが必要ね。」

写真ぁ続いて鉢上げです。
ダイアンサス、カンパニュラ、ルピナスやチロリアンデージーを供用しました。
「時間はた〜っぷりあります。急がないで一つ一つ丁寧にやってください」、とT先生。
「あんまり急いでやっちゃった班には、雨の中で別の実習をやってもらいますよ!」
「ええ〜!」

雨の合間を縫って播種したセルトレイやポットを温室に運び、パンジーとヴィオラの
ポット苗の除草も行いました。

写真ァШ埜紊吠狆譴任亮穫はじっくりと(?)。
「皆さん雨でも収穫はしっかりですねぇ。」
「だって素敵なんですもの!」
ヒマワリの収穫は本日で終了でしょうかね。

台風は明日関東に最接近らしいです。
被害の無いことを祈ります。

今日はダブルヘッダー…の続き。

写真 途中からU職員の姿が見えないなぁと思いましたよね?
彼は圃場の隅で、暑い中で釜戸の番を頑張ってました。
Y先生が大量のラッカセイ(おおまさり!)をお持ちくださり、その一部を実習の最後に頂こうと、
エダマメ以来の釜戸の登場でした。

写真◆葉菜類の間引き中です。
こちらの班では、発芽したのにオケラの食害で消えてしまったところへ苗を移植していました。
「チンゲンサイなら大丈夫ですよ。しっかり潅水してくださいね。」
「追い播きしてはダメですか?」
「いえ、どちらでも良いです。」
「両方やってみよう!」

写真&ぁШ埜紊縫リギリ(ちょっと時間オーバー?)で茹で上がったおおまさりをいただきました。
「うわー、大きい!」
「美味しい!」
「ビールが欲しくなるなぁ!」(ガマンガマン。)

お持ち帰り用の生ラッカセイも大量にいただきました。
Y先生ありがとうございました。ごちそうさまでした!

今日はダブルヘッダー。

本科野菜実習の金曜日。実習は午前・午後とダブルヘッダーでした!

写真 Ц畫庵罎魯廛薀鵐拭失惑櫃膨戦。
用土の再生から行いました。
Y先生は肥料等の混和の方法を、基礎からジックリ教授されました。
(草花実習でも基本に帰って生かしてください!)

写真◆Д戰咫璽蝓璽侫譽織垢鯒甜錙
強風のため播種だけは雨除けハウス内で、熱気(暑気?)ムンムンでした。
120粒の種子を出来るだけ均等に播き、ほんの少しだけ覆土をフルイで行いました。

午後は圃場での実習でした。本日も盛り沢山。
・リーフレタス、シュンギク、パクチー(2品種)の定植。
・大きなダイコン2品種の間引き 2株から1株へ
・小型ダイコン3品種の間引きは、3株から2株へ
・葉菜類、ニンジンの間引き
・葉菜類の追い播き
・除草、駆虫  等々…。

写真:リーフレタス2品種を、マルチを張った畝に定植中です。
今日はなぜか班員数の少なかったA−1班さんですが、頑張って課題はすべて完了しました。

写真ぁВ拈萓犬了愼海鮗けながらダイコンの間引き。
「大きさに差がなくて迷ったときは、軸の真っ直ぐな方を残しましょう。」
「う〜ん、どっちの方が曲がってるかしら…?」

写真ァД轡礇シャキのダイコンの間引き菜を手に
「今日のお味噌汁の具はこれ!」
「生でも美味しいそうだからどうしましょう?」

続く…。

ページの先頭へ