収穫祭日記
(オホーツク収穫祭実行委員会)

入学式とハナ道


こんにちは 菊地です。


新年度を迎えました

学科名称やら研究室名称やら人事やら
なんだか色々変わるみたい
東京農業大学HP 生物産業学部

平成も終わるもんね
転換期だ



さて、
4月4日は入学式でした
東京農業大学HP 平成30年度入学式

門を抜けた新入生の皆さんを
まず待ち受けるのは
ロータリから体育館までつづく
在校生のハナ道

部活やサークル、同好会が
新入生に飛びかからんばかりに
思い思いの宣伝をします


いやなぜ
「ハナ道」って
もちろん「花道」ではあるんですけど
入学時の私にとっては
鼻道」だったわけなんですね

鼻がグワーッて並んでるように見えて
友人の腕を引いて
一息に駆け抜けた記憶があります
(当時のハナ達へ ごめんなさい)


この日の私は 宣伝マン というより
おはようございますマシン
と化していたわけですが
皆さん挨拶を返してくださって
ありがたいことだなと思いました

親御さんの姿を見ていると
ちょっと気が引き締まるというか
よりよい組織にしたいぞというか
そんな心持がしました



来週も引き続き
第30回オホーツク収穫祭テーマ
募集していますよ

氏名、学科、学年、電話番号、
テーマとその理由をお書き添えの上
実行委員会まで






4月でも普通に雪降ってキレそう


春を愛する人は、



こーころきよきひと〜

こんにちは 菊地です。


春分を越えた本州では
桜が見頃を迎えたり過ぎたりしていると
風の便りで聞きました

まだまだ網走では桜は見ませんねぇ

でも気温は日ごとに安定してきていて
グッと外に出やすくなりました
春らしい陽気はいいですね



春と言えば

先日、銀行に行った際に
新入生らしきボーイとパパを見ました

「家具とか家電とか〜」
なんて会話を小耳に挟みながら
ささやかに春を感じました


新入生の皆さん ようこそ

卒業後かつ入学前のこの時間
楽しく健やかに浪費してくれよな



さて現在、

第30回オホーツク収穫祭テーマ
募集しております

メモリアルイヤーに
新入生も在校生も関係ない!

氏名、学科、学年、電話番号、
テーマとその理由をお書き添えの上
実行委員会までどうぞ


学内の各地に応募用紙も置いてあるよ


皆さんのご応募
心よりお待ちしております!!





本当はもっと早くに更新しようと
思っていたのですが
今月初旬はまだまだ雪の降るころにて

口をついて出るのは
「滑る」「コケる」「落ちる」…

そういうわけでした



新学期を前に掃除をしなくてはなァ

なんて
言うだけはタダね


き(らめけ)さら(なる)ぎ(ゃらくしーへ)


如月(きさらぎ)です。

受験生の一般入試も、
もうA日程は試験終了ですって。
そうかー

今は、目の前の試験がすべてのような
そんな感覚になるかもしれません。

で、実際は そうでもないです。

でも、それくらい打ち込めるって人こそ
大学で勉強すべきだと思います。

皆さんの精一杯を出せますように!
勝手に応援しています。



さて、
こんにちは 菊地です。

今月に入ってからというもの、
各本部で追い出し追い出されの催しが
開かれまくっております。


コレ 多くの方に
共感していただけると思うのですが、
自分が組織に入ったときの偉い人って
その先もずうっと頭に残りますよね。

その後 実際に活動する中で、
いやが上にもスゴさを感じさせられます。

だから こうゆうときは決まって、
心じゃ叫びます

追い出させんなー!!

これから先、色んな場面で感じるんだろうなぁ
迷惑な話です。まったく。


というわけで、
晴れて実行委員会から追い出される皆さん
大変お疲れ様でございました。

どうやら世間とは、
つらく、険しいものらしく、
ここへもそう簡単には戻れますまい。

しかしながら、
きっとどこかで経験を活かせるはず。
本祭直前の苦労を思い出して。
今度もうまくやれます。

今後のご活躍を深く深く深くお祈りして
皆さんを追い出したいと思います。

ありがとうございました!



またね!




そうそう
これ2018年初めてのエントリでした。

本年もどうぞよろしくお願いします


慰み労う会



しらゆきもしらぬものとはしりながら
 つもりてこおるみもしらざらむ




こんにちは 菊地です。

冒頭の和歌はというと、
不肖私めが詠んだものでございまして。

「(遠く暖かいところにいるあなたは、)この降る雪を知らないとわかっているけれど、
 雪が積もって木の実が凍るということも、あなたを想って流した涙が凍って動けない私のことも、知らないでしょうね」

と、訳はこんなところでしょうか。

寒さは人をかくもおかしくさせます。
をかしくも ね、 \どっ/



さ て 、

去る11月24日には
体育祭、本祭、オホーツク農大マルシェの
合同慰労会が行われました。
 ⇒オホーツク農大マルシェfacebook

挨拶もそこそこに、
飲んで食っての大盛況でございました。

人によっては、飲んで飲んで、でしょうか(笑)

  当日の様子はこちらでも見れます。
  ⇒キムワイプに愛を…(動物バイテク研究室ブログ)

会のおしまいには当日の写真が披露され、
和やかな雰囲気にてオヒラキとなりました。

ご出席いただいた皆様、
勿論そうでない方も、
運営に関わってくださった全ての方々に、
改めて感謝の意を表したいと思います。



余談です。

冒頭の歌の「み(実)」は
ナナカマドの赤い実をイメージして
詠んだものです。
 ⇒ナナカマド-Wikipedia

道内、東北の様々な自治体が
市町村の木に指定しているそうな。

そんなナナカマドの花言葉は、

用心」「慎重」「安全
と、さながら冬の交通安全標語だこれ

車に乗る乗らないに関係なく、
被害者にも、加害者にもならずに、
この季節を乗り越えましょう!

既になった人は二度とならないようにな!!


それでは、


第29オホーツク収穫祭 本祭2日目


こんにちは、模擬店本部のチカです!
本祭2日目についてのブログ更新、
大変遅くなり申し訳ありません。

本祭2日目、模擬店本部の目玉である「もちお菓子まき」が行われました!
今年初めて「もちお菓子まき」を見ましたが、見ているだけでも、とても楽しかったです
参加者の方だけでなく、まく側の本部長の先生・委員長も楽しそうでした

特別企画本部の担当である「鮭掴み体験」も本祭2日目に、行われ賑わっていました
来年は私も体験したいです!

他にも「ガラポン」「YOSAKOIソーラン」「農大賞」などなど本祭2日目も盛りだくさんでした

今年も閉会式のあとにキャンプファイヤーをみんなで囲んで、大根踊りをしました!
大根踊りの後、花火も行われましたが、今年はすごかったです
実質、横から見るか、上から見るかを体験できました!
今年の花火は音楽に合わせて打ち上げる形式で行われ、勢いがすごかったです

今年度初企画が多く、来年も行われるかはわかりませんがオホーツク収穫祭30周年に向け、来年度も頑張ります
最後に、第29回オホーツク収穫祭にご来場いただきありがとうございました。
来年度もよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ