情熱ひろば
(国際農業開発学科)

山手線、1編成の先頭車両から一番後ろまで東京農大!

8月16日(水)よりJR山手線1編成すべてが、東京農大。8月31日までです。お見逃しなく。開発学科で研究しているパンノキの実も迫力ありますよ。
出会えたらラッキー!

キャッサバを市場で買う

料理用のキャッサバ粉を、ベトナムの市場で。鹿兎印というブランドらしいのですが、ウサギがちょっとかわいくないかも。

キャッサバを下から眺める

キャッサバのイモは、食べるためだけでなく、国によってはむしろバイオエタノールやでんぷんを取るためお工芸作物として重要です。ベトナムでの調査、いつもは、葉っぱばっかり観察するのですが、高さがすでに背丈を超えているキャッサバ畑、下から見るとどうなるか、撮影です。雑草も生えておらず、日差しも和らぎ、いい感じ。

街角のマンゴスチン売り

急速に開発が進むホーチミンですが、マンゴスチン、グアバなどのジュース、たばこ、お菓子、宝くじ、フランスパンのサンドイッチなど、もろもろを売る人たちがいて、旅情を味わうことができます。一日にどのくらい売れればハッピーなのか、そのあたりも知りたいのですが.......。

レトロなレストラン in ホーチミンシティ

経済発展著しいベトナム。ホーチミンシティも建築プーム。一方、50年前の雰囲気を味わえるということで人気のレストラン。半世紀前のランプや鍋、食器入れなどを使いつつ、 メニューやサービスはおしゃれというコンセプトです。ジュースは、ストローではなく、昔のように空心菜の茎が使われていました。

ページの先頭へ