情熱ひろば
(国際農業開発学科)

学科教員の送別会

この三月をもって東京農大国際農業開発学科を゛ご卒業゛される弦間先生、斎藤先生、辻先生の送別会が、3月18日に開催されました。先生方にはありがとうございました。これからも折々、開発学科にお出かけお待ちしています。

トマト栽培開始!

アメリカに留学中の、真田先生から、おたより頂きました。

『情熱ひろばフロリダ支部の真田です.

イチゴの栽培時期がそろそろ終わり,これからはトマトやピーマンの栽培時期です.

私の所属する研究室でも,数日かけて1000株以上のトマトを畑に定植しました.

昼間は30℃近くまで気温が上がり,日差しも強く,しっかり日焼けをしてしまいました.

日本でもよく見かける写真のような日焼けのことを,アメリカでは「Farmer’s tan」と言うそうです.

写真は上から,1_定植苗の写真,2_圃場の様子,3_日焼けのあと(Farmer’s tan))です。』


蓮の葉 Lotus leaves

美味しい中華粽を包む蓮の葉は、乾燥品を中国から輸入しているようです。生であれば、季節の蓮の葉、秋の色づいた柿の葉、もみじ等を扱っている業者さんもあるそうです。

こんな村にも A stilted house

マレーシア スランゴール州はピューターの工芸品で有名です。ピューター(Pewter)というのは、錫(スズ)にアンチモン等を加えて扱いやすくした合金の一種で、スランゴール州は錫の産地だそうです。
これは、ヤシの木の下の高床式の家をデザインしたマスタード入れ。調査などで、こういう感じの村にもお邪魔しましたっけ。

鹿と猪 Jibie

で、流行のジビエ。というよりは、お店の感じは野趣あふれる焼き鳥屋みたいでしたが、おいしかったです。豚コレラで猪の立場も大変ですが。(このほかに、鳩、マガモ、ウサギ、エゾシカ、さらにヤギやヒツジとか、ラクダとか、カンガルーとか、ダチョウとか、エミューとか、スッポンとか、サンショウウオとか、ワニとか、ヘビとか、カエルとか、カブトガニ、鯨だけでなくイルカとか、缶詰ならクマとか百々とか、食べたことあります。魚とか昆虫のリストは別として。)開発学科の教員に、どんな珍しいものを海外調査などで食べたかを聞いてみると、話は止まらないかも。

ページの先頭へ