情熱ひろば
(国際農業開発学科)

生姜入りのチョコレート カンボジアから

カンボジアのバッタンバンというところで、院生や学生さんも加わっての研究プロジェクトが行われています。バッタンバンの名産の一つが生姜だそうで、生姜入りチョコレートが国際空港で売られていました。生姜のパウダーが入っているのかと想像していたのですが、実際に開いてみると、生姜スライスがたっぷりと。

バッタンバンには女優アンジェリーナ ジョリーの別荘があったり、古い遺跡があったり、映画キリングフィールドのもとになった現場があったりするそうなのですが、農大メンバーはほとんど、畑と研究室の往復です。

ホームカミングデー

ホームカミングデーのイベント、三代が農大で学んだ親子を表彰する、親子三代表彰5家族には、開発学科で学ぶ関根さん一家も表彰されました。また、研究で農大に貢献した教職員として貢献賞が、熱帯の野生動物研究の専門家である生物資源開発学科の松林先生に授与され、講演もありました。さらに、今年からはじまったベストティーチャー賞7名のおひとりとして、開発学科中曽根准教授が受賞。さらに、特別記念講演は陸上競技の 為末大氏。自分自身の限界を自分で作ってはいないか、と気づきのあるご講演に、だれもがうなづいたところでした。最後は、全學応援団の演武です。今年の団長は開発学科生。ということで、開発学科の卒業生にもうれしホームカミングデーとなったことでしょう。

今日はスペシャルイベント ホームカミングデーです

今日は、創立記念を祝う会・第18回東京農大ホームカミングデー です。大学のHPもごらんください。どなたでも、ふらりと参加できます。学生さんも、どうぞ!

http://www.nodai.ac.jp/graduate/17/
 
 本年度は恒例の親子三代表彰と農大貢献賞授賞式、ベストティーチャー授賞式、貢献賞受賞者講演のほか、特別記念講演「ハードルを越える」と題して、特別講演者にスプリント種目の世界大会で日本人初のメダル獲得者として著名な為末 大(ためすえ だい)さんが講演されます。
平成30年6月16日(土)
13:00〜 開会(※12:00〜受付開始)
東京農業大学世田谷キャンパス
百周年記念講堂
特別講演 『ハードルを越える』
講演者 為末 大氏
(元プロ陸上競技選手、Deportare Partners 代表)


卵 玉子 egg

台湾の卒業生から、6月15日から端午の節句ですと、お便りが。日本とは時期が違いますね。ドラゴンボートレースや粽を食べる習慣があります。さらに、端午の節句には、卵が立ちます、お試しを!とのこと。卵が立つというと、立春も、そう言われますが、端午の節句も試す価値がありそうです。なにしろ、正午に卵を立てることができると、一年間は幸せだそうです。
画像は、その店名も"egg"で味わったこだわりの玉子料理の数々。

7名のベストティーチャーの皆様 おめでとうございます

今年から新設された2018年度東京農業大学「ベストティーチャー賞、栄えある7名の一人に、開発学科の中曽根先生が選ばれました。
おめでとうございます

6月16日土曜日に開催される「創立記念を祝う会並びに第18回東京農大ホームカミングデー」において、学長から、「東京農業大学ベストティーチャー賞」の賞状と副賞が授与されます。
学科や研究室の学生さんも、ぜひ授賞式で大きな拍手を。

ページの先頭へ