情熱ひろば
(国際農業開発学科)

2020年10月4日オンラインセミナー 一杯のコーヒーで国際貢献

10月4日のオンラインセミナーのトピックスは国内にいながら国際協力に携わる

キーコーヒー株式会社の折原さんのテーマは、一杯のコーヒーから国際貢献。

キーコーヒーには最低価格保証をして開発途上国の労働条件や環境条件を改善する商品=フェアトレード商品のほか、環境に配慮した栽培方法で行われる有機栽培JAS認証商品、生物多様性を重視し、そこで生活する人々の暮らしや経済を支えるレインフォレストアライアンス認証商品などが販売されていることをお話くださいました。

こういう商品を開発・販売することで現地のコーヒー農家の方の生活や環境を整える国際協力に繋がるんですね。学生時代は多くの途上国への渡航経験があり、その中で受けた日本とは違う貧困など衝撃があったそう。その時の思いは今の仕事に繋がっています。

日本の企業が販売する商品を国際協力につながるものにしていくのも、国内にいて国際協力する方法です。

宮古島で大学院生がヤムイモの試験実施中

コロナの中でもNo Food, No life
沖縄県の宮古島にある農大の農場で開発学専攻の院生がヤムイモの試験を実施しています。

大相撲秋場所 優勝 正代くんおめでとう

昨日の千秋楽で見事優勝を決めた正代くんは、実は農大 国際農業開発学科の卒業生。
2年生の時に学生横綱になりましたが、農業実習も一回も休まずきちんと参加していました。花卉の専攻だったのですが、大きな手で小さな花の種をまいたり、苗の移植をしていたんです。

相撲部3人が同じ花の専攻でしたが、とても仲が良く、相撲部の話で実習の合間の時間を盛り上げてくれていたことを思い出します。

おめでとう!農大の化粧まわしでしたね。


2020年10月4日オンラインセミナー ゲストスピーカー

2020年10月4日(日)14:00~16:00
オンラインセミナー 国内にいながら国際協力の仕事に携わるでお話いただくゲストスピーカーのご紹介です。

男性、女性、大学院生と多彩です。
国際協力に携わりたい方、就職まで考えた時、どうしたら国際協力に繋がるのかわからない方、きっとヒントがあるはず。
お申し込みはこちらから

2020年10月4日オンラインセミナー 日本にいながら国際協力の仕事に携わる

この10月4日(日)に、国際協力への関わり方を考えた際、国内にいながら国際協力に携わる方法は無いの?
そんな疑問におこたえするために、国内の企業に働き、国際協力に携わっている方々にお話ししていただきます。
大学卒業後の就職を考える上でも重要なお話が聞けるはず!関心のある方はぜひご参加ください。

この度お話いただくのは
コーヒーマーケティングに関わる 折原拓郎さん(キーコーヒー株式会社)
社会問題をフェアトレードで解決する 内山沙綾香さん(ボーダレスジャパン)
学生のうちに起業し国際協力する大学院生 原 健太さん(ケニヤの医療マーケティング展開企業 株式会社アフリカスキャン他)

日時:2020年10月4日(日)14:00〜16:00
開催方法:Zoomによるオンライン開催
費用:無料
登録:要事前登録
下から登録してください。
登録はこちらから

ページの先頭へ