情熱ひろば
(国際農業開発学科)

稲刈りに Rice harvest

エチオピアからの留学生Wubnehさんが、応用生物科学科の学生さんや、稲花小学校の先生方とに合流して、稲刈りへ。雨でしたので、時間的にはちょっとだけでしたが、先生方の解説、農家の方のお話を聞くこともできました。

海外で学会発表

海外に旅行したり、実習に行ったり、留学したりする開発学科生は結構います! が、海外で学会発表するには、大学院でのしっかりとした勉強が必要です。大学院生の海外での学会発表については、大学院からの経費支援(最高10万円)があります。今年も、開発学専攻の14名がマレーシア、ベルギー、アメリカ、イギリス、そしてタイで開催される国際学会に参加し発表する支援を得られることが発表されました。
おめでとうございます!

画像はキャッサバの葉の超薄切片像(電子顕微鏡観察)

舞茸 Huge Maitake-mushrooms

美味しいので、山で見つけると舞いたくなるほど? という舞茸。栽培の技術で、両手ほどのサイズの舞茸も売られてます。立派さにびっくり。

アルゼンチンから

日本の会社に就職し、アルゼンチンの農場で働いている卒業生が、後輩をリクルートに来学。アルゼンチンの広ーい農場を管理している姿に、ファン(?!)になった人も多いようです。世界で活躍する開発学科の先輩に、続きたいですね。

SDGs 地球を保護し、すべての人に平和と豊かさを

UNDPの SDGs ピンバッジ。持続続可能な開発目標(SDGs)は、「貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすること」を目指す普遍的な行動を呼びかけるもので、2016年にスタートしています。

開発学科の学びや研究とも関わりがたくさんあります。

ページの先頭へ