情熱ひろば
(国際農業開発学科)

卒業生が受賞

本学を卒業し、開発学専攻の博士特別研究員としても滞在したことのあるフィリピンのアルヴィンディア博士(Dr.Dionisio G. Alvindia) が、バナナの貯蔵病害に関する研究論文によってフィリピン農務省農林水産近代化研究開発賞を受賞しました。写真左から3人目、賞状を持つのがアルヴィンディア博士です。彼は、開発学科に滞在中、研究だけでなく、大学院生や学部生の指導もしてくださっていました。英語で行なわれる学生実験はわかりやすく、評判でした。おめでとうございます!!

アメリカ農業実習説明会&帰国報告会

10月28日火曜日16:30−19:30
アメリカ農業実習説明会&帰国報告会(大学本 部4F:大会議室)国際協力センターが開催されます。
興味のある人、ぜひ!!
当日は、アメリカ農業実習でお世話になっているIFAAの福田 晃さんが来日し出席されます。
なお、IFAAでは同様の形式でカナダ実習受け入れの可能性もあるとのことで、当日、希望の学生がいれば相談にのって頂けるそうです。

宮古島での実習便り2

宮古農業実習3年生第3班43名は、病気・怪我もなく順調に作業をこなしております。
昨日10日(金)は予定通り、夕方17時から1時間かけて、農場直近の砂浜海岸の清掃作業を行いました。
テレビ局と新聞社の取材の下、農家12戸、学生全員および教職員は、4つに分類したビニール袋を持って海岸ゴミを拾い集めました。
「空から見るきれいな砂浜がこんなにも汚いのか」と驚きの声を上げながら学生たちは一生懸命作業に取り組みました。
拾い集めたごみは2トントラック5台分位にもなりました。

宮古島での実習便り1

宮古農業実習3年生第3班43名(男子30名、女子13名)は、昨日(9日)全員無事到着しました。
心配しました天候も今日は青空が広がり、早速これから全員農作業をスタートさせます。期間中の天気は大丈夫そうです。
明日10日(金)夕方には、海岸の清掃作業も予定されております。

開発学科のヤムイモ研究がNHKで放送されました

「おはよう日本」(NHK)にて放送のお知らせ

開発学科の志和地教授と大学院生のバビルさんのVTRが
ワールドリポートという枠で、
あす(10日)朝6時〜6時30分の間と、
朝8時〜朝8時12分の間のあわせて2回放送されました。

悪条件でも生育するヤムイモで食料の安定供給をはかるための研究に取り組んでいることが取り上げられました。

ページの先頭へ