情熱ひろば
(国際農業開発学科)

調査で見たネパール13

ネパールの山村における野菜普及。農家の主婦グループにブロッコリーの栽培法を普及中。普及員にとってはこの村まで行き着くのが一苦労だ。未舗装の山道を散々バスに揺られた後、長いつり橋を命がけで渡り、水田のあぜ道を汗だくで歩いた末ようやくたどり着く。

調査で見たネパール12

ネパールの中国国境に近い小さな町の八百屋には、輸入されたリンゴが並べられていた。その横には小さな大根がおかれ、その上には、何やら得体の知れない蛇状のウリの様なものが横たわっていた。スネイク・ゴードとか呼んでいたが、試食の機会を逃した。

調査で見たネパール11

ネパールの山の中の小さな町を走るバスは、周辺から集まる農家の人々や、売るためにつれてこられた鶏や、農産物などで一杯である。

調査で見たネパール10

ネパールの山の中の小さな町は、周辺農村からの農産物の集出荷の中心地である。

調査で見たネパール9

ネパールの山の中腹には冷たい水の流れる沢があちこちに見られる。そこから水を引いてきて、日本から技術移転された養鱒場があった。そこで出会った母子は我々を日本人だと知って大歓迎してくれた。

ページの先頭へ