情熱ひろば
(国際農業開発学科)

謝恩会

卒業式の後は、謝恩会を行います。
青山でお世話になった先生方をまねきます。
謝恩会には女子は卒業式の時と衣装を替え、さらに華やかな雰囲気になります。
ここでは男子がエールをきって、青山ほとりも全員で踊ります。

研究室ごとの卒業証書の授与式

開発学科の学科での卒業式が終わると、所属していた研究室で学生一人一人に卒業証書が研究室の教員から授与されます。
親しい先生からの授与式ではみんな笑顔がこぼれます。
研究室に入ってから衣食住をともにした仲間とは別れがたく、男女を問わず涙が出てしまいます。

開発学科卒業式

3月20日は東京農業大学の学部と大学院の卒業式でした。
博士後期課程を修了し博士になった学生は緑色のガウンをまといます。開発学科には女子もいますが、袴を着ている人が多く、とても華やかな雰囲気です。

博士前期課程を修了した学生は修士、学部を修了した学生は学士となります。
4月からそれぞれの人に新しい環境が待っています。
ここで学んだことを社会に活かしてくれることでしょう。

食料安全保障研究会公開セミナー アフリカの食料:ヤムイモ研究の現在

(特活)アフリカ日本協議会の食料安全保障研究会公開セミナーのお知らせ

食料安全保障研究会公開セミナー
アフリカの食料:ヤムイモ研究の現在
 −Orphan Crop研究に取り組む人たち−

【セミナーの概要】
アフリカの熱帯地域の重要な食料の一つヤムイモは、全世界の生産量の97%以上がアフリカ大陸で生産されています。このことは、温帯に位置する多くの援助国が熱帯のヤムイモについてほとんど理解していないことを意味します。
近年、地域の気候、土壌、植生などの環境、住んでいる人々の食慣習に応じた食料増産をめざす取り組みが強化されるなか、昨年末、ヤムイモに関する初めての国際ワークショップがチューリヒ大学で開かれました。
今回のワークショップでは、日本におけるヤマノイモ栽培の経験を援助に生かすことを提唱しチューリヒ大学のワークショップに参加した東京農業大学の志和地さんに、このワークショップで明らかにされたヤムイモ研究の現状と課題、そして可能性を紹介していただきます。

講師:志和地 弘信さん
東京農業大学教授
日時:2009年3月18日(水) 18:30〜20:30
会場:環境パートナーシップオフィス EPO会議室
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
最寄り駅
表参道駅(東京メトロ:銀座線、千代田線、半蔵門線)
渋谷駅(JR、東急、京王井の頭線、東京メトロ)
資料代: 会員400円 一般800円
問い合わせ:AJF事務局 担当:斉藤
電話:03-3834-6902
      e-mail:
申込:準備の都合上、名前、所属、連絡先を明記した上、AJF事務局へ送って下
さい。
問合・申込先:AJF事務局(担当・斉藤)
○事務局電子メール:
○ウェブサイト:http://www.ajf.gr.jp
○事務局電話:03-3834-6902、FAX:03-3834-6903
○住所:東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル2F

NHK BS 地球アゴラに開発学科の学生と卒業生出演4/19

NHKBSの「地球アゴラ」という番組にに開発の学生と卒業生が出ます。東京渋谷のスタジオから、地球のいろんな場所とインタネット中継でつなぎ、今、動いている旬なトピックを取り上げる情報番組です。食糧問題に関心のある人、開発学科に興味のある人、必見です。

https://www.nhk.or.jp/agora/

4月19日「イモが地球を救う」というテーマで午後10時10分からの放送です。

▼ナイジェリアの国際熱帯農業研究所 菊野日出彦(平成8年卒) (ネット中継)
▼東京農大からバビルくん(国際農業開発学専攻博士後期課程1年)(ネット中継もしくはスタジオ出演)

ページの先頭へ