情熱ひろば
(国際農業開発学科)

調査で見たネパール9

ネパールは山の国。農家訪問の後、見送ってくれた農家の人々に再会を約束した。農家の皆さんの、農業開発にかける日本への期待の大きさを実感したひと時である。

調査で見たネパール8

ネパールは山の国。静かに見下ろすと、風に乗って沢の流れが聞こえてくる。微かなこの音はこの村の人々の命を何世代にもわたって支え続けてきた“流れの精”のささやきかもしれない。

調査で見たネパール7

ネパール農業開発協力。カリフラワーを普及中の農家を訪ねた。見晴らしのよい段々畑で、農家の主婦が働く傍ら主人たちは説明に一生懸命であった(ベルコット村の人々と)。

調査で見たネパール6

ネパール山村に住む一家の買出し帰りの風景。一家はバスを利用するが、バス通りから離れた村の居住者は数時間の徒歩に頼る。

調査で見たネパール5

ネパールの農業開発活動の一環として農家を訪問し、農家の人々と意見交換。この農家は普及のために選ばれた協力農家で、壁には多くの普及関係ポスターが貼られており、近所の農家の皆さんや子供たちまでもが参加してくれて、賑やかな意見交換会となった。

ページの先頭へ