情熱ひろば
(国際農業開発学科)

ベトナムで調査した農家の養蜂1

 国際農業開発学科 地域農業開発研究室のベトナム農家調査(期間2007年8月7日〜8月14日の8日間)に同行した際、訪れた農家で現地のミツバチを使った養蜂を見ることができました。私たちは、紅河デルタ中間丘陵地にあるBac Son行政村で、農家の経営実態調査を実施しました。
 下の画像は調査した農家の養蜂場です。

マレーシアで学会(ISSAAS)発表6

Conference Dinnerではそれぞれの国の伝統的な衣装を着て参加しました。日本からは着物や浴衣を持参してDinnerに着て参加しました。東南アジアの人は着物を見るのが初めての人もおり、一緒に写真をとったりたくさんコミュニケーションが取れました。

マレーシアで学会(ISSAAS)発表5

またそれぞれの国が舞台で歌が踊りを披露しました。

マレーシアで学会(ISSAAS)発表4

2日目の夜にはConference Dinnerも開催され、マレーシアの料理と伝統的なダンスを見て楽しみました。

マレーシアで学会(ISSAAS)発表3

2日目にはポスター発表もあり、研究について意見交換ができました。気候帯や環境の違う海外の方からの視点や考えも吸収できました。国際学会ならではです。

ページの先頭へ