情熱ひろば
(国際農業開発学科)

留学したい人、ぜひ参加を!

短期派遣報告会(タイ、中国、メキシコ、フランス、台湾など)が以下 のように行われます。
興味のある人、是非参加して下さい。

4月23日水曜日16時半から学術フロンティア会議室
4月24日木曜日16時半から百周年記念講堂
です。

富士農場でオリエンテーション

4月7〜8日に1年生と上級生、学科教員全員で富士農場にオリエンテーションに行きました。
バスでの自己紹介では海外での生活をした人、東北、関西の人などバラエティに富んだ新入生がいることを知って、みんなうれしそうでした。
夜は上級生や教員を囲んで研究の話、留学の話、海外農業実習の話…たくさんの話を聞くことができ、刺激的でした。
女子はほぼ全員で、一部屋に宿泊し、夜遅くまでおしゃべりを楽しみました。
たった一泊ですが、一挙に皆が仲良くなった感じです。

タイで調査した養蜂農家3

彼が飼っているのは、現地の在来種ではなく、世界で広く使われている西洋ミツバチでした。
画像は人工花粉に群がるミツバチです。

国際農業開発学科 地域農業開発研究室2年 福原 保

タイで調査した養蜂農家2

この方は、タイでは有名な養蜂家で、私たちが行ったときも、小学生たちの勉強会が開かれ、テレビ局の取材まで来ていました。彼は、20年は高校教師で、定年退職後養蜂を始め、その後ずっと営んでいるとのことでした。

タイで調査した養蜂農家1

ベトナムに引き続き、地域農業開発研究室のタイ農家調査(期間2007年8月31日〜9月8日の9日間)の際に訪れたタイの養蜂家を紹介します。私たちが農家の経営実態調査を行ったのは、チャオプラヤ河デルタ上流域にあるSing Buri県ですが、その隣のLop Buri県の養蜂家の方のところへ、伺いました。
 下の画像は調査した養蜂家と私たち調査チームです。

ページの先頭へ