情熱ひろば
(国際農業開発学科)

大学院 国際農業開発学専攻 説明会をします

東京農業大学大学院 大学 
国際農業開発学専攻説明会のお知らせ

下の通り、東京農業大学大学院 国際農業開発学専攻の説明会を開催いたします。
関心のある方は、ご参集ください。在籍する大学や学年は問いません。事前の申し込みも不要です。

日時: 7月7日(月) 7月11日(金) 8月2日(土)
        各回とも午前11時30分から1時間程度

場所: 国際農業開発学科 学科事務室

お問合せ先: 東京農業大学 国際農業開発学専攻
          農業開発政策研究室  杉原 たまえ
電話 : 03-5477-2400
e-mail : 

ブラジル移住100周年記念イベントのお知らせ「東京農大生のブラジル移住の半世紀」

「食と農」の博物館では、ブラジル移住100周年記念関連の展示を三簾先生 のご尽力で開催中ですが、関連イベントが下記のように行われます。どうぞ、 学生、院生などへのご案内をお願いいたします。

7月26日(土) 13:30〜15:00
「東京農大生のブラジル移住の半世紀」

講師: 小野 功(東京農業大学名誉教授)
日時: 7月26日(土)13:30〜15:00
場所: 東京農大「食と農」の博物館 1F映像コーナー 
参加費: 無料・自由参加
「カイピリーニャ」を食べよう!
※ 講演会のあとにお配りします。


「食と農」の博物館 夏秋

ケニヤの青年海外協力隊隊員(環境教育)よりお知らせ

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
日本は梅雨に入られた頃でしょうか?
ケニアは寒い時期に入りました。
現在隊員総会のためにナイロビに上京中ですが、さすが標高1800m!
今日はセーターとマフラーを着ています。

 さて、以前ツァボにいらしたゾウの研究者である中村千秋さんという方をご存知でしょうか?
 生協にも中村さんの『アフリカでゾウと暮らす』という本がありましたが、現在拠点を日本に移して活動されていまして、講演会をされるそうです。
 中村さんは個人でコミュニティーベースの支援をされていたので、開発学科の学生は興味があるのではと思い、ご連絡させていただきました。
またご連絡いたします。
中村さんの講演情報
http://www.eco-tour.jp/view.php?id=J0804280009#
http://www.adventure-guides.co.jp/ag%20web3.data/pamphlet/20080618event%20nakamura%20chiaki.pdf
 【JICA青年海外協力隊(JOCV)ケニア−環境教育】
田中 綾子(TANAKA AYAKO)

宮古島でのプロジェクト研究が

開発学科では学部研究プロジェクトで宮古島で環境保全型農業の推進の研究を行なっています。
その中で農家さんの土壌調査をして、土壌診断を行なってもいるのですが、そのことがJTA(日本トランスオーシャン航空)の機内誌Coralway2,008年5/6月号にも取り上げられました。
宮古島エコアイランドへの挑戦の中で
「そんなに有機農業に関心があったわけではないんです。しかし、後輩に『私たちの大好きな農業が島の地下水を汚している』と聞いたのがショックでね」と話す、調査に協力して下さっている農家の方のコメントが出ています。

テーマは国際協力を目ざしての大学院進学

JICA広尾センターでH20年度青年海外協力隊第3回進路開拓支援セミナーが行われます。

テーマ:国際協力を目ざしての大学院進学

日時:6月19日(木)18:00-18:50

場所:JICA広尾センター301

講師:東京農業大学 志和地弘信 教授

ページの先頭へ