情熱ひろば
(国際農業開発学科)

宮古島でのプロジェクト研究が2

先日、投稿した雑誌の掲載ページです。

環境にやさしい農業を推進し、地下水のきれいな島にしたいと取り組んでいる農家さんの写真が出ています。

トルコ アグデニス大学農学部長 大学訪問

トルコ アグデニス大学の農学部長が国際農業開発学科を表敬訪問し、学科や大学内の施設を見学されました。
学科のOBの吉原久雄さんがJICAシニアボランティアとしてトルコに滞在していたことがあり、その繋がりで今回のご訪問となりました。
大学の講義棟、実験棟、バイオマス・リサイクルセンターを見学し、トルコの農業について開発学科の学生に講義をしてくださいました。

トルコでも大学の食堂ごみからバイオマスを回収するメタン発酵装置を既に建設済みで、これから稼動予定とのことでした。農大のバイオマス・リサイクルセンターでもコストのこと、回収されるエネルギーのことなど熱心に質問されました。

日本のネパールでの国際協力ルーツは・・・

ネパール国における東京農業大学ラプティ実験指導農場の活動

―40年前の設立の理念とその活動を振り返って―

S41年卒の前田昭男氏 です。



ラプティ農場で実習していた卒業生達は現地でそのまま専門家と協力隊員に身分を変更して、日本のネパールでの国際協力がここからはじまりました。



是非皆さんもご参加ください。

ページの先頭へ