情熱ひろば
(国際農業開発学科)

厚木実習 野菜班2

可愛いトマトの花と実です。

厚木実習 野菜班1

あっという間に、トマトもキュウリも巨大になります。

農業実習 野菜班

2年生の厚木農場での実習、6月の第一回 野菜班は、トマトやキュウリの剪定や除草をしました。
そして、トマト、キュウリ、ナス、そして、ソラマメの収穫も。ソラマメのおみやげ、美味しく料理できたでしょうか。

先生の指導を受けて、腋芽の位置を確認します。間違って剪定したら大変です。

植物のお医者さんになるべく研修旅行2

次に、果樹研究所では私たちが美味しく、豊かな栄養が取れるように品種改良を行っている現場を訪ねることができました。

きれいに海が見えるところに位置した旅館では盛り上がった楽しい時間を過ごし、さらに結束を固める良いチャンスとなりました。
二日目は茨城県植物園で病害虫発生を先生からの説明をいただきながら自分たちの目で確認し、「百聞は一見にしかず」という勉強をさせて頂き、娯楽と勉強が共存した有益な研修旅行を過ごせることができました(写真2)。 (博士後期2年 キム オッキョン)

植物のお医者さんになるべく研修旅行1

5月29、30日の一泊二日で熱帯作物保護学研究室では研修旅行に行ってきました。
1日目はつくば市農業生物資源研究所へ行き、農大の客員教授でもある石川雅之先生からウイルスの複製機構や抵抗性遺伝子についてのご講演を頂き、ウイルスと植物の相互作用についての勉強ができました。そして農業生物資源ジーンバンクでは国内やアジアを始めとした世界の国々の多様な遺伝資源が収集されているその規模に驚きつつ、これからは私たちがその貴重な遺伝資源を引き継いで価値を生み出せなければならないという責任を感じました(写真1)。

ページの先頭へ