情熱ひろば
(国際農業開発学科)

風力発電も魅力的

春一番が吹き、春ももうすぐ。強い風には傘を飛ばすだけでなく、すごいエネルギーがあります。開発学科生がお世話になる宮古亜熱帯農場のある沖縄県宮古島。風が強いことでも有名で、風力発電設備もあります。台風で一度損壊したのですが、西平安名崎と城辺七又に再建 されています。実習にいったら、ぜひ、宮古島のクリーンエネルギー、風力発電についても学んできましょう。

画像は、中国青海省の砂漠地帯にある風力発電設備。広い砂漠に、車で10分以上走ってもずっと風力発電の風車がまわっている姿は壮観です。

イエローカードといえば

イエローカード、レッドカードはサッカーだけの話ではありません。世界で活躍する開発学科生がアフリカに行くときに必要なのは、こちらのイエローカード。黄熱病(yellow fever)の予防接種をしてある証明です。海外に行くときには、安全管理、健康管理もとても大切です。先週から、短期ボランティアで、開発学科生がウガンダに出発しています。もちろん、イエローカード持参です。

「コメ食う人々」に登場

BSハイビジョン プレミアム8紀行 「コメ食う人々」に、開発学科のMoeちゃんが登場します。舞台は、奇跡のデルタ アジアの米蔵〜ベトナム 大河メコン。村の人々の暮らしや稲作を体験します。2月24日(水)午後8:00〜9:30 です。お見逃し無く。

オリンピックをリアルに体験

開発学科卒業生で、いま、オリンピック真っ最中のバンクーバーに留学中のShieさんからの便りを続けます。
“私はおかげさまで元気に生活しています。大学院も二学期目に入り慣れてきました。今は学校が休みの為、キャンパス内のホッケー会場で働いています。このような形でオリンピックに参加できて、とても嬉しく思っています。
 オリンピックにはいろいろな応援グッズがありますが、やはり地元カナダのグッズは人気のようで、公式ユニホームなどは売り切れが続出だそうです。また、街中ではオリンピックにまつわる展示場やライブといった催し物が開催され、見どころが満載です。早いものでオリンピックも後半戦に入りました。どんな熱戦が繰り広げられるかとても楽しみです。
by Shie “
Shieさんは学生サミットでも活躍し、カナダブリティッシュコロンビア大学に1年間留学しました。そして、今は、UBCで大学院生です。
姉妹校への海外留学については、4月にはじまる国際交流ウィークでも情報が得られます。早めに計画を立てて、準備を進めるといいですね。

上 応援の様子。メープルグッズの売れ行きの良さがうかがわれます。
下 競技の様子。こちらではアイスホッケーは人気のウインタースポーツの一つです。

オリンピックの手伝いをしている卒業生

今、冬のオリンピックで盛り上がっているバンクーバーから、開発学科卒業生のShieさんのメッセージが届きました。Shieさんは、在学中にブリティッシュコロンビア大学(UBC)に1年間留学しました。開発学科を卒業後は再びカナダにもどってUBC大学大学院に進学して、今、修士1年に在学中です
”今、カナダのバンクーバーでは現在冬季オリンピックが開催されています。今年の冬は例年になく暖かく、オリンピック会場での雪不足が懸念されていましたが、今のところ順調に競技日程が進んでいるようです。オリンピック期間は、街のいたる所で、さりげなく、または大胆に(笑)各国の応援グッズを身に付けた人をよく見かけます。by Shie”
画像は上)暖冬のバンクーバーの景色。開会式以降とても良い天気に恵まれています。
中)ダウンタウンの様子。街中が混雑しています。
下)屋外ライブの様子。昼夜問わずイベントが開催されています。

明日もまた、 バンクーバー便り をお楽しみに。

ページの先頭へ