情熱ひろば
(国際農業開発学科)

ネパール 街中の八百屋さん

カトマンドゥの街中で。食べるとリンゴのような味と食感のインドナツメを売る人、いろいろな野菜、真ん中の写真のみかんは、スンタラと呼ばれるポンカンのようなカンキツ。この季節、ネパールのどこの街角でも売られています。種がありますが、甘くておいしいです。そして一番したの画像、ソラマメのようにも見えるのはニガウリの仲間のようです。味は苦くないですが、種はそっくり。学名はまだ調査中です。ブロッコリーとカリフラワーでは、カリフラワーの方がカレーなどによくつかわれ人気があるが、値段はブロッコリーの方がやや高いとか。

年は過ぎていく ネパールの街角で

大きな木の下で携帯電話を使う人、藁を編む人、お祭りを前にヤギをさばく人、いろいろな暮らしが見られます。ネパールのお正月は4月なので、年越しムードはありませんが。

ネパールのご飯です

クリスマスを飾ったポインセチア、ネパールの街角では美しくカールした花が木のように育っているのに出会い、パチリ。画像は、ゴルカの街角と、ネパールのご飯。ご飯と豆のカレーなどがセットになっているダルバートと呼ばれるものです。激辛でもなくおいしいです。

タイの空港です ドリアン侵入禁止(続)

タイのドリアンは、今はシーズンではありませんが、空港のチェックインカウンターにも、持ち込み禁止の表示が。表示があるということは、持ち込もうとする人がいるんですね、きっと。開発学科生の皆さんも、何か珍しい表示を見かけたら、教員までお知らせを。ブログにアップします!

ネームタッグ 配布されました(教職員のみですが)

全学の教職員に、ネームタッグが配布されました。学内ではネームタッグ着用することになっています。開発学科生は礼儀正しく、いつも挨拶がいいといわれます。教職員だけでなく、各門の警備員さん、来客の方にもご挨拶を忘れずに。

ページの先頭へ