情熱ひろば
(国際農業開発学科)

超甘いちご、エクアドルから

農大卒業生カップル西川様ご夫妻の農場では、いちごの生産も開始し、オーガニックを実現するために、ボカシ肥を作ったり、有用なバクテリアを培養したりしているそうです。いろいろな器具も手作りして、アメリカにオーガニックとして輸出できるような品質をめざしているとのことです。農大生の活躍ぶりがうれしいですね。

画像はご家族といちごです。

エクアドルで活躍する卒業生 受賞おめでとうございます

開発学科の卒業生 西川 路さんは、同じく農大卒業生の公一郎さんと結婚 され、現在、お二人でエクアドルで花の育種をお仕事にされています。最近、ジャパンフラワーセレクション2008-2009 の花壇苗部門で、 カレンジュラ まどかチーズトルテがフラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)、カレンジュラ まどかアーモンドミルクがベスト・フラワー(優秀賞)とブリーディング特別賞を同時受賞、さらに、ジャパンフラワーセレクション2010-2011のコンテナ苗花壇苗部門で、デロスペルマ砂漠の宝石ルビーがベストフラワー(優秀賞)とニューバリュー特別賞を同時受賞という快挙を果たされました 。卒業生ご夫妻の活躍、励みになりますね。
なお、最近テレビでも以下のように紹介されました。

グッと地球便 http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/101114.html
地球アゴラ http://www.nhk.or.jp/agora/kako/10-1128.html

パラワン島 マンゴーの島

フィリピンのパラワン島は、海底洞窟やダイビングなどでも有名で、魚市場には色とりどりの魚が並んでいます。もう一つ有名なのは、マンゴーなどの農業生産です。姉妹校であるフィリピン大学ロスバニオス校に1年間留学した開発学科生も、パラワン島での調査を経験しています。ただ、この島のマンゴーには害虫が発生するため、マンゴーを島の外に持ち出すこともできません。島の市場のマンゴーと、持ち出し禁止を示す空港の看板です。

宮古島 開発学科生3年生は全員 お世話に

開発学科では3年生になると、宮古島での実習に全員が参加します。1週間の実習は、一生忘れられない思い出になるようです。来年度の実習日程と、引率教員も間もなく発表になります。来年度第1回目の宮古島の実習は4月の新学期開始とほぼ同時に実施される予定です。

姉妹ブログ あぱらぎ宮古島もご覧ください。画像は宮古島の夜明けです。

巨大なガジュマル 沖永良部島

開発学科生が農業実習でお世話になる沖永良部島。農業が盛んな島で学ぶところがたくさんあります。そして、小学校の校庭には、こんな大きな木が。これはガジュマルといって熱帯の国々によく見られる木です。熱帯気分が味わえます。

ページの先頭へ