情熱ひろば
(国際農業開発学科)

お芋で作る、食べる? アルコール

これは、大根を干しているのではありません。インドネシアのタペイ。キャッサバを発酵させてつくったものです。ほんのり甘く、じっとり濡れた食パンという感じです。お米のタペイもあるのですが、これはキャッサバのもの。食べるアルコールともいえるかも。ちょっとアルコールが入っています。峠の露店で味わいました。

今週は宮古実習

3年生の宮古亜熱帯農場実習が今週半ばから、実施されます。
平成23年台風第2号により、宮古島もさまざまな
被害を受けたそうです。そのような中で、実習を受入れてくださる農場や農家の皆さんに、感謝です。実習する開発学科生も、少しでもお役に立てます様に。

アラカチャって??

ジャガイモのようにも見えるけれど、これはアラカチャArracacia xanthorrhiza。南米原産のセリ科の根菜です。セリ科といえば人参に近いかも。和名もイモゼリ。サンコウチョウというコロンビア伝統のスープにも入れるそうです。世界にはまだまだ知らない農作物がありますね? 画像はコロンビアの酒井朋子さんご提供。

これは何の卵?

開発学科では、富士畜産農場での実習も行われています。牛、豚、鶏などに加えて、この卵(茶色くとがっている方です。白いのは鶏卵。)はホロホロ鳥のものです。卵かけご飯にするとおいしいのですが、殻はとても固く、お茶碗の端で割るのも中々大変です。
開発学科2年生の農場実習、4月からは新しく伊勢原農場でも開始しました。画像は間もなく!

コロンビアのキャッサバです

コロンビアの先輩酒井さんからの画像(続き)です。これは、キャッサバ。特色のあるキャッサバの葉とキャッサバプロジェクト担当者の一人、フェルナンドさん。そして、イモ、さらに、高級(?)スーパーで売られているキャッサバです。キャッサバはイモだけでなく、葉も野菜として活用されます。

ページの先頭へ