情熱ひろば
(国際農業開発学科)

辰といえばワニ? その2

干支のなかで唯一、実在しない辰ですが、ワニがそのイメージの下とも言われています。これはフィリピンのワニ園。ワニ革製品をつくるためにたくさん飼育されています。見学者はワニを抱くこともできるので、人気です。ただ、台風などで水害になるとワニ園からワニが脱出したことがあるとのこと。同じような話は、タイでも聞きましたが.....真相は謎です。

年越し当番 キャッサバを試食

御用納めを過ぎると、研究室もちょっと人が少ない。元気付けのために、27日は研究室でアフリカのお米 NERICAを炊いて、カレーを作って食べました。今日、29日は、実験用に取り寄せていただいたキャッサバをちょっとだけ試食。このキャッサバはなんと国産。日本でも作っている農家さんがいらっしゃるのすね!
アジアの国々では、キャッサバチップスもありますし、そのでんぷんを真珠のような形に作りデザートに使われるのはタピオカパールです。南米ではマンジョカと呼ばれています。

アフリカの箒

今日の開発学科、実験室には卒論に取り組む学生、院生の姿が。大掃除も住んですっきりとした研究室は気持ちがいいです。これは、アフリカの箒。タンザニア、ウガンダの人たちは、あまり膝を曲げることなく、腰を二つに折るような姿勢で箒を使うのが印象的でした。

ネパールのそば畑

ネパールのそば畑です。さすがに、お蕎麦はありませんので、年越し蕎麦は期待できませんが....白ではなくピンクの花がきれいです。

お正月の準備 

世田谷キャンパスは26日で御用納め。27日からは休業です。でも開発学科ではまだ、毎日、卒論や修論の実験にがんばる学生さんたちでにぎわっています。正門には門松が飾られ、お正月を迎える準備もでき、留学生が記念撮影していました。

ページの先頭へ