情熱ひろば
(国際農業開発学科)

たくさんの垂れ幕

100周年記念講堂脇の中庭からは、たくさんの垂れ幕が見えます。スポーツで頑張った農大生の名前です。開発学科生の名前ももちろなります。寒いけれど青空がきれいな冬の日、垂れ幕も元気にはためいていました。

今日が卒論の提出日でした

今日、1月31日は卒業論文の提出日。1年間、あるいは、1年次から研究室活動のできる開発学科では、4年間の成果を卒論にした人もいるでしょう。数十ページにおよぶ卒論を執筆、印刷、製本したときのうれしい表情。良かったですね。

旧正月のお祝い

日本でも中華街など旧正月(春節)のお祝いをしているところがニュースなどで放映されていました。アジアの各地でもお祝いが繰り広げられています。さまざまな民族と宗教が調和した社会を目指すインドネシアのショッピングセンターや空港の窓口にもお祝いの飾りがあり雰囲気を盛り上げています。

ランブータンの3つ子

雨季はランブータンの季節でもあります。ランブータンとはマレー語で毛深い人という意味。ゴムでできているような手触りの中は、白く瑞々しい果実です。真っ赤でなくてもおいしいということで、木から竹を割った道具で取っ手もらいました。その一つは、三つ子。一つ大きく、二つは小さい。木からもいだばかりならでは、ですね。

中庭にはまだ雪

今年の冬は寒さがひとしおです。今日はコロンビアから帰国した先輩が研究室に来てくれましたが、寒そうでした!お帰りなさい、先輩。

ページの先頭へ