情熱ひろば
(国際農業開発学科)

ネパールカレーの夕べ + オレンジピール作り

ネパールにはポンカンのようなみかんがたくさん売られています。それだけではもったいない!ということで、ブワン君が実習させていただいた静岡県の青木様ご夫妻からポンカンをご寄贈いただき、また、教育後援会の渋谷様にご指導をうけて、ポンカンの皮からドライフルーツの一種 オレンジピール作りも行いました。たくさんのポンカンの皮を洗って、煮て、砂糖をまぶして乾かします。一部は、チョコレートかけにしました。いい香りでいっぱいです。
青木様からのポンカンと樹齢115年の木もあるという農場産の富士山マーク入りマーマレードも味わいました。

ネパールカレーの夕べ +

開発学専攻で修士号を取ったネパールからの留学生 ブワンさん。間もなく帰国です。ということで、彼がネパールカレーを作ってくれる会を開催。後述のオレンジピールを作る会と合体して、のべ20人以上が参加のにぎやかな会になりました。奥さんとカレーの準備をするブワン君。カレーとジャガイモ料理、マイルドでおいしいかれーでした。さらに、ナンも届き、差し入れのヨーグルトムース、さらにミルクとシナモンの香りの濃いチャイを楽しみました。

キズナプロジェクト報告会

東日本大震災を機に行われた「アジア大洋州地域及び北米地域との青少年交流」は通称キズナプロジェクト。開発学科にもフィリピンとカンボジアから二人の学生さんが半年間滞在しました。お二人の帰国報告会が1月30日に学科会議室で開催されました。大学HPもご覧ください。
JuliusさんとThidaさん 帰国してからもお元気で。

卒論提出日でした

1月31日は卒論の提出日。
卒論製本会の様子です。まず、自分の卒論を印刷し、先輩に習いながら、表紙をつけて、製本します。
1年間あるいは、長い人は1年次からの研究の成果が、一冊の立派な本になるんです。おめでとう。

開発学科に新兵器導入

新学期から開発学科に、新しい実験機器が導入されます。
いろいろな種類の微生物を短期間に同定できるものです。1月30日には説明会が開かれました。試料を準備したり、正確に分注など、ちょっと練習をして使いこなせるようになりたいです。

ページの先頭へ