情熱ひろば
(国際農業開発学科)

傘を何本持ってますか?

東京は久しぶりの雨。傘が必要です。
アフガニスタンからの留学生「先生、私は24人家族だけど、傘は多分1本あるか無いかです。傘は使いません。」
先生「アフガニスタンって雨があまり降らないんじゃないの?」
留学生「そんなこと無いです。雨も雪だって降ります!」
先生「24人家族もびっくりだけど...まあ、いろいろな暮らしがありますね。..」
それを聞いていた農大女子院生
「先生、私は傘を多分、10本くらい持ってます!」
それは多すぎますよね。

卒業生によるアフリカの本が出版されました

マラウィで協力隊員としての生活を経験し、その後、タンザニアで新しい取り組みにチャレンジした開発学科卒業生中村文香さんが「アフリカにパラダイス村を作ろう」を文芸社から出版しました。現地での生活が生き生きと記されています。アフリカに行ったことのある人にはなるほど! 未経験の人にも!!! という楽しい本です。

農大ってワイド!

学年末ということで、学内では卒論発表会、修論発表会など様々が行われる時期になりました。先生方の研究発表会もいろいろと開催されるので、オホーツク、厚木キャンパスの先生方にお目にかかって研究のお話を伺ういい機会になります。そのたびに思うのは、農大ってほんとうに幅広い分野でがんばっているんだな!ということ。今日は、アクアバイオ学科の先生が開発されたオーガニック農大ふぐを、紹介していただきました。農大でふぐの研究をしているなんて、知らなかったでしょう? おいしくて、安心なオーガニックふぐ。開発学科の皆さんも興味を持ったのでは?

横井講堂も始動

農大アカデミアセンター地下一階は、初代学長のお名前を冠した横井講堂。樹の魅力一杯のホールです。教授会などもこの講堂で開催されるようになりました。開発学科生の卒業もここで確定します。

台湾で巻き寿司

タイやインドネシアでも最近は、名前もなんだか聞いたことがあるようなお店で、日本風のお弁当が売られています。オーストラリアでもミャンマーでも、握り寿司が売られていましたっけ。これは、台湾の中興大学(本学の協定校です)の皆様に連れていっていただいたお店での巻き寿司。お味もいいです。黒米のお寿司は日本にあるかどうか、あまり見たことはないですが、これもいい考えですね。

ページの先頭へ