情熱ひろば
(国際農業開発学科)

元気な支部会

卒業生で組織する校友会、各県に支部があって、活動されています。週末は大分県支部の総会に参加させて頂きました。80名近いたくさんの参加者があり、まず、びっくり。皆さん、地元で活躍され、まさに人物を畑に還す です。また、拓殖・開発学科の卒業生にもお目にかかりました♪
学科の皆さんも、学内の県人会に参加したり、帰省の折りなどを利用して地元の校友にお目にかかったり、卒業後は地元や勤務地の校友会に参加したり、はいかがでしょうか。

野生動物にも狙われる野菜類


今週も開発学科生は伊勢原農場で実習しました。

収穫期が近づいた野菜類を野生動物から守るための対策として、
伊勢原農場のビニールハウスは電気柵で囲まれています。素人でも、設置できる簡易的なものですが、開発学科生が大切に育てている野菜類を守ってくれる頼もしいものです。

写真は、電気柵と枝豆の収穫作業の様子です。

by Pachakkil

オブジェみたい

アカデミアセンターのエントランス。二枚のドアが、オブジェみたいにでは? お客様には必ず実学の杜を見ていただいています。開発学科生でまだじっくり見てない方、ぜひ どうぞ。

大根 頂きました

熱帯園芸研で栽培した立派な大根を、頂きました。育て、実験し、みんなで味わう…開発ならではですね。

節電してる?

雹が降ったり、雷雨、豪雨,,,,,,,,と気象変動を感じる今月、日中の暑さも厳しいです。環境問題、エネルギー問題を語るには、まず、身近な節電、省エネから。無人の教室や研究室のエアコンや照明はOffで。
画像はアカデミアセンターの床面にある通風パネル。図書館の座席別エアコンなど。工夫が一杯。

ページの先頭へ