情熱ひろば
(国際農業開発学科)

アピオスって知ってる?

神奈川県二宮で農業をされている本学卒業生の方から、その方の農業の”師匠”が栽培されたというアピオスを頂きました。アピオスはマメ科の根茎、北アメリカのネイティブアメリカンのスタミナ食だったとか。親指ほどのイモをゆでると、粘り気の無いサトイモのようなほんのりとした甘みが美味しかったです。

支援事業について研修中です

私は、今、カンボジア プノンペンにいます。地雷や不発弾で障害を抱えた人々に職業訓練をする団体で会った最初の方は、不発弾の破片が左半身に刺さり、左足が麻痺していると聞きました。貧困を断ち切るために女性に自立支援をする団体で会ったもう一人の方は、識字教室のおかげで、文字が読めるようになったそうで、ヤシの葉で小物ケースを作ってもらいました。
実際に支援を受けている方々からのお話を聞くと、これらの事業の偉大さを心の底から感じ、本当に良い仕事をしていると思いました。by 菊地

教職員も親睦会

学生さんだけでなく、教職員も和が大事。今日の職域を越えた親睦会では、バチャキル先生の慶事がお披露目され皆さんに祝福されていました。美味しいおつまみの中には、アメリカからのハラペーニョ、ミャンマーの鹿肉ジャーキーなど、異色の一品も。

梅 梅 先生 梅!小田原、曽我の梅林

春先特有の三寒四温に振り回されながらも、熱園研では小田原曽我にある梅林へ観梅に行ってきました。
曽我では、梅農家さんが実梅の畑を花の時期だけ、一般にも解放しています。その為、梅の多くが実梅の白花となります。晴れた日には、梅林から富士山も望むことが出来ます。残念ながら、今回は曇り空でしたが、白い花弁と紅色の萼片の対比は見事で、甘い香りも相まって素晴らしい観梅会となりました。さぁ、植物達も動き出しました!春です!
by 長嶋

春はお先に開発学科へ

今日の学科会議では、最近、結婚されたパチャキル バビル先生と、事務室の松本さんに、教員一同からお祝いが。パチャキル先生は奥様の来日も楽しみにされています。松本さんは大学時代のお友達と結婚なさったとか。ぜひご一緒に学科にお出かけください。
ということで、春がもう開発学科に来たようです。末永くお幸せに。

ページの先頭へ