情熱ひろば
(国際農業開発学科)

イチョウ開花中♪

最も古い植物の1つ、裸子植物に分類されるイチョウ(銀杏)が正門脇で開花中です。
正門脇の木は雌木のため、小さな字型の雌花を観察することがでます。 秋には臭いにおいと共に、おいしい実をたくさん付けてくれるでしょう。
これに対して、もと本部棟の脇には雄木があり、こちらは既に大量の雄花が開花し終わり、地面に大量の雄花を降らせています。イチョウの他にも、この時期は樹木の花が沢山
観察できます。天気の良い日は、上を見上げてみると、面白い発見があるかもしれません。by 院生 長嶋

馬と親しむ

東京農大のエクステンションセンターでは、いろいろな学びの機会を提供しており、125講座、参加者は3776名もいるそうです。開発の先生方も講師として活躍していますが、多様な講師と交流して視野を広めるチャンスでもあります。今日のイベントでは馬事公苑の方とお知り合いに。ゴールデンウィークには楽しいホースショーがあるそうです。馬好き、動物好きな開発学科生、いかがでしょうか?

7ヵ国から9名の研修生が開発に

JICA筑波国際センターで研修中の皆さんが、開発学科に来訪。大学院生も交えて、キャンパス見学、さらに、イネのウイルス病防除について学びました。

ユニーク!!な 求人パンフレット

警察官として活躍中の卒業生が持ってきてくれたのは、イラスト満載で現役警察官の笑顔が中々カッコいい求人パンフレット。思わず全部、読んでしまいました。彼女もすっかり社会人らしくなっていて、後輩たちも頼もしく思ったに違いありません。

学内の緑 眼にやさしく

中庭を歩くとちょっと森林浴気分

ページの先頭へ