情熱ひろば
(国際農業開発学科)

新兵器到着

数日前に開発学科に新しい耕耘機が届きました。
卒業論文研究で作物の栽培が必須の学生にとっては欠かせないものであり、
機械の扱いが少し苦手な学生でも安心して使える小型の耕耘機です。

写真は業者から耕耘機の使い方について説明を受けている様子です。

by パチャキル先生

お土産付きの伊勢原実習

隔週水曜日に伊勢原農場で開講している農業専門実習(野菜専攻)の授業では、ほぼ全種類の主要野菜の種まき、管理、収穫までの一連の作業を勉強しています。
ジャガイモの収穫から始まり、エダマメ、ナス、トマト、キュウリなどなど、毎回収穫作業があり、収穫物の一部を持って帰れるうれしいお土産付きの実習です。

写真はジャガイモとエダマメの収穫作業の様子です。
by パチャキル先生

就活をバックアップ

先週の日経新聞に、人事ご担当者への東京農大からの力強いメッセージが。大学院や学部の構成とともに、榎本武揚先生や横井時敬先生の紹介も♪その一部をちょっとだけ…。

高校生の皆さん、開発学科でひらめき ときめいてみませんか?

先端の研究成果を体感して学ぶ 2015ひらめき★ときめきサイエンス in東京農業大学の参加者を募集中です。大学のHPもぜひご覧ください。開発学科では以下が開催されます。

誰が救うのか?アフリカの食料問題と農業開発

実施日は、7月26日(日)

先生は、中曽根 勝重先生ほか

アフリカの発展の基盤となる農業開発に何が大切なのかを理解するために4つのテーマで体験型講義(座学+演習+実験)を行うそうです。
高校生(学年不問)を25名募集中。教え子さんや、御家族にもご紹介ください。締切は7月16日です。

願いは何? 七夕飾り

開発学科 地域研に恒例の七夕飾り。みんなの願いは何でしょうか?

ページの先頭へ