情熱ひろば
(国際農業開発学科)

湘南から

湘南 二宮には以前、農場の分園があり国際農業開発学科の学生さんも柑橘などの実習でお世話になっていました。その二宮から、みかんに加えて、珍しいフェイジョアをいただきました。甘い香りがなんともいえません。

謎のおみやげ

インドネシアの協定校 ボゴール農業大学は市内のショッピングセンターに大学アンテナショップを設け、ボゴール農大印のオーガニック食品、石鹸、化粧品、チョコレートなどをたくさん売っています。
これは顔用パック(マスク)。バナナ、緑豆、ニンジンなどが原料らしく、説明を読むと1袋で2回使えるとか。とはいっても、実際には使ってみないと謎のおみやげ。まず学生さんに試してもらおうという作戦なようです。

たくさんのイベント

東京農大では、学内外の大小様々なイベントがあり、農大生に公開されています。講義や実験から、さらに視野を広げるチャンスですので、活用したいですね。
12月18日には本学総合研究所のフォーラムが開催です。テーマは土と水。

ゴムの種

オイルパームとともに重要な経済作物であるゴム。インドネシアでゴムの種を見せてもらいました。実際には、実生苗ではなく、接ぎ木苗を使うのですが、種は貴重ですね。photo by Dr. Wiyono

おめでとう 正代関

国際農業開発学科出身の正代関、めでたく十両優勝!!おめでとうございます。

ページの先頭へ