情熱ひろば
(国際農業開発学科)

開発学科出身の正代関 勝ち越しおめでとう

大相撲春場所で、正代関は勝ち越しました。おめでとうございます。(画像は紅白饅頭)

深山含笑

歩いていたら、芳香を感じました。中国原産のモクレン科。ミヤマガンショウというそうです。ハクモクレンに似ていますが、薫りが良いです。熱帯でもこのような大きな、大らかな花を見ることがあるのを思い出します。

カラフル野菜市場 in インドネシア

インドネシアの野菜市場です。どちらかというと山積み感のある市場の中で、トウガラシとかニンニクなどの小さ目の野菜については、ディスプレーに凝っているお店もあって目を引きます。ブラパ(いくら)? ビサ カシ ムラ(おまけしてョ)といった感じでしょうか?

トンガ産のバニラが香ります

トンガ産バニラ入りのニュージーランドのチョコを頂きました。パッケージも楽しいんです。リンゴはこのチョコの名称にもなっているBraeburnという品種のリンゴ、爬虫類は多分、トゥアラータ(ムカシトカゲtuatara)。鳥はキウイ、フクロウみたいなのは多分カカポー(フクロウオウムkakapo)、そして横向きはケア(Kea),花は、これも多分ですが垂れ下がった花はニュージーランドの国花マメ科のコーファイ(kowhai)、ネムノキのようなのは多分フトモモ科のタラかその仲間か?、椰子みたいのはニカウパーム(Nikau palm)、シダはsilver fernかな??というところまでおよそ分かったのですが、帆船は何でしょう?南太平洋の探検航海船エンデバー号かな? もう少し調べてみます。チョコもとても美味しかったけれど、生物資源に興味があるとパッケージでさらに楽しめます。

甘いホウレンソウ

先週のことですが、バイオサイエンス学科の研究室から、皆で作ったというホウレンソウを頂き、おひたしにしました。バイオサイエンスというと畑は関係ないのかも、なんて思っている人もいるかもしれませんが、そこは農大生。農作業もしっかりしているそうです。農業に対する気持ちは開発学科と同じですね。
収穫したホウレンソウをきれいに洗って届けていただきました。寒さにあたり甘みの増したホウレンソウ、ご馳走様。

ページの先頭へ